ニュースリリース

「中高生国際Rubyプログラミングコンテスト2020 in Mitaka」受賞者決定――最優秀賞はゲーム部門「Spell Out」,クリエイティブ部門「Minory」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

2021年3月6日,三鷹市三鷹産業プラザにおいて「中高生国際Rubyプログラミングコンテスト2020 in Mitaka」の最終審査発表会が行われ,最優秀賞をはじめ各賞の受賞者が決定した。

今大会は,発表者も審査員もすべてオンラインでの参加となった中,各チームとも熱のこもった発表,そして厳選なる審査の結果,最優秀賞,優秀賞,審査員特別賞の各賞が決定した。

画像

ゲーム部門最優秀賞は松江工業高等専門学校 松江高専の人が開発した「Spell Out」,クリエイティブ部門最優秀はNucumoが開発した「Minory」

今回,1次審査を突破した,ゲーム部門7作品,クリエイティブ部門3作品の計10作品が最終審査に進んだ。

ゲーム部門の作品は,アクション,シューティング,ボードゲームなど多彩なジャンルから懐かしくも新しいアイディアに富んだ作品が集まり,クリエイティブ部門では作者のこんなものが欲しい,の思いの詰まったIOTやWebのシステムが集まった。

事前に収録したプレゼンテーション動画と当日のオンラインでの質疑応答などにより,ゲーム部門最優秀賞は,島根県の松江工業高等専門学校 松江高専の人が開発した「Spell Out」が,クリエイティブ部門最優秀賞は東京のNucumoが開発した「Minory」が受賞した。

また,審査員特別賞となるMatz賞は,千葉県の石川愛海さんによる「My Design Memo⁠⁠,スポンサー賞となるClassi賞は,茨城県 何櫟(へり)さんによる「Bluetoothをつかった脳波の測定とリアルタイム表示や保存」が受賞した。

その他,最終審査結果は以下ページで確認できる。

中高生国際Rubyプログラミングコンテスト2020 in Mitaka
https://www.ruby-procon.net/docs/2021030600013/

また,当日のプレゼンテーション動画は以下YouTubeチャンネルより配信されている。

中高生国際rubyプログラミングコンテスト
https://www.youtube.com/channel/UCNWFOueDdXr2lhA8akMJ3bA

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

バックナンバー

2021年

バックナンバー一覧