Android Weekly Topics

2022年3月第1週 寝室で使うための「読書タブレット」選び(後編)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

筆者は寝る前に本を読む習慣があり,このために寝室にタブレットを置いて使っています。前回寝室で使うタブレットを「Amazon Fire HD 10」からAlexa搭載の「Lenovo Smart Tab M10 FHD Plus」に買い換えた理由と,これを購入するまでの経緯をご紹介しました。

Smart Tab M10 FHD Plusは快適に動作しており,寝室で使うタブレットがこれになりました。これで,読書はKindle,動画はNetflixやAmazon Prime Video,YouTubeを楽しんでいます。今回の後編では,それぞれの使い勝手をご紹介します。

寝室読書端末として使い勝手

実はFire HD 8(2019)も所有しています。これを寝室タブレットとして運用した時期がありましたが,マンガを読むには8インチディスプレイでは小さくて,じきに使わなくなりました。10インチのSmart Tab M10 FDH Plusは,小さいと感じることがないので選んで良かったと感じています。

他,マンガを読んでいて気になるのはページ送り操作への追従です。展開が速いシーンで内容に合わせて素早くページ送りをしても,ももたつくことなくページが切り替わるのでテンポを損なわず読み進めることができます。

雑誌も見ていきます。ものによっても変わると思いますが,筆者が確認したF1雑誌では,表示される字が小さく拡大・縮小して読み進める必要がありました。同じ雑誌をiPad Pro 12.9で読むと,拡大・縮小の操作をせず何とか読めるレベルなので,10インチクラスのタブレットでは諦めるべきかもしれません。

最後は小説です。Kindleでデフォルトのフォントサイズ(12段階中の4段階目)では,1画面にびっしりと字数が表示されます。これでは読みづらいので,Kindle端末で読んでいる時と同じくらい(6段階目のフォントサイズ)の表示量に設定すると,4ミリ×4ミリくらいの大きな字で表示されます。筆者は,これで使うことはありませんが,目の悪い人もで読書が楽しめるはずです。

動画端末としての使い勝手

読書端末としては不満のないSmart Tab M10 FHD Plusですが,動画端末としては残念なところがあります。

まず,端末スピーカです。

ステレオスピーカ搭載でドルビーアトモスに対応していますが,中低音に物足りなさを感じます。付属のスピーカードックを使えば,ある程度は解消されますが,良い音で楽しむにはBluetoothイヤホンが必須です。

ディスプレイは,広い視野角と表示品質には満足していますが,Netflixではこれを活かしきれません。

Netflixの場合,動画再生はWidevineと呼ばれるDRMに対応している必要があります。これは,L1からL3までの段階がありL1が最も高いレベルです。Netflixは,Widevine L1に対応していればSD解像度以上での再生が可能になります。

「DRM Info」アプリで,Smart Tab M19 FHD Plusの対応レベルが確認できます。

DRM Infoの「Widevine CDM」にある「Security Level」では「L1」と表示されるので「Widevine L1」対応が確認できます。理屈では,SD解像度以上の動画が再生できるのはずですが,Netflixアプリの「アプリ設定⁠⁠-⁠再生仕様」で確認をすると「最大再生解像度」が何故か「SD」になっています。実際の動画を確認してもブロックノイズが気になります。安価な中華タブレットであれば仕方なしと諦めるところですが,Lenovoのタブレットでこれは残念でなりません。

Amazon Prime Videoも確認してみます。

Netflixのように最大再生解像度が確認できないので,解像度ごとのデータ転送量で確認します。これは,⁠マイアイテム⁠⁠-⁠設定⁠⁠-⁠ストリーミング再生・ダウンロード⁠⁠-⁠ストリーミング品質」で確認します。これで「最高解像度」を見ると「2.35GB/時」と表示されるのでSD解像度ではなさそうです。動画でもNetflixのようなブロックノイズが気になることはありません。

最後はYouTubeです。1080pの動画を選択すれば,この解像度で動画が再生されます。

Netflixは,よく使う動画配信サービスなのでSD解像度なのは残念です。Smart Tab M10 FHD Plusは,2020年7月の発売なので改善は期待できないかもしれません。

「おはよう」から「おやすみ」までのタブレット

朝,目覚めた時は枕元のタブレットを持ち,リビングに出てニュースやメールを確認するのが毎日の習慣になっています。Netflixの再生解像度だけが残念ですが,おはようからおやすみまでのタブレットとしては十分です。

今週は,このあたりで,また来週。

著者プロフィール

傍島康雄(そばじまやすお)

5月30日生まれ。

モバイルデバイスが大好物。それで動くアプリの開発に喜びを感じている。スマートフォン前夜のWindows Mobile,PalmOSのアプリに情熱を傾けていたが,最近は停滞気味でコードを書くよりも文章を書く機会が多くなっており,文章を書くのも,プログラミングと同じくらい奥深い作業だと感じている。

ブログ:http://yasuos.com/blog/