えっ? 読者100人で月収100万円! メルマガのあたらしい稼ぎ方

[表紙]えっ? 読者100人で月収100万円! メルマガのあたらしい稼ぎ方

四六判/272ページ

定価(本体1,480円+税)

ISBN 978-4-7741-8961-1

電子版

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

書籍の概要

この本の概要

従来,メルマガで行う集客,販促といえば,膨大な数の読者を獲得し,見込み客リストを充実させることが推奨されてきました。しかし,多くの個人事業主や小さな会社にとって,多数の読者の獲得にコストや労力はかけられません。本書は,こうした悩みを抱える読者のために,少ない読者から効率的に顧客を獲得し,無理なく販促活動につなげる方法を伝授します。ポイントは,読者との信頼関係を築くこと。1対1の関係から,個別メール,オファー,成約へと結び付けていきます。少ない読者で最大の利益を得る,あたらしいメルマガの稼ぎ方を,いますぐ学んでみてください!

こんな方におすすめ

  • メルマガで集客し,サービスや商品を販売したい方

目次

第1章 メルマガのあたらしい考え方を知ろう

  • 01 なぜ今,メルマガなのか?
  • 02 メルマガの特徴を正しく理解しよう
  • 03 読者は100人いれば十分ビジネスになる
  • 04 メルマガは関係構築ツールである
  • 05 メルマガを出す目的をはっきりさせる
  • 06 個別メールの機能を使いこなす
  • 07 読者との距離感でメールの内容を変える
  • 08 本書の構成を知っておこう

第2章 メルマガ発行の準備をしよう

  • 01 自分に必要なメルマガの機能を決める
  • 02 メルマガ配信スタンドを選択する
  • 03 メルマガの名称・プロフィールを決める
  • 04 メルマガの配信内容を決める
  • 05 申し込みフォームの内容を作成する
  • 06 登録ありがとうメールを作成する
  • 07 ステップメールを作成する
  • 08 創刊日・配信曜日を決める

第3章 メルマガ読者を集めよう

  • 01 メルマガ紹介ページを作成する
  • 02 イメージに合わせてヘッダー画像を作る
  • 03 メルマガ登録の入り口は複数用意する
  • 04 読者のメリットを7個書く
  • 05 感情→行動(登録)という流れを意識する
  • 06 ブログでメルマガに集客する
  • 07 ブログの読者をイメージする
  • 08 ブログで専門性を演出する
  • 09 ブログは同じテーマで複数作成する
  • 10 ブログでBefore/Afterをうたう
  • 11 ブログで幸せ感を演出する
  • 12 ブログの顔写真で信頼性をアップする
  • 13 ブログの「もっと詳しく」から集客する
  • 14 ブログにメルマガ紹介の画像を貼る
  • 15 フェイスブックでメルマガに集客する
  • 16 フェイスブックのコメント欄で告知する
  • 17 フェイスブックでは自分で撮った写真を使う
  • 18 フェイスブックの投稿は最初の4行が大切
  • 19 フェイスブックの投稿は共感性を重視する

第4章 メルマガのコンテンツを作ろう

  • 01 メルマガのコンテンツを作る上での注意点
  • 02 メルマガは3つの要素で構成する
  • 03 タイトルの工夫① 数字を使う
  • 04 タイトルの工夫② How Toにする
  • 05 タイトルの工夫③ 希少価値を出す
  • 06 タイトルの工夫④ 質問形にする
  • 07 タイトルの工夫⑤ ターゲットが使う言葉を入れる
  • 08 タイトルの工夫⑥ 特定の人に向けた内容にする
  • 09 タイトルの工夫⑦ 心に残るフレーズを利用する
  • 10 タイトルの工夫⑧ 受け手の心を動かす大胆な提案をする
  • 11 タイトルの工夫⑨ 心の声をストレートに表現する
  • 12 タイトルの工夫⑩ ターゲットの悩みに絞る
  • 13 タイトルの工夫⑪ 普段は使わない言葉をあえて使う
  • 14 タイトルの工夫⑫ 専門用語と定番の用語を組み合わせる
  • 15 タイトルの工夫⑬ 「今だけ」を付加する
  • 16 記事を書く工夫① 連想ゲームでネタを作る
  • 17 記事を書く工夫② 文章はWHAT・WHY・HOWで書く
  • 18 記事を書く工夫③ 文章は話し言葉で書く
  • 19 記事を書く工夫④ スマホを意識して改行を多くする
  • 20 記事を書く工夫⑤ 柔かい表現には顔文字が便利

第5章 メルマガ読者と信頼関係を構築しよう

  • 01 信頼関係がなければビジネスは失敗する
  • 02 信頼関係>コンテンツの法則を知る
  • 03 これからのメルマガは個別化が重要
  • 04 自己開示はできるだけ多く行う
  • 05 与えることに躊躇しない
  • 06 情報の信頼性はあなたの経験が重要
  • 07 信頼関係は3回目から作られる
  • 08 個別メール・あとがきで人間性を見せていく
  • 09 問い合わせ・質問に対する返信方法
  • 10 アンケートの回答者に個別メールを送る
  • 11 登録一ヶ月の「ありがとうメール」を送る
  • 12 「誕生日おめでとう!」メールを送る
  • 13 読者に質問する
  • 14 無料相談を気軽に受ける
  • 15 感想を送ってもらう
  • 16 無料冊子を配る
  • 17 読者の価値観でメルマガの内容を変える
  • 18 読者との関係性でメルマガの内容を変える
  • 19 「お得意様」には送る情報を変える
  • 20 より専門的・実践的な内容にする

第6章 メルマガ読者にオファーを掛けよう

  • 01 オファーの内容を考える
  • 02 オファーをする意味を考えておく
  • 03 なぜ契約を行うのか?を考えておく
  • 04 「ほしい」と思った時がオファーのタイミング
  • 05 メルマガ登録時の「やる気」を活用する
  • 06 プレゼントを送ってオファーへと導く
  • 07 プレゼント送付時は返信を促す一言を添える
  • 08 プレゼント発送後4日間で活用方法を教える
  • 09 プレゼント発送後5日目以降にオファーする
  • 10 プレゼント発送後に無料相談を受ける
  • 11 専用ホームページからバックエンドを販売する
  • 12 個別メールの相手に直接オファーする
  • 13 誰にも言えない話が出てきたらオファーする
  • 14 問題解決のためのオファーを行う
  • 15 他のクライアントを例に出してオファーする
  • 16 特別感を刺激してオファーする
  • 17 個別のやり取りの中で間接オファーする
  • 18 間接オファーでは必ず事例を出す
  • 19 オファー前の途中経過を出す
  • 20 限定感を演出してオファーする

第7章 メルマガ+αで稼いでいこう

  • 01 メルマガを使ったイベント開催の考え方
  • 02 イベント開催の理由を設定する
  • 03 参加者の学ぶ意欲を高めておく
  • 04 イベントの4つの限定を考える
  • 05 メルマガでイベントを告知する
  • 06 申込者にはすぐに個別メールを送る
  • 07 イベント期間中も個別メールを送る
  • 08 最終2日目からオファーを行う
  • 09 オファーの申込者に個別メールを送る
  • 10 申し込んでいない方にもフォローメールを送る
  • 11 メルマガで小冊子を販売する
  • 12 小冊子の作成前にメルマガで告知する
  • 13 購入申込者に「ありがとう」メールを送る
  • 14 購入申込者に状況確認メールを送る
  • 15 作成終了後に小冊子を発送する
  • 16 オフラインイベントを開催する
  • 17 オフラインイベントの詳細を決める
  • 18 メルマガでオフラインイベントを告知する
  • 19 参加者に「ありがとう」メールを送る
  • 20 実施日までに何度もメールを送る
  • 21 イベントの前日・当日に確認メールを送る
  • 22 イベント実施後感謝のメールを送る
  • 23 サービス・商品の単価アップを行う
  • 24 サービス・商品を組み合わせる
  • 25 認定講座を作成する
  • 26 常に3年計画を立てて行動をする癖をつける