Ubuntu Weekly Topics

2013年1月11日号 Ubuntu for phones,Full Circle #68,UWN #297と#298

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3.5 分

2008年のお正月に開始したUbuntu Weekly Topcisも6年目に突入です。同じように毎週連載しているUbuntu Weekly Recipeや,Software Designで連載中のMonthly Reportともども,今後ともよろしくお願いいたします注1)⁠

注1
大人の事情により,ここ数回代打が続いているTopicsですが,来月にはみんな大好き吉田さんに引き続きTopicsを執筆してもらうのでご安心ください。

Ubuntu for phones

既にRecipeでもネタになっているように,スマートフォン向けUbuntu for phonesアナウンスされました注2)⁠

「Ubuntu for phones」は,ARMもしくはx86のスマートフォン上で動作するOSとOSやアプリケーションの開発キット一式の総称となります。インターフェースはUnityをベースに,スマートフォンの画面サイズ向けにカスタマイズしたもののようです。Ubuntu for Phonesの主なソフトウェアはQt5+QMLとHTML5によるもので,アプリケーション募集中,というフェーズにあります。ただし,ユーザーランド部分はPC向けUbuntuを改変したものなので,既存のLinux用ソフトウェア資産をある程度動かせる可能性もゼロではありません注3)⁠

Trailer動画

ただし現在はあくまでデモという形です。実際に製品が発表されたわけではありません。PC用のOSと異なり,スマートフォンの場合はどうしてもメーカーや各国の携帯電話事業者の協力がないと店頭に並ぶことはありません。

ただ,Ubuntu for Androidとは異なり2月後半にはGalaxy Nexus向けのイメージやソースコードが公開されるということなので,個人でも試せるようになる可能性はあります。実際に現在開催中の家電見本市であるInternatinal CESでデモが行われているように注4)⁠Galaxy Nexus上で動作するイメージは存在しており,かなり軽快に動作するようです。

このUbuntu Phoneの登場で,一年と少し前にUbuntuプロジェクトの指導的立ち位置にいるマーク・シャトルワースが発表した「Ubuntu on phones, tablets, TV⁠s and smart screens everywhere」は,ようやく一通りの役者が揃った形になります注5)⁠

注2
年末にトップページで新年早々に大きな発表があると告知されていましたが,そもそもマーク・シャトルワース自身がメーリングリストで,来年はスマートフォン(とタブレット)にもUbuntuをと言っていたので,大方の予想はUbuntu Phone(かそれに類するもの)でした。
注3
現実問題として事業者側でrootを取れないように制約する可能性もありますので,実際にすべてそのまま使えるかどうかは不明です。
注4
そもそもこのタイミングでの発表は,昨年のUbuntu TVと同じく年明け早々に行われるCESで注目を集めるためです。
注5
Ubuntu TVはQt版Unity 2DからUnityへの移植中です。タブレット向けとしてはNexus 7用にUnityやソフトウェアキーボード,スクリーンの回転検知,GPSの対応などの調整が行われています。いずれも13.04か13.10にはそれなりの形になっているでしょう。

動作環境

Ubuntu for phonesの事業者とOEM向けのページでは,必要環境が掲載されています。

スマートフォンスーパーフォン
プロセッサー1GHz Cortex A9クアッドコアA9 or Intel Atom
メモリー512MB - 1GB最低1GB
ストレージ4-8GB eMMC + SD最低32GB eMMC + SD
マルチタッチ必要必要

ここでいう「スーパーフォン」とは「Ubuntu for AndroidのUbuntu版注6)⁠が動作するスマートフォンです。つまり通常はUbuntuスマートフォンとして使いつつ,適切なドックとケーブルとディスプレイとキーボードがあれば,PCレスでもフルデスクトップ版のUbuntuを使えるという仕組みです。

注6
非常にややこしい表記になっていますが,Ubuntu for Androidについては,2012年2月24日の記事を確認してください。また,こちらのインタビュー動画(4分54秒あたりから)を見ると,今年のCESのCanonicalブースでもUbuntu for Androidのデモを行っているようです。

インターフェース

既存のUbuntuがスマートフォン上でどういうインターフェースに変わっているかは,CES会場で撮影された動画などを見るのが一番でしょう注7)⁠

マーク・シャトルワース本人によるデモ

アプリケーションの起動は,通常のUnityと同じLauncherを使います。ただし自動的に隠れているために,画面左端からスワイプインして表示させます。複数のアプリケーションを起動している場合は,画面右端からスワイプインすると,Alt-Tabを押すようにアプリケーションを切り替えることができるのです。

「ホーム画面」はUnityのDashに相当する画面で,よく使うアプリケーションが表示されたり,左右にスワイプすることでVideoレンズなどに切り替えられます。

画面上部にステータスバーが表示されているのはデスクトップ版と同じですし,下方向にフリックすることで詳細が表示されるのはAndroidと同じ動作になります。Ubuntu for phones特有の動作としてフリック中に左右に移動すると,詳細表示する内容を切り替えられるようです。これはデスクトップ版におけるインジケーターを表示中に左右のカーソルキーを押したときの動作に相当します。

注7
YouTubeを「CES Ubuntu Phone」あたりで検索するとたくさんでてきますし,一部はWikiにもリストアップされていますが,マーク本人がGalaxy Nexusもってデモしまくっているようです。ちなみにUbuntu for phonesアナウンス直後のEngadgetのインタビューと比較すると,おっかなびっくり触っていたのが,だいぶ慣れた手つきになっていることがわかります。ここ一週間でパフォーマンス自体もかなりチューンナップしているそうです。

アプリケーションの開発

Google PlayやApp Storeに代表されるように,スマートフォンに新規参入するならアプリケーションストアの充実は欠かせません。Ubuntuの場合,ソフトウェアセンターから数多くのソフトウェアをインストールできるとはいえ,大半はデスクトップやコンソール向け。スマートフォンのような小さな画面では使い辛い,場合によっては使えないというのが実情です。そこでUbuntu for phonesでもアプリケーション開発者の取り込みとエコシステムの構築が肝要になってきます注8)⁠

そんなわけで早速アプリケーション開発者向けの情報が公開されました。Ubuntu Phone向けのGUIツールキットはQt5が採用されていますので,スマートフォンに特化したアプリケーションを作るならQML/Qt5を使うのが一番簡単です。また,Web Appsもサポートしていますので,ウェブアプリを作るのであればHTML5/JavaScriptを使うのも良いでしょう。

QMLを使った開発を行うなら,Qt5のインストールから始めてQt用のIDEであるQt Creatorを使った開発方法まで言及されているチュートリアルが存在します。Ubuntu Phoneに限らずUbuntuでのQML開発者向けのリソースも参考になるでしょう。

HTML5/JavaScriptを使ってウェブアプリを開発したいなら,こちらのチュートリアルを参照してください。

いずれも作成したアプリケーションは,デスクトップ版のUbuntuでも動作を確認することができます。

注8
これは,Ubutnu Developersメーリングリストにマーク・シャトルワースが送った,Going mobile in 2013にて,スマートフォン参入にあたってアプリケーション開発やアプリケーション開発者向けプラットフォーム構築を重要視していることからもわかります。

今後の予定

2月後半には,開発者向けのUbuntu SDKが公開される予定になっています。その際に,Galaxy Nexus用イメージやソースコードも公開されるそうなので,その頃にはUbuntu Phone用のUnityを含めた具体的な形が見えてくるでしょう。

Full Circle Magazine #68

Ubuntuを中心にした月刊Webマガジン,Full Circle Magazineの68号がリリースされています。主な内容は次の通りです。

  • コマンド操作入門:と言いつつ今回はNASの紹介です
  • Python入門:Web APIの利用方法です
  • LibreOffice入門:Baseにおける入力フォームの作成
  • HowTo:eeePC 701に12.10をインストール
  • HowTo:Blenderの使い方の第一回
  • HowTo:Inkscape入門
  • HowTo:Web開発入門

UWN #297と#298

Ubuntu Weekly Newsletter #297#298がリリースされています。

その他のニュース

今週のセキュリティアップデート

usn-1680-1:CUPSのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2012-December/001947.html
  • Ubuntu 12.10・12.04 LTS・11.10・10.04 LTS用のアップデータがリリースされています。
  • AnyWikiDrawとTWikiDrawアクション時に正しく入力チェックを行っていなかったために,ウェブサーバーの権限で任意のファイルを書き換えたり,任意のコードを実行できる問題がありました。
  • 対処方法:通常の場合,アップデータを適用することで問題を解決できます。
usn-1681-1:Firefoxのセキュリティアップデート
usn-1681-2:Thunderbirdのセキュリティアップデート

著者プロフィール

柴田充也(しばたみつや)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社 創夢所属。数年前にLaunchpad上でStellariumの翻訳をしたことがきっかけで,Ubuntuの翻訳にも関わるようになりました。

コメント

コメントの記入