gihyo.jp » 書籍案内 » 定期刊行物一覧 » WEB+DB PRESS » WEB+DB PRESS plusシリーズ » [改訂新版]プログラマのための文字コード技術入門

書籍紹介

[改訂新版]プログラマのための文字コード技術入門

[表紙][改訂新版]プログラマのための文字コード技術入門

2018年12月28日発売

矢野啓介 著

A5判/400ージ

定価(本体2,680円+税)

ISBN 978-4-297-10291-3

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

-->

この本の概要

本書前半では,「文字」そのものと「文字コード」の歴史を少しずつ解きほぐしながら,文字コードの原理原則,変遷,主要な仕様の要点をはじめとした基礎知識を丁寧に解説。さらに後半では,Unicode/UTF-8/UTF-16,日本の文字コード規格,文字化けのメカニズム,コード変換の基礎,Java,Rubyを例にプログラミング言語における文字コードの扱い,はまりやすい落とし穴とその対処など,広くソフトウェア開発に携わるエンジニアの方々へ,知っておきたい技術情報を厳選してお届けします。

今回の改訂第2版では,初版の骨格はそのままに,9年間の変化を反映して,規格や文字政策,プログラミング言語・API等の最新版に追随するよう,全面的に加筆修正しました。

こんな方におすすめ

  • ソフトウェアエンジニアの方々
  • 日本語情報処理を扱うアプリケーションの開発者の方々
  • データフォーマットの設計にかかわる開発者の方々

本書のサンプル

本書の一部ページを,PDFで確認することができます。

本書の紙面イメージは次のとおりです。画像をクリックすることで拡大して確認することができます。

画像

画像

画像

著者プロフィール

矢野啓介(やのけいすけ)

北海道札幌市出身,工学修士(北海道大学,システム情報工学専攻)。(株)富士通研究所に勤務し企業向けソフトウェア技術の研究開発に従事するかたわら,ライフワークとして文字の符号化を探求。オープンソースの仮名漢字変換ソフトウェアSKKのJIS第3第4水準漢字辞書の開発に携わる。ソフトウェア工学分野の研究により,情報処理学会から2017年度山下記念研究賞を受賞。

コメント