Ubuntu Weekly Recipe

第460回 Ubuntu 16.10でGNOME Flashbackを使用する

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

今回は,本連載で何度か取り上げてきたGNOME Flashbackの使用方法を解説します。

GNOME Flashbackとは

GNOME Flashbackは本連載でも何度か取り上げてきました。第239回第376回第450回第451回などです。しかし,GNOME Flashback自体の使い方を解説したことはありませんでした。

第239回でも紹介しましたが,GNOME FlashbackはGNOME 3に移行した後も残ったGNOME Fallback図1が出自です。メンテナンスされていないという理由でGNOME 3.8で削除されましたが,その後GNOME Flashbackとしてフォークし,現在もメンテナンスされています。

なおGNOMEでは,GNOME Fallbackに代わって現在はGNOME Shellの拡張機能で代替したGNOME Classicが採用されています図2)⁠

図1 Ubuntu 13.04のGNOME Fallback

画像

図2 事情によりUbuntu 16.04 LTSのGNOME Classic

画像

そういう意味ではMATEデスクトップ環境と似ています。GNOME Classicはその名のとおりデスクトップ環境まるごとフォークしています。しかしGNOME Flashbackは,あくまでGNOME Fallbackの部分だけで,UbuntuやUbuntu GNOMEがインストールされているところに追加インストールするのに適しています。また,GNOME Fallbackではウィンドウマネージャを選択でき,3Dアクセラレーションが不要なMetacityを指定できます。ハードウェアリソースがあまり潤沢ではない環境にぴったりです。

インストールとログイン

今回はUbuntu 16.10にインストールします。あらかじめ準備しておいてください。

GNOME Flashbackは[gnome-session-flashback]パッケージで提供されていますので,これをインストールします。コマンドラインで行う場合は次のとおりです。

$ sudo apt install gnome-session-flashback

インストール後にログアウトし,⁠GNOME Flashback (Metacity)]セッションを選択してログインします図3)⁠

図4はログイン直後のデスクトップです。

図3 ⁠GNOME Flashback (Metacity)]セッションを選択する

画像

図4 GNOME Fallbackのログイン直後

画像

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese Teamメンバーで,主として日本語入力関連を担当する。特定非営利活動法人OpenOffice.org日本ユーザー会。LibreOffice日本語チーム。ほか,原稿執筆も少々。

コメント

コメントの記入