一般記事

ゲームプランナーを目指すすべての人に伝えたい就職事情

この記事を読むのに必要な時間:およそ 6 分

この原稿を書いているのは2021年の6月です。私は東京近郊の専門学校でゲームプランナーの教員をしています。専門学校では年度内卒業の学生たちがゲーム業界への就職活動の真っ只中で,我々教員も日々その指導に追われています。おそらく同じように就職活動に追われている学生の方もたくさんいるのではないでしょうか。また,まだ就活は先だけど,いつかはゲーム業界に入りたい,ゲームプランナーになりたいと思っている学生の方もいるでしょう。中にはゲーム業界で働きたいという夢を諦めきれずにゲームプランナーへの転職を考えている……という社会人の方もいるかもしれません。

でも,ゲームプランナーってそもそもどんな仕事なのか?ゲームプランナーになるための就活ってどんななの?と思っている人も多いのではないでしょうか。そんな「ゲームプランナー」を目指している人に向けて,最新のゲーム業界の就職事情についてお話をしたいと思います。

ゲームプランナーの仕事

さて,ゲームプランナーの就職活動の話に入る前に,まずはゲームプランナーの仕事について理解しましょう。どんな仕事をして,どんな人が求められているのかを知っておく必要があります。すでにある程度知っているという人は,この項は飛ばしてもらって構いません。

皆さんは「ゲームプランナー」と聞いて,どのような仕事をイメージしますか? ゲームのアイデアを考えて,その一瞬のひらめきをプログラマーとデザイナーに指示し,ゲームを完成に導くゲーム制作の「神」……。もし,そんな風に思っているのであれば,1割だけ「正解」で,9割「不正解」です。ゲームプランナーの仕事の大半はかなり泥臭く地道な作業で成り立っています。

自分が考えたゲームのアイデアがゲームとして商品化されるのは,出世して「ディレクター」「プロデューサー」になってからのことで,新人プランナーがイチからゲームの企画を立ち上げる機会はほぼありません。ゲーム企画のアイデア出しの仕事はプランナーの仕事のほんの一部です(常にあらゆる仕事に新しいアイデアを盛り込む必要はあります⁠⁠。仕事が細分化された海外のゲーム会社と違い,日本のゲーム会社のプランナーの仕事は多岐に渡ります。以下に,その仕事の一部を列挙してみました。

  • 企画のネタ出し,企画書(ゲームのイメージを伝える書類)の作成
  • 仕様の考案,仕様書(ゲームの設計図)の作成
  • プレゼンテーション(対クライアント,対上司,対チームメンバー,対広報…等)
  • レベルデザイン(ステージ制作)
  • ゲーム内のデータの作成(パラメータ,テキスト,スクリプト,ガチャデータ等)
  • スケジュール管理
  • デバッグ資料作成・管理
  • モニター調査アンケート作成
  • 外部部署とのやり取り(契約・特許・権利案件,マーケティング・宣伝等)
  • KPI(オンラインゲームの重要指数)分析

ゲーム制作の他の職種であるプログラマー,CGアーティスト,サウンドスタッフが確かな「技術」を元に仕事をするスペシャリストなのに対し,ゲームプランナーはそこまで高度な「技術」は求められません。使うツールもほとんどがExcelやPowerPointなどの事務系のソフトです。そういう意味ではゲーム業界の中では比較的「目指しやすい」職種と言えそうです。実際,専門学校からでなくても一般の大学から採用されるケースも多い職種です。

では誰でもなれるかというとそんなことはなく,上記のような多岐に渡る仕事をこなせるゼネラリストであることが求められます。

また,どの職種の人よりも作るゲームの内容について「考え⁠⁠,他の人に伝えられるくらいに論理的に理解している必要があります。さらにそれを人に指示,説明をすることが多い仕事なので,コミュニケーション能力や「伝える」力が求められ,かつ,それを分かりやすく書類にまとめる「書く」能力が必要です。入り口は確かに入りやすい職種かもしれませんが,その奥は限りなく深いのがゲームプランナーの仕事と言えるかもしれません。新卒採用の場合は上記全てを完璧にできる人は少ないでしょうが,⁠考える」⁠伝える」⁠書く」の素養があり将来的に成長を見込める人が採用されることになります。

ゲームプランナーの新卒採用の流れ

前項で書いたようにゲームプランナーは高度な専門的技術は求められませんが,⁠考える」能力,⁠伝える」能力(コミュニケーション能力⁠⁠,⁠書く」能力が求められます。採用時に企業の人が見ているのもまさにこの点です。

ゲームプランナーの採用の流れを見てみましょう。ゲームプランナーの採用の流れは大まかに以下の流れです。

  • ①書類審査・作品(企画書)審査
  • ②筆記試験
  • ③面接試験

それぞれを見ていきましょう。

①書類審査・作品(企画書)審査

ゲーム会社の就職活動は特徴的です。普通の企業では1次審査は書類審査(履歴書,エントリーシート)のみですが,ゲーム会社はそれにプラスして「作品提出」を求められます。

ゲームプランナーは作品として「ゲーム企画書」の提出を求められることがほとんどです。⁠企画書」は先ほど述べたゲームプランナーに必要な3つの能力,⁠考える」⁠伝える」⁠書く」を測るのに最適です。

書かれているゲームの内容で「考える」能力を見ることができ,書類に書かれた文章・構成で「伝える」能力が測れ,企画書全体の完成度で「書く」能力を確認できます。さらに,ゲームに対する情熱や本人のゲーム作りへの方向性まで見ることができる,万能の書類です。提出された書類と企画書を見て,合格をした人は次の審査に進みます。企画書は過去に書いたものを提出する場合もありますし,企業からテーマを設定されて新作する必要がある場合もあります。

②筆記試験

多くの企業は書類と作品の審査のあとで筆記試験を行います。筆記試験は一般企業の採用試験でもよく使われるSPIテストなどが用いられます。

中には独自の問題を解かせる企業もあります。例えば,方眼紙を渡されて,⁠1時間で○○(その会社のゲームタイトル)のマップを1面考えろ」というものや,⁠昨年一番よく売れたゲームタイトルについて,その売れた理由を考察せよ」といった問題が出ることもあります。これらはゲームに関する知識やゲームを制作する上での「考える」力を見ているとも言えます。もちろん,作文形式なら「書く」能力,⁠伝える」能力も見られているわけです。この辺りに対策するのはなかなか難しいので,普段からゲームをプレイするときに作り手の意図を考えたり,ゲーム業界や周辺のIT系の技術などの情報に目を通したりして,自分なりの考えを持っておくことが必要です。

③面接試験

①②をパスすると面接試験に進みます。面接試験はコロナ禍以降,大きく様変わりして,リモートで行われることがほとんどになりました。

ただ,選考の流れ自体は大きくは変わりません。1次面接では人事担当者,もしくはゲーム開発現場のマネージャークラスの社員による面接が行われ,持っているスキルの確認,人物の確認が行われます。2次面接ではさらに上の立場で現場を統括する開発責任者レベル(ディレクター,プロデューサー)の人が「自分の部下にしてよいか」という視点でチェックをし,最終面接で社長・役員クラスの人が会社に合うかどうかを判断する…という流れです。面接では「考える」⁠伝える」能力が問われています。面接の流れは他の業種の就職試験と同じですが,面接する側,される側に「ゲーム好き」という共通項があるので,⁠面接,めっちゃ盛り上がって楽しかったです」という学生の報告もよく聞きます。とても緊張する場ですが,あまり構えずに楽しんでくるくらいの感覚でいた方がうまく行くのかもしれません(もちろん最低限のマナーは必要ですけども⁠⁠。

著者プロフィール

吉冨賢介(よしとみけんすけ)

日本工学院八王子専門学校 ゲームクリエイター科 科長(ゲームプランナーコース)。大手パブリッシャーでゲームプランナー,プロデューサーとして活動し現職。

バックナンバー

2021

  • ゲームプランナーを目指すすべての人に伝えたい就職事情