新刊ピックアップ

CMSの代表格「WordPress」の魅力とは?

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

オープンソースのCMS(コンテンツ・マネージメント・システム)であるWordPress。登場から早7年が経ち,いまやCMSの代表的存在へと進化をとげました。よほど特殊なサイトや大規模なサイトでなければ,ほぼすべてのサイトがWordPressの守備範囲とすらいえるかもしれません。

WordPressの魅力のひとつは,柔軟で豊富な「テーマファイル」です。テーマファイルとは,サイトの見た目を作るもの。世界中のWordPressユーザーが多くのテーマファイルを作り,公開しています。シンプルなサイトならば好きなテーマファイルを選び,ちょっとカスタマイズを加えればできあがってしまいます。さらに,それでは満足できなければ,いちからオリジナルのテーマを作ることもできます。

付属のテーマに少し手を入れて,シンプルなブログ

付属のテーマに少し手を入れて,シンプルなブログ

いちからテーマを作成して,高機能で美しいフォトギャラリー

いちからテーマを作成して,高機能で美しいフォトギャラリー

WordPressのもうひとつの魅力は,プログラミングを行なえば,どこまでも自分なりにカスタマイズできることです。また,このときに使うプログラミング言語が,Web制作の現場ではおなじみのPHPだというのも心強い点です。

PHPでカスタマイズして,使いやすくて高機能なショップサイト

PHPでカスタマイズして,使いやすくて高機能なショップサイト

ここまで「テーマのカスタマイズ」⁠⁠テーマの作成」⁠⁠プログラミングによるカスタマイズ」と順に紹介しましたが,後者に進むほど高度なことができる一方,難易度も上がります。もしWordPressをマスターしたければ,この順番で取り組むとよいでしょう。そして,まさにその順番で解説した入門書として,ここでは『WebデザイナーのためのWordPress 入門 3.x対応』を推薦させていただければと思います。

図版はいずれも『WebデザイナーのためのWordPress 入門 3.x対応』の作例から

コメント

コメントの記入