Android Weekly Topics

2020年6月第3週 手洗いの週間が身に付くアプリ「Hand Wash」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

今回は,感染症対策に有効とされる手洗いの習慣が身に付くアプリ「Hand Wash」をご紹介します。これは,Samsungのスマートウォッチで動作するアプリです。

スマートウォッチと言えば

本題の前に,Androidでスマートウォッチと言えば,Wear OS by Googleを搭載する端末です。Samsungは,それを採用せずにTizen OSを搭載しています。Tizen OS搭載のスマートウォッチの歴史は長く,2014年8月に発売された「Samsung Gear S」から,2019年8月に発売された「Galaxy Watch Active 2」まで使われています。

最新モデルのGalaxy Watch Active 2は,ステンレスケースのモデルが国内販売されています。ケースサイズは40mmと44mmで,シルバー,ゴールド,ブラックのカラーバリエーションがあります。海外では,より安価なアルミケースのモデルとLTEを内蔵したモデルも存在します。

Galaxy Watch Active 2は,ヘルスケアのためのトラッキングやスマホの通知の受信,音楽の再生など出来ることは,Wear OS by Googleを搭載するスマートウォッチと大差ありません。ただ,スマホのアプリをSamsung純正のメールやカレンダーで固めれば綿密な連携が行えます。筆者は,Galaxy Z Flipとの組み合わせで使っていますが,スマホとの連携には不満はありません。

手洗いを習慣化する「Hand Wash」

Galaxy Watch Active 2は,Apple Watchほど多くのアプリはありませんが,Hand Washは,時勢にあったユニークなアプリで,Galaxy Storeから無償でダウンロードできます。余談ですが,ウォッチフェイスは選びきれないほどの数があり,Galaxy Storeからダウンロードできるので,Apple Watchとは違う楽しみ方ができます。

手洗いは感染症対策に有効だと言われており,このアプリの使うことで手洗いが習慣化できます。これはSamsungが開発したアプリで,Gear S3からGalaxy Watch Active 2まで動作します。

Hand Washは,設定時間になると手洗いをするようにリマインドします。これだけではなく,手洗いの時間も確認できます。これは25秒で,実行するとカウントダウンしていき,ゼロになると手洗い終了です。

手洗いの時間は,WHOが推奨する20秒よりも5秒長くなっていますが,ハンドソープを手に出す時間として設定されています。所定時間が経過するとバイブレーションで終わりを知らせます。よって,スマートウォッチの画面を確認することなく,手洗いを終えるタイミングを知れます。

手洗いのリマインドは,任意のタイミングで設定できます。

筆者は,9時30分,11時30分,15時30分,17時30分と,2時間おきに手洗いをリマインドするように設定しています(昼食前に手洗いをするので合計5回です⁠⁠。指定のタイミングに手洗いができなくても,あとから自分の操作で手洗いが実行できます。手洗いの結果は,1週間であれば腕時計のアプリでグラフ表示されます。

スマートウォッチならではのアプリ

スマートウォッチは,行動の計測と記録やスマホの通知表示など,さまざまな役割を持つようになりました。紹介したHand Washのように,健康的な生活を送るための習慣を身につけるアプリは,スマートウォッチがスマホよりもさらに身近なコンピュータだからこそ意味があり「ならでは」です。この応用はいろいろ考えることができて,たとえば目を休めるために,定期的に休憩を促すアプリなども考えられそうです。

Hand Washは,非常に有益なアプリで無償で公開しているSamsungには敬服します。

ただ,スマホで動作している「S Health」に手洗いの結果が同期されないので,ひとつお願いが言えるならば同期機能が欲しいです。

今週は,このあたりで,また来週。

著者プロフィール

傍島康雄(そばじまやすお)

5月30日生まれ。

モバイルデバイスが大好物。それで動くアプリの開発に喜びを感じている。スマートフォン前夜のWindows Mobile,PalmOSのアプリに情熱を傾けていたが,最近は停滞気味でコードを書くよりも文章を書く機会が多くなっており,文章を書くのも,プログラミングと同じくらい奥深い作業だと感じている。

ブログ:http://yasuos.com/blog/