Ubuntu Weekly Topics

2012年10月26日号 12.10の各種注意点・Ubuntu Open Week・UWN#288

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

12.10の注意点

Ubuntu 12.10⁠Quantal Quetzal⁠が無事にリリースされ,一週間が過ぎました。今回は,12.10のリリースノート注1記載の重要事項や,リリースノートに含まれていないポイントのまとめをお届けします注2)⁠前回の内容と合わせてご確認ください。

なお,WebAppsに関する情報は今週のRecipeを,技術的なよりまとまった情報が必要な場合はSoftware Design 2012年11月号のあわしろいくやさんによる「Ubuntu 12.10特集」を確認してください。

注1
関係者の努力により,今回はほぼオンタイムで日本語版リリースノートの準備に成功しました。公開後の版上げはあったものの,過去のリリースには一度もなかった快挙です。英語版のリリースノートがほぼ完成してからリリースまでの間に数時間の猶予があったのが勝因です(これまでは猶予が数分しかなかったり,場合によってはマイナスであったりもしました)⁠
注2
リリース直後に起きがちなネタ切れとも言います。

non-PAEカーネルの終了

12.10では,PAEに対応していないハードウェア用のカーネルは提供されません。これは,PAEに対応していないCPU(Pentium Mの一部・VIA C3など)を搭載したシステムが動作しないことを意味します。これらのCPUを搭載したハードウェアでは,12.04を継続利用してください。なお,12.04についても,PAE非対応ハードウェアでは11.10からアップグレードするか,Lubuntu・Xubuntuを用いる必要があります。

現実的にこうしたハードウェアでUbuntuを使うことは少ないはずですが,仮想化環境の一部では「デフォルトではPAEが無効」と設定されている可能性があります。CPU関連のオプションを注意して設定するようにしてください。

Unity 2Dは存在しない

これまで「3Dアクセラレーション(Compiz)に対応しないハードウェア」向けに提供されてきたUnity 2Dは,12.10では存在しません。フルスペックのアクセラレーションの代わりにOpenGL ESベースの簡易アクセラレーションを使うか,あるいはllvmpipeによるソフトウェアエミュレーションベースでUnity(Unity 3D)がそのまま動作します。

ハードウェア的に十分なスペックではない場合,あるいは体感性能的に不十分な場合は,GNOME ClassicやXubuntuなどを利用して回避してください。特に,仮想環境での動作上の問題が顕著なはずです。

すでにUbuntuをインストールした環境でXubuntuを用いるには,taskselパッケージを導入して「tasksel install xubuntu-desktop」を実行し,ログイン画面でXubuntuを選択してください。

CDには収まらない

12.10以降,リリースイメージのサイズは800MBになり,CDサイズでは無くなりました。光学メディアに焼き付けるにはDVD-R等が必要です。USBメモリを利用する場合は1GBサイズで収まるため,ほとんどのものが対応するはずです。

Alternate CDは廃止された

これまでのリリースで提供されていた,⁠Alternate CD」⁠debian-installerベースのインストールCD)は,12.10では提供されません。Alternate CDが担っていた機能のうち,LVMとディスク全体の暗号化機能はDesktop DVDに統合されています。Software RAID(md)によるRAID構成は準備されていないので,12.04からアップグレードするか,事前に手動でRAID構成を行う必要があります。リリースノートを参照してください。

Dashの検索の有効/無効

12.10では,Dashに入力した文字列をもとに,AmazonやYoutubeなどの外部サイトへクエリを行うことがあります(Youtubeへのクエリは12.04から搭載されています)⁠この機能を無効にするには,⁠システム設定」⁠⁠プライバシー」から設定を行ってください。

画像

パッケージを削除して対応することも可能です。Amazon検索なら「sudo apt-get remove unity-lens-shopping」を実行してください。

一部の古いビデオチップ上では動作しない

12.10は,古い世代(おおむね2000年前後)のビデオチップ上では正常に動作しません。

明示的に宣言されているのは,Trident Cyberblade(Windows 98世代の東芝やIBMのノートPC)⁠i810(2000年前後の多くのIntel CPU搭載デスクトップ)⁠SiS 315とMirage1系(2000年頃から2004年頃までの廉価なデスクトップ)です。これらのビデオチップを搭載したシステムでの対処については,リリースノートを参照してください。

Ubuntu Open Week

Ubuntuの新バージョンがリリースされた後の「お祭り」のひとつ,Ubuntu Open Weekが開催されています。Ubuntu Open Weekは,コア開発者やコアメンバ・各種コミュニティマネージャやCanonical社員が「インターネット越しに」参加者からの質問に答えるイベントです。

イベントを通して,Ubuntuの開発プロセス・Canonicalの位置づけ・コミュニティ運営について,参加者により深く知ってもらうことを目的としています。Open Weekへの参加方法はこちら

UWN#288

Ubuntu Weekly Newsletter #288がリリースされています。

その他のニュース

今週のセキュリティアップデート

usn-1613-1usn-1613-2:Pythonのセキュリティアップデート
usn-1615-1:Python 3.2のセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2012-October/001876.html
  • Ubuntu 12.10・12.04 LTS・11.10・11.04用のアップデータがリリースされています。CVE-2011-4944, CVE-2012-0845, CVE-2012-1150, CVE-2012-2135を修正します。
  • 対処方法:通常の場合,アップデータを適用することで問題を解決できます。
usn-1614-1:Rubyのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2012-October/001874.html
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2012-October/001875.html
  • Ubuntu 12.10・12.04 LTS用のアップデータがリリースされています。CVE-2012-4464, CVE-2012-4466, CVE-2012-4522を修正します。
  • 対処方法:通常の場合,アップデータを適用することで問題を解決できます。

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社創夢所属。システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。

コメント

コメントの記入