書いて覚えるSwift入門

最終回 プログラミングの未来

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

連載52回を通して

本連載もいよいよ最終回。プログラミングという行為の未来を,Swiftを交えながら考察します。

BASIC=最初のキラーアプリ

パーソナルコンピュータという製品がいつ始まったかは諸説ありますが,筆者はAltair 8800やTK-80など,組み立てが必要だったものはマイコンという前駆者として見ています。パソコンが成立したのは1977年。この年Commodore PET,TRS-80,そしてApple II図1が登場しました。共通しているのはキーボードを備え,CRT(いわゆるブラウン管)と接続することを前提とする完成品であったこと。これで一般人も,買ってコンセントにつなげるだけでコンピュータが使えるようになったのです。その翌年には日本でもSharp MZ-80や日立ベーシックマスターが,さらに翌年にはNEC PC-8001が登場し,8bitパソコンの時代が到来しました。これらのパソコンには,キーボードとCRTの他にもう1つの共通点がありました。

図1 Apple Ⅱ

図1 Apple Ⅱ

電源を入れるだけで,ROMに焼き込まれたBASICインタープリタが起動したのです図2⁠。OSはありません。いやこのROM BASIC自体が,現代風に言えばOSでありシェルでありテキストエディタだったのです。フロッピーディスクやカセットテープ(!)に収録されたパッケージソフトもすでに存在しましたが,それらを実行するのもBASICという「シェル」⁠load⁠なり⁠cload⁠なりという「コマンド」を打ち込んでいたのです。

図2 N88-BASIC

図2 N88-BASIC

つまりBASICというプログラミング言語にしてプログラミング環境こそがパソコン最初のキラーアプリなのであり,プログラミング自体がパソコンの主用途だったのです。そしてこのBASICをベンダー各社に提供していたのがMicrosoft。同社最初のヒット商品です。

PCの時代

そして80年代とともに,パソコンは16bitの時代に入ります。1981年にIBM-PCが登場し,PCという略称とともにパソコンがビジネスにも受け入れられ,そして1984年にはMacintoshが登場し,現代へと続くパソコンの系統が早くも出そろいました図3⁠。それにつれ,プログラムというのはユーザが作るものからユーザが使うものへと変化していきました。メモリを128KBしか搭載していなかった初代Macに至っては非力すぎて,プログラムの開発には当時ですら1万ドルもしたLisaが必要だったぐらいです。高額だったのはハードウェアだけではありません。開発用ソフトウェアも別売りだったのです。Apple純正のMPWは1,000ドル以上しましたし,サードパーティーのLightspeed C(後のThink C,後のSymantec C)も数百ドルしました。

図3 Macintosh 128K

図3 Macintosh 128K

https://ja.wikipedia.org/wiki/Macintosh_128Kより

“The network isthe computer”

そして90年代。32bit CPUとインターネットがパソコンの世界にもやってきました。この2つは,大学の文明と文化をパソコンの世界にもたらしました。プリエンプティブなマルチタスクOSと,のちにオープンソースとして知られる開かれたソースコードです。パソコンのソフトウェアは最も巨大で巨額なコンピュータと遜色(そんしょく)なくなり,開発環境は無料配布が当然となりました。

「コンピュータ」「デバイス」の違い

そして21世紀。その登場以来最も身近なコンピュータであったパソコンは,その地位をついにほかに譲ることになります。⁠Every once in a while a revolutionary comes along that changes everything⁠⁠。そうのたまったSteve Jobsが2007年に披露したのは,iPodで,携帯電話で,インターネットコミュニケーションデバイスの3つを兼ね備えたもの。iPhoneです。Jobsは豪語しました。⁠デスクトップコンピュータと遜ないインターネット体験を提供するために,デ スクトップ級のOSを乗せた。iPhoneはOS Xで動く⁠⁠。しかしiPhoneが画期的だったのは,パソコンを手のひらサイズに小型化したことではありません。パソコンには不可欠だった,キーボードとポインティングデバイスを廃したことです。パソコンをそのまま縮小したOS,Androidを擁していたGoogleは直ちに方針を転換し,許される限りAndroidをiPhone化しました。それとともにGoogleとAppleの蜜月時代は終わりを告げましたが,それ以上に重要なのは,メインのインターネットコミュニケーションデバイスがパソコンからこのスマートフォンに移ったことでしょう。


「デバイス⁠⁠。今や性能はパソコンと引けを取らず,カメラやGPSやセルラーモデムなどパソコンにないI/Oを標準装備しているスマートフォンは,しかしコンピュータとは呼ばれずデバイスと呼ばれています。その一番の理由は,開発環境を欠いているからでしょう。AppleはiOSのアプリ開発はiOSデバイスではなく,Macで行うことを事実上強制していますし,その制限がないはずのAndroidも開発はおもにPC上で行われています。

パーソナルコンピュータ以上にパーソナルなスマートフォンが,しかしプログラミングには用いられないのはなぜでしょう? UX=User eXperienceのために捨ててしまったキーボードとポインティングデバイスが,DX=Developer eXperienceでは不可欠だから,少なくとも開発者にはそう思われているからというのがその理由であるように筆者は感じています。

著者プロフィール

小飼弾(こがいだん)

1969年生まれ,東京都出身。元ライブドア取締役の肩書きよりも,最近はPokemon GOのガチトレーナーのほうが有名になりつつある……かもしれない永遠のエンジニアオヤジ。

活躍の場はIT業界だけでなく,サブカルからアカデミックまで多方面にわたり,ネットからの情報発信は気の向くまま毎日毎秒! https://twitter.com/dankogai,ニコニコチャンネルは,http://ch.nicovideo.jp/dankogai,blogはhttp://blog.livedoor.jp/dankogai/

当社刊行書籍は『小飼弾のアルファギークに逢ってきた』『小飼弾のコードなエッセイ』など。他にも著書多数。