ニュースリリース

シックス・アパート,CMSプラットフォーム最新バージョン「Movable Type 6.2」をリリース

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

シックス・アパート株式会社は2015年10月8日,同社が開発するCMSプラットフォーム「Movable Type」の最新版「Movable Type 6.2」をリリースした。10月8日は今から14年前,Movable Typeが発表された記念日でもある。

3つの新機能

今回のアップデートでは大きく3つの新機能が追加実装されている。

マルチアップロード

画像データなど,複数のファイルが一括してアップロードできるようになった。また,ドラッグ&ドロップにも対応している。

マルチアップロードの操作画面

マルチアップロードの操作画面

イメージエディタ

Movable Typeで管理している画像を編集できるイメージエディタが追加実装された。回転・リサイズ・トリミングなどの編集,GPSロケーションや撮影時間などのExif・メタデータの削除が行える。

イメージエディタ

イメージエディタ

Data API 3.0

Data APIの認証方法が,ユーザの「ログインパスワード」から「Webサービスパスワード」に変更され,セキュリティが向上した。さらに,listEntriesなど,リスト取得用エンドポイントの絞り込み条件に日付が追加されている。

その他,追加された機能の詳細はリリースノートを参照のこと。

 製品ラインナップと価格

ソフトウェア
Movable Type 6.29万円(税抜)
Movable Type 6.2 モバイルパック15万円(税抜)
Movable Type 6.2 ワークフローパック13万円(税抜)
Movable Type Advanced 無制限ユーザー・無制限サーバー180万円(税抜)
Movable Type Advanced アカデミックライセンス96万円(税抜)
クラウド
Movable Type クラウド版月額 5,000円(税抜⁠⁠~
アマゾンウェブサービス(AWS) EC2用AMI
Movable Type for AWS0.07ドル/時間 499ドル/年

AWSの無料利用枠に対応し,t1.micro,t2.microインスタンス向けに一部の製品を無料で提供している。

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/