新刊ピックアップ

Webサイト構築にかかる費用

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

ビジネスに必須のWebサイト

インターネットが普及した現在,何かビジネスを始めるとなったら,Webサイト(会社のホームページ)は必須といえます。ネットショップのようにWebサイトがなければ何も始まらない業種は言わずもがなですが,直接Webサイトを使って商業活動を行わない場合でも,会社や業務の案内や簡単なPRを掲載するWebサイトを設けることは,ビジネスチャンスの拡大に繋がります。

街の飲食店でも,それまでは周辺に住む人たちしか知らない存在であったものが,Webサイトを設けたりグルメサイトに登録することで,不特定多数の人の目に触れることになります。つまり,商圏が広がったわけです。

意外と費用がかかるWebサイト構築

ところが,効果のみに注目してWebサイトを作ってみたものの,その構築や維持に意外と費用やコストがかかることに気が付き,驚くことがあります。

ちなみに,ブログやTwitterにセールス情報や会社に親しんでもらうための日記のようなコメントを流すのはほぼ無料でできます。ただし,ブログやTwitterは本体のWebサイトと連携してビジネスチャンスを広げるツールで,通常は本体のWebサイトも必要になります。

Webサイトの種類はピンからキリまであり,一概に「○万円かかる」とは決められないのですが,もっとも費用がかかるであろうネットショップを例に,Webサイトの構築にかかる費用を見てみましょう。

立ち上げ時にかかる費用

Webサイトを立ち上げる場合,一般には表1のような費用がかかります。⁠サーバー」はWebサイトを構築するWebサーバー。自前で用意することもできますが,サーバーの立ち上げやその後の管理をする人間が必要になります。⁠ドメイン」はホームページのURLの利用費です。⁠Webサイト作成」費用は,サイトの規模によって大きく異なります。外部のWebデザイナーなどに依頼すると,「トップページ○万円,サブページ1ページにつき○円」のように請求されます。少し凝ったイラストやアニメーションを入れようと思うと,個別に費用が派生します。ネットショップであれば,決済システムも必要になります。

一方,いちいち自前でWebサイトを用意しなくても,物販なら楽天市場などのショッピングモールを利用するという手もあります。ところが,ショッピングモールへの出店も意外と費用がかかります。楽天市場であれば初期に約3万円,月額で2万円程度の費用がかかります。また,売上に対して3.5%程度のロイヤリティもかかります。

表1 立ち上げ時にかかる費用

項目費用
サーバーレンタルサーバーであれば月々200円前後~
ドメイン維持「.co.jp」などで年間3,180円
Webサイト作成ショッピングサイトの場合初期費用50万円程度

構築後やその他にかかる費用

Webサイトにかかる費用はこれだけではありません。作りっぱなしでは誰も訪れくれませんから,バナー広告などの広告費用,検索サイトで上位表示されるようにWebサイトを最適化するSEO対策費用(外注した場合)もかかります。

内容も当初のままで変化がなくては,せっかく訪れた人にもすぐ飽きられてしまいますから,定期的に更新する必要もあります。Webサイトの更新は,大掛かりなものでなければ自前ですることもできますが,その担当者が更新に費やす時間もコストとして見るとバカになりません。

このようにWebサイトの構築には様々な費用が派生しますが,前述のようにかかる費用はピンキリです。重要なのは効果に見合った費用を計ることなのです。

コメント

コメントの記入