ニュースリリース

銀行API実験環境とコミュニティを実現する「sunabar -GMOあおぞらネット銀行API実験場-」開始~さらなるフィンテックの発展を目指して

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

GMOあおぞらネット銀行株式会社は2020年4月7日,同社の銀行APIの新たな取り組みとして「sunabar -GMOあおぞらネット銀行API実験場-」⁠以降sunabar)を開始することを発表した。

sunabarは,国内の銀行では初となる本格的な銀行API実験環境の提供およびエンジニアコミュニティの2つの機能を持つサービス。

sunabar
https://gmo-aozora.com/api-cooperation/sunabarinfo.html

画像

これまでの日本のオンライン銀行のサービスにおいて,銀行APIを活用してサービスやシステムを開発するには,使用するまでの審査(利用者/利用企業のセキュリティ環境や財務状況など)が厳しく,また,手続きに時間がかかる状況だった。

今回のsunabarは,こうした背景を鑑みて,これからの日本国内のフィンテック業界のさらなる発展,そして,銀行APIを活用したサービスの拡充を目的に開発・開始されることとなった。

sunabarポータル仮想銀行口座画面

sunabarポータル仮想銀行口座画面

GMOあおぞらネット銀行の口座を持っているユーザであれば,個人・法人問わずsunabarを利用できる。なお,15歳以下の場合,口座の解説に保護者の承諾が必要となる。

今後,sunabarでの情報提供の他,sunabarを核としたエンジニアイベントが予定されている。

オンラインセミナー

タイトル銀行APIの可能性を探る ~sunabar-GMOあおぞらネット銀行API実験場- 始動~ powered by Zoom
開催日時2020年4月24日,18:30~20:00
参加方法https://zoom.us/webinar/register/WN_QlNai7M8R6OBWxI5uRG3xgから事前登録が必要
参加人数300名

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/