ニュースリリース

メルカリ・メルペイとNTTドコモ,ポイント事業を中心に業務提携を発表――2020年5月よりメルカリIDとdアカウントの連携開始予定

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

株式会社メルカリおよび株式会社メルペイと株式会社NTTドコモは2020年2月4日,3社の顧客基盤の連携による,利便性およびサービス向上,そして,キャッシュレス推進を目的とした業務提携を発表した。

業務提携にあたり,力強い握手を交わした株式会社メルカリ代表取締役CEO山田進太郎氏(左)と株式会社NTTドコモ代表取締役社長 吉澤和弘氏(右)

業務提携にあたり,力強い握手を交わした株式会社メルカリ代表取締役CEO山田進太郎氏(左)と株式会社NTTドコモ代表取締役社長 吉澤和弘氏(右)

今回の業務提携に含まれる概要は次の5つ。

  1. メルカリIDとdアカウント連携による顧客基盤の拡大
  2. メルカリ利用時のdポイント還元および利用
  3. メルペイウォレットおよびd払いによるスマホ決済事業の連携
  4. ドコモショップとメルカリの連携強化の検討
  5. 両社による新規事業創出の検討
    1. 発表会では,まず,両社のアカウントであるメルカリIDとdアカウント連携について,2020年5月(予定)から開始すると発表された。これに伴い,2020年2月4日~24日まで,購入金額で最大20%のdポイントが還元される「メルカリでd払いを使うと+10%還元キャンペーン」が開始した。

      2のメルカリ利用時でのdポイント付与は,メルカリでの取引額100円(税込)に対し,1dポイントが還元される。メルカリ利用時は,1dポイント=1円(税込)となる。この還元および利用については,両アカウント連携と同じく2020年5月からの開始予定となっている。

      また,メルペイ加盟店170万ヵ所およびd払い加盟店136万ヵ所の共通化を中心とした,日本国内におけるキャッシュレス推進の実行や,日本全国にあるドコモショップと,メルカリ事業の全国推進が検討される。

      さらに今後の予定として,両社のサービスや技術の連携から創出される,新規事業開発についても検討されていくとのこと。この点について,株式会社メルカリ代表取締役CEO山田進太郎氏は(具体的なプランは未定と前置きしつつ)⁠これから来る,5G時代に向けて,NTTドコモの通信網に私たちのプロダクトやサービスが協調することで,顧客の皆様により良い体験を提供することが可能と考えます」と,両社の顧客基盤の連携によるビジネス拡大に加えて,次世代に向けた提携であるとコメントした。

      また,株式会社NTTドコモ代表取締役社長 吉澤和弘氏は「私たちNTTドコモとしても,この規模のEC・オンライン決済の企業との提携は初めてです。NTTドコモが持つ,dポイントクラブ7,345万会員と,メルカリの月間ユーザ1,450万人の基盤がシームレスに連携することで,両社のサービスの質がさらに高まり,現在の顧客に向けて,各社だけではできなかった価値の提供ができると期待します」と,今回の提携に込めた期待について力強くコメントした。

      なお,発表時点では資本提携の予定はないと,両社からのコメントがあった。

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/