現場の即戦力シリーズわかりやすい水処理設計

[表紙]わかりやすい水処理設計

A5判/204ページ

定価(本体2,280円+税)

ISBN 978-4-7741-4703-1

ただいま弊社在庫はございません。

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

書籍の概要

この本の概要

排水処理設備の建設・運転に携わる現場の技術者に向けて,管理・維持しやすい環境づくりのための「技術を伝える」をキーワードに,水処理装置設計のエキスパートが執筆した実用書です。

水処理装置は,一般的には,排水貯留槽,凝集反応槽,沈殿槽または加圧浮上槽,生物処理,高度処理,薬品注入設備,および汚泥処理装置の各単位装置の組み合わせで構成されています。本書では,水処理方式の選択方法から,各槽の設計に必要な計算式の解説,設計のポイントがわかりやすくまとめられています。

水処理設備の設計事例としては,自動車製造工場,鉄鋼,食品加工工場,製油所,電子産業関連工場などが取り上げられています。業界の特徴的な水処理設備が紹介され,それぞれ特有の排水処理フローなどが,図表を使って平易に解説されています。諸計算例として,実際の設備の基本フロー,基本仕様,設計条件などが述べられ,設計計算が具体的に示されています。

こんな方におすすめ

  • 水処理装置の設計者
  • 水処理技術に関連する技術者
  • 排水処理設備の建設・運転に携わる現場の技術者
  • 水処理技術について勉強し知識を深めたいと志す人・研修生・学生

目次

1章 排水処理装置の関係法令

  • 1.1 水質の保全
  • 1.2 排水規制
  • 1.3 下水道法
  • 1.4 設置に関する法令

2章 水処理装置の設計

  • 2.1 処理方式の選択
  • 2.2 水槽(貯留槽)の設計
  • 2.3 凝集反応槽の設計
  • 2.4 凝集槽(緩速攪拌槽)の設計
  • 2.5 沈殿槽の設計
    • 1. 沈降速度と表面積負荷
    • 2. 沈殿槽の種類
    • 3. 沈降理論
  • 2.6 加圧浮上槽の設計
    • 1. 浮上分離槽
    • 2. 設計因子
  • 2.7 ろ過器の設計
    • 1. ろ過の分類
    • 2. ろ過の適用範囲
    • 3. ろ層構成とろ材
    • 4. 支持床
    • 5. ろ材の仕様表示
    • 6. 下部集水装置
    • 7. 重力ろ過器
    • 8. 圧力式下向流ろ過
    • 9. 上向流ろ過器
    • 10. 精密ろ過(MF)
  • 2.8 有害物質の除去装置の設計
    • 1. 重金属処理
    • 2. シアン処理
  • 2.9 有機物除去装置の設計
    • 1. 標準活性汚泥法
    • 2. 二段活性汚泥法
    • 3. 分離膜活性汚泥法
    • 4. 生物膜処理法
  • 2.10 冷却塔の設計
    • 1. 冷却塔の設計のための基本式
    • 2. 計算例(製鉄工場の間接系冷却塔)
  • 2.11 高度処理装置の設計
    • 1. 硝化脱窒法
    • 2. 活性炭処理法
  • 2.12 汚泥処理装置の設計
    • 1. 汚泥の性状と脱水機の選定

3章 設計事例

  • 3.1 自動車製造工場排水の処理
    • 1. 切削クーラント油の種類と排水処理性
    • 2. 切削クーラント油の排水処理法
    • 3. 水溶性切削油の排水処理例
    • 4. 塗装排水処理装置
  • 3.2 鉄鋼水処理設備
    • 1. 原料ヤードの水処理設備
    • 2. コークス工場安水の排水処理
    • 3. 高炉戻水の水処理設備
    • 4. 転炉戻水水処理設備
    • 5. RH戻水処理設備
    • 6. 連続鋳造工場戻水処理設備
    • 7. 熱間圧延戻水処理
    • 8. 冷間圧延工場の戻水処理
  • 3.3 食品加工工場の排水処理
    • 1. ビール製造工場排水処理
    • 2. 飲料排水処理
  • 3.4 製油所排水処理
  • 3.5 電子産業関連排水処理
    • 1. 半導体製造排水の特徴
    • 2. フッ素,りん系排水処理
    • 3. TMAH排水処理
    • 4. DMSO排水処理

4章 諸計算例

  • 4.1 段活性汚泥法の計算例
    • 1. 基本フロー
    • 2. 各槽,各処理設備の基本仕様
  • 4.2 小規模食品加工工場排水処理
    • 1, 基本フロー
    • 2. 各槽,各処理設備の基本仕様
  • 4.3 充填材浮遊法の設計例
    • 1. 基本フロー
    • 2. 曝気槽の基本仕様
  • 4.4 半導体工場排水の硝化脱窒処理
    • 1. 基本フロー
    • 2. 各槽の設計条件-
  • 4.5 含油排水の処理
    • 1. 基本フロー
    • 2. 原水貯槽および原水移送ポンプの設計計算
    • 3. 凝集槽および加圧浮上槽の設計計算
    • 4. 生物処理
    • 5. ろ過原水槽とろ過ポンプおよびろ過器
    • 6. 汚泥脱水設備
    • 7. 薬品注入設備
  • 4.6 飲料工場排水処理
    • 1. 処理システムの構想と条件
    • 2. 嫌気処理の設計計算
    • 3. 好気処理の設計計算
    • 4. 発生ガス処理設備
    • 5. 汚泥処理の設計
    • 6. 薬品注入設備の設計

著者プロフィール

吉村二三隆(よしむらふみたか)

1945年長崎県生まれ。1969年鹿児島大学卒業。同年栗田工業(株)に入社。以来,排水処理設計部門に所属し,加圧浮上装置,連続活性炭装置,嫌気処理装置などの開発に従事。1999年より技術伝承グループのリーダーとして,社内のもの作り,知的技術のまとめと教育・研修を推進している。