「SHIFT UP」――DeNA TechCon 2019,2月6日開催

後編:おすすめセッションはこれだ!クラウドシフト,AI,テスト~DeNA TechCon 2019の見どころに迫る②

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

後編では,DeNA TechCon 2019でとくに注目したい3つのセッションについて,各スピーカによる見どころポイントとともに紹介します。

DeNA TechCon 2019
https://techcon.dena.com/2019/

DeNAが取り組むクラウドシフト
~Google Cloud Platform&AWS

前編の小林篤氏でのコメントにもあったように,2018年のDeNAは「クラウドシフト」が行われた1年でもありました。その中でもとくに注力したのが,Google Cloud PlatformとAWSの2つのパブリッククラウドとのこと。

DeNA TechCon 2019では,それぞれのクラウドベンダとDeNA担当者とのセッションが用意されています。オンプレミスからクラウドシフトした,現場の生の声が聞ける,注目セッションです。

ゲストセッション(Google)
「DeNAとGoogle Cloud Platfrom」

1つ目は,Google Cloud 福田潔氏をゲストに迎えた,DeNA菅原賢太氏とのトークセッションとなります。

セッションの狙いと見どころ

グーグル・クラウド・ジャパン合同会社
Google Cloud カスタマー エンジニア
福田潔氏

グーグル・クラウド・ジャパン合同会社 Google Cloud カスタマー エンジニア 福田潔氏

DeNAというとMobageを支える技術に代表される技術スタックがメインと思われる方が多いかもしれません。しかし,効率的な開発・運用という側面から,積極的なManaged Serviceの利用を進めているケースもあります。

このセッションではGoogle Cloud Platform(GCP)が提供するManaged Serivceとこれからのアプリケーションプラットフォームの方向性の紹介を交えながら,DeNAでの実際の活用方法を取り上げます。これからGCPの導入・活用を検討されている方々へのヒントを盛り込んだ内容となっています。

トークの構成は,Google Cloudのカスタマーエンジニアである福田氏から,DeNAエンジニアの菅原氏に向けてベンダからユーザへ質問をすることで,GCPユーザの生の声を引き出すものとなっています。

ふだんあまり聞くことができない,GCPを大規模に活用するユーザの本音を聞ける場となっており,GCPの導入を検討をしている方にとって大きな見どころとなるでしょう。

このセッションをおすすめしたいのはどんな人たち?

GCPのManaged Serviceの活用を検討されているアプリケーションエンジニアの方々。

ゲストセッション(AWS)
「【対談:DeNA☓AWS】クラウドジャーニーのこれまでとこれから」

もう1つのクラウドセッションは,アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社技術統括本部本部長岡嵜禎氏とDeNA金子俊一氏によるトークセッションです。

セッションの狙いと見どころ

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社
技術統括本部 本部長
岡嵜禎氏

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 技術統括本部 本部長 岡嵜禎氏

本セッションは,テクノロジードリブンで開発・運用を進めるDeNAが,事業会社としてビジネス価値を高めるためにどのようにAWSを利用しているかを紹介し,クラウド利用を考えるユーザに向けて実践的なノウハウを公開することを目的に用意されています。

具体的には,DeNAがAWSを採用した際,どのような評価軸や評価方法で利用する各サービスを決定したのか,採用後はAWSとどのように連携し課題を解決しているかについて,AWS→DeNAへの質問から導き出します。さらに,AWSへ移行した結果,DeNAを取り巻く環境がどのように変化したかなど,実際のエピソードを交えたトークが見どころです。

このセッションをおすすめしたいのはどんな人たち?

インフラエンジニア,サーバサイドエンジニアはもちろん,テクニカルリードや技術管理職,経営に携わっているCIO,CTOの方々。

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

バックナンバー

「SHIFT UP」――DeNA TechCon 2019,2月6日開催

コメント

コメントの記入