Ubuntu Weekly Recipe

第243回 Hydrogenでドラムパターンを作ってみる

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

今回はドラムマシンソフトウェアであるHydrogenに関するレシピです。

ドラムマシンソフトウェアとは

ドラムマシンソフトウェアとは,ドラムキットやパーカッションなど,打楽器の音声を記録,あるいは再現し,その音声を組み合わせて自動演奏して出力するためのソフトウェアです。

音声の組み合わせパターン,すなわちシーケンスを扱うため本連載の第169回第170回第176回第234回で扱ったようなオーディオ/MIDIシーケンサーの一種と言えますが,メロディーではなくリズムを扱うことに特化している点が特徴です。

Hydrogenとは

Hydrogenはそういったソフトウェアの一種で,オープンソースソフトウェアとして開発されています。プラットフォームとしてWindows,OS X,Linuxをサポートしています。Ubuntuではパッケージがリポジトリから提供されているため,Ubuntuソフトウェアセンターから簡単にインストールできます。

図1 UbuntuソフトウェアセンターのHydrogen

図1 UbuntuソフトウェアセンターのHydrogen

インストールしたらさっそく起動してみましょう。UnityのDashでキーワード「hydrogen」を検索し,起動してください。

図2 Hydrogenのメイン画面

図2 Hydrogenのメイン画面

音声出力の設定

Hydrogenは初回起動時,JACKサウンドサーバーを自動起動してデバイスへの音声出力を任せます注1)⁠JACKサウンドサーバーに慣れているユーザーであれば,あらかじめJACKサウンドサーバーの環境を起動しておいてからHydrogenを起動するのが良いでしょう。

しかしUbuntuの標準のサウンドサーバーはPulseAudioですから,多くのユーザーはその勝手の違いに戸惑うと思います。できればPulseAudioと一緒に使いたいものです。その場合は,⁠Tools」メニューから「プリファレンス」を選択してください。表示された「プリファレンス」ウィンドウのタブ「オーディオシステム」を表示し,プルダウンリストから「PortAudio」を選択します注2)⁠あるいは「ALSA」を選択,⁠デバイス」「default」を入力します注3)⁠これにより,Hydrogenの音声出力がPulseAudioに届きます。

図3 ⁠プリファレンス」ウィンドウのタブ「オーディオシステム」で適切なオーディオドライバーを選択

図3 「プリファレンス」ウィンドウのタブ「オーディオシステム」で適切なオーディオドライバーを選択

この時,デスクトップ右上のスピーカーアイコンから起動できる「サウンドの設定」ウィンドウのタブ「アプリケーション」にHydrogenが表示されれば設定成功です。

図4 タブ「アプリケーション」⁠ALSAでdefaultを選択するか,PortAudioを選択するかに関わらず,このように表示される

図4 タブ「アプリケーション」。ALSAでdefaultを選択するか,PortAudioを選択するかに関わらず,このように表示される

なお,グリッジ音のような雑音が聞こえる場合は,⁠バッファサイズ」をより大きくすることで対応してみてください。

ALSAやJACK,PulseAudioの関係については,本連載の第177回を参考にしてください。

注1
「hydrogen」パッケージをインストールする際,その依存関係によりJACKサウンドサーバーに関係するパッケージ一式がインストールされます。
注2
PortAudioは,音声とMIDIの入出力に関してプラットフォームの違いを吸収し,ソフトウェアの移植を可能にするソフトウェアです。本連載の137回161回で扱ったAudacity,238回241回で扱ったMixxxもまたPortAudioを利用してクロスプラットフォーム対応をしています。
PortAudioと同じ目的のソフトウェアとしてSimple DirectMedia Layer(SDL)があります。こちらは音声やMIDIばかりではなく,映像出力やマウス,ジョイパッドの入力などの違いも吸収するため,ゲームを目的としたソフトウェアのマルチプラットフォーム対応によく利用されています。
注3
音声を出力したいデバイス名をALSAの記法で知っているのであれば,⁠デバイス」に例えば「hw:0,0」のように入力することで,サウンドサーバーを利用することなくALSAのレイヤーからダイレクトにサウンドデバイスに音声出力することができます。この場合は最も効率よくサウンドデバイスに音声出力できる反面,そのサウンドデバイスをHydrogenが専有することとなり,他のソフトウェアからの音声出力をミックスすることができず,他のソフトウェアと併用できないことになります。

著者プロフィール

坂本貴史(さかもとたかし)

Ubuntuのマルチメディア編集環境であるUbuntu Studioのユーザ。主にUbuntu日本コミュニティとUbuntu Studioコミュニティで活動。いつかユーザ同士で合作するのが夢。

コメント

コメントの記入