Ubuntu Weekly Recipe

第365回 10.04から14.04へアップグレードする際に気をつけるべきこと

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

2015年も残すところ300日を切りました。ちゃんと2015年やってますか? 平成との変換はできるようになりましたか? 今年の干支は覚えましたか? 今回は「2015年にやっておくべきこと」として,あなたの傍にまだ残っているかもしれないUbuntu 10.04 LTSをどうにかする方法をご紹介します。

Ubuntu 10.04 LTSとは

Ubuntu 10.04 LTS(コードネーム:Lucid Lynx)約5年前の2010年4月にリリースされたUbuntuとしては3回目のLTS(長期サポート版)です。当時の長期サポート版はデスクトップとサーバーでサポート期限が異なり,デスクトップは3年,サーバーは5年となっていました。このためサーバー版の10.04は2015年の4月までサポートが続いているのです。

言い換えると,2015年4月中には既存の10.04サーバーをすべてより新しいリリースへとアップグレードしなければいけないと言うことでもあります。これまでの慣例からするとEOL(End Of Life)を迎えるのは次の月の上旬,つまり2015年の5月頭なのでもう2ヵ月もありません。

たとえばさくらのVPSがカスタムOSインストールに対応した当初にUbuntuをインストールし,そのままソフトウェアアップデートだけでつないできた環境だと,Ubuntu 10.04 LTSを使い続けているはずです。まだ10.04 LTSを使い続けている方は,他の作業を止めてでも,とっととOSのアップグレードをやってしまいましょう。

ソフトウェアアップグレードか新規インストールか

Ubuntu 10.04 LTSをソフトウェアアップグレードするとなると更新先は1つ先のLTSであるUbuntu 12.04 LTS,もしくは最新のLTSのUbuntu 14.04 LTSとなるでしょう。最近のUbuntuのリリースポリシーを考えると今日まで10.04を使いつづけたサーバーに対して,特別な理由がない限りは通常リリースを使うことはないはずです。

UbuntuはLTSから1つ先のLTSへのソフトウェアアップグレードをサポートしています(LTS-to-LTSアップグレード)⁠つまりUbuntu 10.04 LTSから12.04 LTSへは,コマンド一発でアップグレード可能です注1)⁠その方法についてはUbuntu 12.04 LTS Serverのリリースノートを参照してください。14.04 LTSまで上げたいとなると,一度12.04 LTSに上げてからさらにLTS-to-LTSアップグレードを実施する必要がありますが,手順自体は同じです。

注1)
ただし何も問題なくアップグレードするためには,これまで10.04をインストールしたマシンを真摯にメンテナンスしており,管理者への好感度が充分高いことと,さらにある程度の強運が必要です。

12.04 LTSから14.04 LTSへアップグレードする際の注意点については第337回で紹介しました。原則としてそこに書かれている内容には,10.04からアップグレードする際にも関連するものもありますので,一度目を通しておいてください。記事の「LTSとポイントリリースのおさらい」「LTSからLTSへアップグレードする際にやっておくべきこと」はもちろんのこと,⁠12.04からの大きな変更点」もサーバーの部分はやはり関係してきます。

しかしながら14.04 LTSまで上げてしまおうということであれば,アップグレードではなく新規インストールも有力な選択肢として考慮しておくべきでしょう。5年前と今ではサーバーの運用に関する考え方が大きく変わっています。特にこれまでいろんなサービスを1台のサーバーで運用していた場合,サービスごとにコンテナやクラウドインスタンスへと切り分けつつ,デプロイそのものを各種構成管理ツールで自動化することを考えるチャンスです。

実際に更新する際は,各自の環境や時間,予算,政治的配慮を元にアップグレードか新規インストールかを最初に検討してください。

今,Ubuntu 10.04 LTSを新規にインストールするには

更新にあたってテスト用のUbuntu 10.04 LTSサーバーを用意する必要があるかもしれません。現在Ubuntu 10.04 LTS環境を用意するためのいくつかの方法をここにまとめておきます。

インストールCD

10.04 LTSのインストールCDのイメージは今も公開されています。当時はまだ700MB以下でしたので,通常のCD-Rにも書き込み可能です。

現在公開されているのは,2012年ぐらいまでのアップグレード適用済みのUbuntu 10.04.4 LTSのインストールイメージです。

もし何らかの理由で10.04リリース時から10.04.3までの「過去のポイントリリース」のイメージが必要な場合はold-releases.ubuntu.comで入手できます。

ちなみにAlternateインストールCDは12.10から廃止されています

クラウドイメージ

Ubuntu Cloud Imageのポータルサイトでは,10.04 LTSのイメージも公開しています。このイメージを使えば,かんたんにAmazon EC2上に10.04の環境を構築できます。

LXC

Ubuntu 14.04 LTSであれば,LXCを使ってコンテナの中に10.04 LTS環境を構築できます。カーネルが14.04のそれを使うことになるので厳密に同じになるわけではありませんが,ユーザーランドのテストとしてお手軽に構築・破棄をローカルで実施できるのは便利でしょう。

$ sudo lxc-create -t ubuntu -n lucid-test -- -r lucid

著者プロフィール

柴田充也(しばたみつや)

Ubuntu Japanese Team Member。数年前にLaunchpad上でStellariumの翻訳をしたことがきっかけで,Ubuntuの翻訳にも関わるようになりました。

コメント

コメントの記入