インタビュー

自走するエンジニアは,個人の想いと会社のビジョンをクロスさせる ~Sansan株式会社CTO藤倉成太氏に訊く

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

TVCMなど多くのメディア展開からたくさんのユーザにサービスが周知され,2019年6月に東証マザーズへ上場,これからさらなる飛躍が期待されるSansan株式会社。ユーザに親しみやすいサービスとして存在感が増している同社を支える,エンジニアとエンジニアリングを率いるのが,今回お話を伺った同社CTO藤倉成太氏です。

黎明期からSansanのエンジニアとして活躍し,サービスの成長を技術視点から見続け,そして支えている藤倉氏に,Sansanカルチャーにおけるエンジニアリングという観点から,⁠Sansanのエンジニアとは?」という問いを真正面から投げかけてみました。

Sansan株式会社 CTO,藤倉成太氏

Sansan株式会社 CTO,藤倉成太氏

Sansanのエンジニアとは?

――今回は,Sansanのエンジニアについて,CTOの立場でもあり,また,成長を見続けてきた藤倉さんにいろいろとお話を伺いたいと思います。まず,いきなりですが,Sansanのエンジニアを一言で表現するとどういう存在なのでしょうか?

藤倉: ⁠プロダクトでイノベーションを起こしていく集団」と言えるのではないでしょうか。

Sansanのミッションは「出会いからイノベーションを生み出す」です。弊社のエンジニアたちはこのミッションを実現すべく集った人材なので,言葉で表すならそうなります。

私はSansanに2009年にジョインし,今までずっと中にいるエンジニアとして,SansanとSansanのプロダクトを見てきました。その中で思ったのが世に出ているものをトレースするのではなく,⁠今まで世の中にはないものを生み出すこと」「すでにあったものを再設計して(新しい価値)を生み出すこと」に正面から向き合い,実現してきたことが,私たちSansanのエンジニアの特徴ではないかな,と。

この特徴こそがSansanのエンジニアであることだと私は考えています。

性格的なことで言えば,共通して言えるのが,皆,プロダクトを作ることが好き,プログラミングが好き,技術が好きということですね。企業である以上,価値を提供しなければなりませんし,エンジニアも価値につながるアウトプットが求められます。それでも,プログラミングが好きだという気持ちは皆持っていると信じていますし,これからも忘れないでほしいとCTOの立場から思っています。

好きの部分とアウトプットとのバランス

藤倉:(技術やプログラミング,プロダクトを作ることが)好きなことが大前提とは言いながらも,私の立場としては,きちんと仕事にしてもらう必要があります。そのバランスの取り方が非常に大切です。

やりたいこと(個人の想い)とやるべきこと(会社のミッション)の重なり具合が多ければ多いほど,⁠その人の)社内でのパフォーマンスが高い傾向にあります。これは,弊社に限らず言えるのではないでしょうか。

(手前味噌ではありますが)今在籍しているSansanのエンジニアは「やりたいこと」の部分と「やるべきこと」の重ね方が各人各様で上手だと感じています。

「出会いからイノベーションを生み出す」というミッションのもと,プロダクト,ものづくりをより楽しめる人材が増えてきています。この特徴や文化は,これからも守りながら,企業として,組織として拡大・拡張させていきたいですね。

CTOとして求める技術スタック

――(Sansanとしての)⁠ミッション」の共有,ミッションに基づくエンジニア自身の考えとアウトプットが,非常に良いバランスで取られているという点がとても印象的です。

では,もう少し具体的なお話について教えてください。今,Sansanでは,法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」や個人向け名刺アプリ「Eight⁠⁠,さらに,名刺のデータ化と研究開発を担う「DSOC」など,複数のプロダクト・技術開発が行われています。

現在,どのぐらいの体制で開発を行っているのか,また,それぞれのプロダクトではどのような技術スタックが求められているのかについて教えてください。

藤倉: 人数に関して言うと,2019年5月末現在社員は549名おり,29%がエンジニア,5%がデザイナーで,社員の1/3以上はクリエイティブに関わる立場です。社員はこの3年で300名ほど増えている中,エンジニア・デザイナーの割合はその伸び率よりも高く増えています。これからもまだまだ増やしたいです。

続いて,エンジニアに求められる技術スタックについてお話します。

インフラレイヤに関しては,SansanはAWS/Azureの使い分け,EightはAWS,DSOCはAWSを主に使いながらR&DでGCPを利用しています。実際のサーバサイド開発においては,C#,Rubyなど複数の言語を使用しています。

お聞きいただくとわかるように1つの技術に固執せず,多様な技術を採用していることはSansanのエンジニアリングの特徴かもしれません。ここでお伝えしたいのは,プロダクトや技術領域によって,採用するクラウドサービスや開発言語を決めているわけではなく,まず,アウトプットするプロダクトが何か,そのプロダクトを実現するために必要な機能に最適な技術や言語は何か,その観点で選択しているという点です。ですから,他にもNode.jsを使っているチームもあれば,R&Dでは,今はPythonが主流になっています。

こういう状況を生み出せた理由の1つが,現場で判断できる体制になりつつあるからです。一般的に,CTOというポジションは,その企業の技術的観点・経営的観点いずれの立場でも技術責任者であります。企業によっては,CTOがすべて使用する技術を決める場合もあるでしょう。そのメリットの1つは1人で決めることによる統一感,また,開発コストやリソースの最適化が挙げられます。

しかし,弊社はそういうアプローチは取らず,プロダクト,そして,プロダクトを支える機能とチームごとに判断して技術採用と開発を進めています。私自身,2018年6月にCTOになってから,現場の意思決定に入ることはほぼありません。ミッションの共有と,各プロダクトの目標を設定し,その実現についてはチームに任せることがほとんどです。

これは今,主流となっているプロダクトのマイクロサービス化にも通ずることかもしれませんが,部分最適を行った結果,最終プロダクトのパフォーマンスを高めることにつながると考えているからです。

必要なのは「自走する」というマインドと,それを実現する行動力

――一方で,現場判断,あるいは,個別判断をしていくことによる弊害,たとえば,品質のばらつきやアウトプットのブレなどが生まれるかもしれません。

藤倉: おっしゃるとおり,そのリスクはあります。その部分を補うマインドとして「自走する」ことがあると私は考えています。

先ほどもお話したとおり,Sansanのエンジニアは「自分が好きなこと」「会社のミッション」のバランスの取り方がうまいと感じているのですが,その要因として「各自,それぞれのスタンスを持っている」ことではないかと思っています。

どの技術に対しても,きちんと技術と向き合っていること,その技術を採用するにあたっては,熱量を持ってその技術を選んでいるという点です。⁠なぜその技術を使うのか?」⁠なぜ選んだのか?」を自分の声で話せるエンジニアが多く在籍しています。その結果として,もし会社のミッションとブレた場合は,周囲のエンジニアから質問やツッコミが入りますし,それにきちんと応えられなければ採用しないという判断にも至るわけです。

ですから,もう少し詳しく説明すると,個々人が自由に,やりたいことをやる,だけではなくて,なぜそうするのか,なぜその技術を選ぶのか,をきちんと考えて前に進んでいることで,先程おっしゃったようなリスクは回避できると考えます。

このきちんと考えること,⁠自走する」という心構えこそが,今のSansanのエンジニアリングを支えるマインドではないでしょうか。この「自走」は,私が最も大切にしていることの1つで,エンジニアに限らず,弊社の社員全員に持ってもらいたいと常々考えています。

画像

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

バックナンバー

2019