シューカツ女子ともよの会社訪問記―知りたい!あの人のはたらきかた

第3回 山本裕介(yusuke)~イクメンエンジニアのはたらきかた

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

山本さんこれからのはたらきかた

と:Twitterを退職した現在,今後はどういったお仕事をしていくのでしょうか?

山:もともと僕はコンピュータもプログラミングも好きなんですが,いまだに純粋なプログラマとして働いたことはないんです。エンジニアではあるけど,テクニカルサポート,コンサルタント,そしてTwitterではデベロッパーアドボケイトでした。とはいえプログラミングはほかの仕事と違って,夜や土日でも,趣味でもできるんですよね。そのかわり営業の人とともに仕事をしたり,テクニカルサポートとして他の企業のプロジェクトを支援したりっていうのは趣味でできるものじゃないですよね。

と:そうですね。

山:ですので,プログラミングを仕事にしなくてもいいかなと思って今までやってきました。でも,ふと振り返ってみると趣味の面でさっぱりプログラミングできていないなと。

と:なるほど。

山:プログラミングのスキルや勘を枯らさないためにもTwitter4Jとかは書いていましたが,Twitter4Jはあくまで中間的なサービスです。Twitterを辞めた今,フリーランスとして自分でも最終的なサービスですとか,iPhoneやAndroidのアプリケーションを作ってみたいなと思っています。実はもうアイデアを書きためたネタ帳があるんですよ。

と:へー! どんなアイデアがあるんですか?

山:いっぱいあります。ふと思いついたタイミングでどんどん書いているですが,たとえば拍手すると写真撮影されるのとか。ぱんって手をたたくと1秒後にシャッターが降りるしくみ,とか。

と:おー! 便利そうです!

山:iTunesのプレイリストをシェアとか。⁠これが僕の好きな曲です」みたいにツイートしたり,Facebookで勧めるとか。ほかには,雨の日プッシュ。雨の日プッシュは多分,その手のやつはあると思うんですが,雨の日だけ通知がくるアプリがあったらいいなとか。⁠傘持っていけ」みたいな。

と:いいですね。

山:あとは,勉強会のときの座席表がわかるものとか。

と:あっ,同じこと考えてました。

山:あ,ホントに?

と:高専カンファレンスの運営をしていたときに,⁠座席表に,誰がどこに座っているかわかれば,ちょっとシャイな人でも話すきっかけになったりして,おもしろいよね」みたいな話し合いをスタッフとしました。

山:そうそう。いくつか既にそういったサービスはあるみたいだけどシャイな日本人に向いてますよね。それから中継ソフトも考えています。勉強会でUstream配信を担当することがあるんですが,Webカメラでスライドを写したものでは満足できず,デスクトップの表示内容を直接配信する方法を調べて実践しています。さらに「中継している勉強会の関連ツイートを一緒に放映したい」⁠事前に設定したタイムテーブルに従ってキャプションを自動変更したい」などの目的別に,指定したURL をレンダリングしてくれて,Ustream Producer注6からは一つのWebカメラデバイスとして見えるようなドライバを考えています。そうしたらHTMLを書くだけでいろんな情報を中継に埋め込むことができるようになりますよね。

と:便利そうですね。

山:まぁそういうのを色々と,とにかく思いついたらメモしています。数えてはいないけどたぶん200個近くはネタ帳にたまっています。

と:どういうときに思い付くんですか?

山:いつでもですよ!ぱっと思いつくことだけでなく,何か不便だと感じたり,もっと良くできそうだと思ったりしたことは大事だと思うんですよ。なので歩いているときでも仕事中でも。場所・時間を問わずです。

と:本当にジャンルにとらわれず日々思いついた瞬間にメモってるような感じですね。

山:そうですね。

と:完成したら教えてください!

フリーになった山本さんの仕事場は六本木アカデミーヒルズ。月1万円でこんなセレブ環境で作業できるとか

フリーになった山本さんの仕事場は六本木アカデミーヒルズ。月1万円でこんなセレブ環境で作業できるとか

注6)
Ustream標準の中継ソフトのことです。

内定,おめでとうございます

山:ところで前回と違ってイメチェンですか? スーツも着てないし。

と:実はわたくし,つい先日までシューカツ女子でしたが,無事就活が終わりまして,髪の毛を切ってみました。

山:内定ですか!おめでとうございます。

と:ありがとうございます。来年から⁠株⁠カカクコムではたらく予定です。

山:すばらしい! 来年就職するわけですが何か野望があったりするんですか?

と:うーん……。まだはたらいた経験がないし,アルバイトでも大きい仕事をやったことないので未定です。何が一番向いているか,自分の性格で何が一番お金稼げるのかを知らないので……。

山:お金が大事?

と:自分がどのぐらい役に立ったかとかがわかる指標ってお金なのかなあと思っています。

山:ま,そうですね。

と:就職して社会に出て,自分が何の役に立てるのか見つかればいいなーと思っています。

山:シューカツが終わったいま,この連載はどうなっちゃうんでしょう。

と:シューカツ女子は卒業しましたが,まだまだ学ぶことだらけです。次号からは,さらにいろんな人のはたらきかたを訪ねる予定です。

山:たのしみにしています(笑⁠⁠。

山本さんの作ったアプリを見せてもらう

山本さんの作ったアプリを見せてもらう

著者プロフィール

堤智代(つつみともよ)

1989年,北海道生まれ。学生。釧路高専卒業後,大学へ編入。Livlisなどのサービスを手がける(株)kamadoにてアルバイト中。IT企業を中心に就職活動し(株)カカクコムに内定。2013年春入社予定。

Twitter:@ttmtmy