レポート

「フェイスアップ!」「ビルドアップ!」「マインドアップ!」~JaSST'19 Hokkaidoレポート~

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

2019年8月30日(金⁠⁠,ソフトウェアテスト技術分野のシンポジウムであるJaSST'19 Hokkaidoが札幌市教育文化会館で開催されました。

今回で14回目を迎えたJaSST'19 Hokkaidoの今年のテーマは「マインドアップ ~テスト設計技法を知っていたら十分と思ってないかい?~」です。テスト設計技法を適用する前に行うことはなにか?を考え,技法を⁠知っている⁠から⁠使える⁠というひとつ上の段階にあがるための一助になってもらいたい,という願いを込めました。

本稿では,JaSST'19 Hokkaidoのセッションの中から,今年4月に出版された『⁠⁠改訂新版]マインドマップから始めるソフトウェアテスト』の著者,池田暁氏(ASTER)による基調講演「テスト設計技法,その前に ~フェイスアップ,次にビルドアップ,その先にマインドアップ~」および,JaSST Hokkaido実行委員によるワークショップ「体験しよう!テスト分析設計 エクササイズ」を取り上げレポートします。

基調講演:テスト設計技法,その前に ~フェイスアップ,次にビルドアップ,その先にマインドアップ~

今回,基調講演でご登壇いただいた池田暁氏はASTERNaITESQiPAFFORDDといったソフトウェアテストや品質を中心にさまざまな団体やコミュニティで活動されています。実はJaSST Hokkaido(当時はJaSST Sapporo)の立ち上げにも関わっており,10年ほど前にはJaSST Sapporoにてワークショップを行っています。また,学生時代は北海道在住ということで北海道とは何かと縁があり,今回の登壇は非常に感慨深いとのことでした。

池田暁氏の基調講演

池田暁氏の基調講演

講演は今回のテーマ「マインドアップ」を受けて,⁠第1部 フェイスアップ」「第2部 ビルドアップ」という二部構成で組み立てられていました。第1部はテスト設計技法を利用する前にやるべきことや考えるべきことを解説するパートです。第2部は,実際に腕を磨いていくために利用できる情報を紹介するパートです。しかし実際には「第0部 まずは足元」も設けられていました。

第0部 まずは足元

第0部では,テスト設計技法を適用する前に,テスト設計技法そのもの,つまりしっかりと足元を見ようというメッセージを伝えるものです。

「テスト設計技法をうまく使いたい」と研修を受講するものの,なかなかうまくいかない場合,おもに2つの原因があります。1つは「テスト設計技法をきちんと理解できなかった」というものです。この原因に対応するために以下のアドバイスがありました。

  • 目的意識を持って受講しよう
  • 自分のドメインに適合している研修を受けよう
  • 前提知識を学び直そう

2つ目は「テスト設計技法は理解したが,使いどころがわからない」というものです。この原因に対応するためには,以下のアドバイスがありました。

  • 技法が解決できる課題を理解しよう
  • テスト対象をよく理解しよう
  • テストの観点の全体像をまとめよう

まずはもう一度テスト設計技法そのものに目を向けることの重要さを説き,そのうえで「テスト設計技法は理解したが,使いどころがわからない」という点がJaSST'19 Hokkaidoのテーマである「テスト設計技法を使う前の作業」につながるものとまとめました。

第1部 Face up ~顔をあげて,その前を意識~

第1部は第0部を受けて,テストプロセス上でのテスト設計技法を利用する⁠以前⁠となる「テスト分析」「テスト設計」の基本的考えを解説しました。ただしテストプロセスといっても体系によってはテスト分析を仕様分析と言ったり,テスト分析とテスト設計で行う活動が微妙に異なっていたりします。池田氏はもう少し噛み砕き,テスト設計技法を使う前の準備として,⁠情報入手⁠⁠→⁠情報理解⁠⁠→⁠テスト観点の全体像策定⁠⁠→⁠テスト設計技法適用」を実施することが必要と解説しました。

テスト設計技法を使う前の準備(基調講演資料より)

テスト設計技法を使う前の準備(基調講演資料より)

こういった準備をそれぞれのプロジェクトの開発・テストプロセスに導入する必要があります。このとき,世の中の体系をそのまま持ってくるのではなく,きちんとプロセス設計することの重要さも合わせて解説されました。

さて,このテスト分析・設計をうまく行うための手法はいくつか提案されています。

テスト分析・設計をうまく行うための手法(基調講演資料より)

テスト分析・設計をうまく行うための手法(基調講演資料より)

本講演では,池田氏の著書『⁠⁠改訂新版]マインドマップから始めるソフトウェアテスト』でも紹介されているマインドマップを使用したテスト分析設計手法が紹介されました(上記の表中ではTAMEと表されています⁠⁠。

マインドマップを使用したテスト分析設計手法(基調講演資料より)

マインドマップを使用したテスト分析設計手法(基調講演資料より)

テストベースを入手したあと,まずテスト分析として,純粋理解には3色ボールペン,テストの視点での理解にマインドマップを利用します。次に,テスト設計ではマインドマップを利用してテスト観点モデルを作成します。そのうえでテスト設計技法を利用してテストケースを作成します。けっして,テストベース(テスト要求や設計仕様)から直接テストケースを作らず,テストの視点で深く理解したうえで,テストの全体像を作り,適切にテスト設計技法をアサインして,テストケースを作る必要があると解説し,合わせて適用事例も紹介されました。加えて,初級者向けのテスト観点モデル作成手順も紹介されました。

ほかにも,テスト分析や設計をうまく行うためには,品質が高いテストベースの入手が必須であること,よりよいテストベースを入手するために行わなければならないこと,テスト設計技法を活用するための前準備は開発プロジェクトが立ち上がった瞬間から取り組む必要があることを説きました。

聴講者は想像以上にやっておかなければならないことがあることに驚き,熱心にペンを走らせていました。

第2部 Buildup ~意識を高めよう,鍛錬しよう~

第2部は,⁠なぜテストをするのか,なぜテスト設計技法をうまく使わなければならないのか」という問いから始まりました。テスト設計技法を使う大きな理由はバグを見つけることです。そのバグがプロジェクトや社会に与える影響について向き合うことが不可欠である,と世の中の事例も紹介しながら改めて意識づけするとともに,だからテスト技術者は真剣にスキルアップをしなければならないと訴えました。

そのために利用できるものとして,SQuBOKガイドや書籍などの紹介,テストプロセス改善技術や,ベンダートレーニングの勧め,コミュニティやテスト設計コンテストの活用など,多くの情報を紹介し,会場に集まっている関係者や識者と交流してすぐにビルドアップしてほしいと述べました。また,企業がそのような技術者を支援したり企業自身がスキルアップするための仕組みを導入することはもはや責務であり,現在においては発注者側はどれだけテストや品質向上のための技術向上活動に取り組んでいるかも発注の判断材料としていると,より企業の意識を変えていく必要があると述べました。

池田氏は「顔を上げてやるべきことを見つめ,実際にテスト力を鍛えてください。その先にマインドの向上が見えてきます。一緒に頑張っていきましょう」と講演を締めくくりました。

筆者らは本基調講演で語られた内容は,日々現場で奮闘する若い世代の技術者に強く伝えたいと思いました。当日の資料は90分の持ち時間に対して200ページ弱と充実した情報で,社内での展開も進めていきたいと考えています。

著者プロフィール

金丸優介(かなまるゆうすけ)

日本ナレッジ(株)

第三者検証の立場からWebアプリ・組み込み系のシステムテスト・SQA業務などに従事。興味のある分野は,アジャイル・テスト自動化・AI・テスト系ツール全般。


吉田絵理(よしだえり)

日本ナレッジ(株)

組み込み系のシステムテストやSQA業務に従事。2019年からJaSST Hokkaido実行委員に参画。

バックナンバー

2019年

バックナンバー一覧