インタビュー

エンジニアには戻らない ―Treasure Data CEOとして太田一樹が挑む"目線を上げる経営"

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

2021年11月,米Treasure Dataは2億3400万ドル,日本円にして約270億円という巨額の資金調達を実施しました。出資を主導したのはソフトバンクで,日本人創業のスタートアップにこれほどの金額が投資されるのはかなりのレアケースといえます。

この大型投資を実現させた立役者が,2021年6月にTreasure DataのCEOに就任した太田一樹氏です。2011年12月にTreasure Data前CEOの芳川裕誠氏,Fluentdクリエーターの古橋貞之氏とともに,ビッグデータ企業のTreasure Dataを創業,太田氏はCTO(最高技術責任者)としてTreasure Dataの技術的方向性をリードしてきました。それから約10年が経過し,自社とIT業界の急激な変化に見舞われながらも,新たにCEOとして現在はCDPのトップベンダとなったTreasure Dataを率いていく決断をした太田氏。本稿では,資金調達実施後の2021年11月に来日した太田氏へのインタビューをもとに,この10年のTreasure Dataの軌跡を振り返りながら,創業者CEOとしての太田氏の経営観に迫ります。

お話を伺ったTreasure Data CEO 太田一樹氏

お話を伺ったTreasure Data CEO 太田一樹氏

新CEO就任に至る道

――コロナ禍での来日となりましたが,CEOに就任されてから日本に来るのは今回が初めてですか?

太田:そうです。この機会に日本(トレジャーデータ)も含め,グローバルの主要なオフィスを回っておこうと思って。パンデミックに入ってからグローバルで200名くらい社員が増えたんですが,一度も対面する機会が得られなかったんです。当社は現在,基本的にリモートワークですが,ときどきのFace-to-Faceも大事なコミュニケーションなので,コロナ禍で難しいのは承知しているんですが,できるときにやっておきたい。

――こんな難しい時代にCEOとしてグローバルで経営の最前線に立つのはすごく大変な仕事だと思うのですが,そうした中にあって11月のソフトバンクからの資金調達はすごく良いニュースでした。今回の資金調達に至った背景について教えてもらえるでしょうか。

太田:その前に,僕がCEOに就任するまでの経緯を説明させてください。すこしさかのぼりますが,英Armとの関係が変化したことでTreasure Dataの経営体制にも大きな影響がありました。

――Treasure Dataが英Armに買収されたのは2018年8月でしたね。このときはまだArmもソフトバンクグループ傘下にあり,Treasure DataはArmのIoTユニットに組み込まれたと記憶しています。買収金額の6億ドル(約660億円)にも驚きました。

太田:その2年後の2020年9月に米NVIDIAによるArmの買収が発表されました※1⁠。この買収発表にともない,⁠ArmのIoT部門は買収の対象にならない」という事業分離の決定がなされ,Treasure Dataはふたたび独立企業に戻ることになりました。2020年10月には米国本社も日本法人も新体制で経営がスタートしていますが,僕ともうひとりの創業者である芳川(前CEO 芳川裕誠氏)はいち取締役となり,経営の第一線からは退くかたちとなりました。

――当時は太田さんと芳川さんがTreasure Dataから距離を置かれてすこし残念に思っていたのですが,2021年6月には太田さんがCEO,芳川さんが会長としてそれぞれTreasure Dataの経営に戻られました。お二人が復帰するきっかけは何だったのでしょうか。

太田:たしか2021年3月か4月くらいに孫さん(ソフトバンク 創業者取締役 孫正義氏)と宮内さん(ソフトバンク 代表取締役会長 宮内謙氏)に直接呼ばれて説得されたんです,⁠Treasure Dataの経営に)戻ってこないか」と。孫さんが言うには「Treasure Dataはもっと伸びていく会社だ。創業者が経営に関わる会社は必ず強くなる⁠⁠,だから僕と芳川が経営のトップとして戻ることを強く勧められました。

そのころ,芳川は自分で立ち上げたCarbide Venturesというファンドに注力していて,僕もSaaS企業を中心にスタートアップの支援に取り組んでいたんですが,もし次に経営の世界に戻るならCEOがいいな,という思いが漠然とありました。芳川も孫さんも僕がCEOになることに賛成してくれて,芳川が会長に,そして以前にCFO(最高財務責任者)としてTreasure Dataの経営を一緒にやっていたダン・ワイリック(Dan Weirich)がCOO(最高業務執行者)兼CFOとしてボードメンバーに戻ってくることになりました。僕としてはすごくやりやすい経営体制が用意されたので,Treasure Dataに戻ることに決めたんです。

――春ごろに復帰を打診されて,実際にCEOに就任されたのは2021年6月25日付け(ワイリック氏の就任は6月30日付け)でしたが,このタイミングになった理由は?

太田:リーガルのタイミングにあわせたんです。6月1日付けでTreasure Dataは法的にArmから完全に切り離されたので,独立企業となったタイミングで就任しました。

――7月14日にはSFV2(Softbank Vision Fund 2:ソフトバンクグループ傘下のファンド事業会社)からの出資も受け入れ,まさに"新生Treasure Data"がスタートしたわけですね。9月にはCBO(Chief Business Officer)としてMicrosoftやAdobeで活躍された佐分利ユージン氏を迎えるなど,2021年はTreasure Dataの経営体制強化が本格的に進んだ印象があります。11月のソフトバンクによる2億3400万ドルの増資は,創業者CEOが新たに誕生し,経営体制が強化されたTreasure Dataへの評価と期待のあらわれということでしょうか。

太田:企業としてもう一段上を狙う体制が整ったことは確かですね。SVF2からは「Treasure Dataは上場を狙うのにちょうどいい規模感」と評価されているようです。

※1)
本買収はまだ完了していない。

著者プロフィール

五味明子(ごみあきこ)

IT系の出版社で編集者としてキャリアを積んだ後,2011年からフリーランスライターに。フィールドワークはオープンソースやクラウドコンピューティング,データアナリティクスなどエンタープライズITが中心。海外カンファレンス取材多め。Blog 「G3 Enterprise」やTwitter(@g3akk),Facebookで日々IT情報を発信中。

北海道札幌市出身/東京都立大学経済学部卒。

バックナンバー

2022