新刊ピックアップ

iPhoneでハイレゾ音源を楽しむために必要なもの

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

ハイレゾ=大容量

音楽を聴くなら,なるべく高音質で楽しみたいというのは,誰しも思うことでしょう。しかし,デジタルの音楽データの場合,基本的には高音質になるほど,容量は大きくなります。

たとえば,音楽ストリーミングサービスなどで使われているMP3形式の音楽ファイルは,5分程度の曲で10MB程度の容量になります。一方,音楽CDの音楽データの形式であるWAV形式の場合は,同じ曲でも約50MBぐらいになります。

音楽データの音質を決める大きな要素は,音声をデータ化する際のサンプリング周波数とビットレートです。単純にいえば,サンプリング周波数は時間軸をどれだけ細かく区切っているのか,ビットレートは音量をどれだけ細かく区切っているのかという数字です。同じファイル形式であれば,理論上,この数字が大きい方が音質が良くなります。音楽CDの曲データは,サンプリング周波数が44.1kHz,ビットレートは16bit(2の16乗)のデータと決められています。

そして,この音楽CDのデータよりも高音質ということで注目されているのが「ハイレゾ」と呼ばれる,音楽データです。

ハイレゾはハイ・レゾリューション(高精細)の略で,広義ではCDの音楽データより高いサンプリング周波数とビットレートの音楽データのことですが,最近は一般社団法人日本オーディオ協会がハイレゾロゴマークを表示できる製品の規格として定めた「96kHz/24bit以上のWAVもしくはFLAC形式のデータ」をハイレゾの指標とするのが一般的です。

そのため,ハイレゾのデータはCDのデータよりも3倍ほど容量が大きくなります。CDデータはMP3の5倍程度の容量ですから,ハイレゾデータはMP3の15倍程度の容量になります。

10数曲入ったアルバム全体の場合,MP3なら100MB程度ですが,ハイレゾデータだと1.5GBぐらいになります。

画像

画像

ハイレゾ音源を楽しむにはパソコンが必須

iPhoneといった,モバイル機器でハイレゾ音源を利用する場合,このデータ容量が問題になってきます。

iPhone 7には最大256GBの容量のモデルがあり,これならハイレゾ音源のアルバムを100枚(150GB程度)入れてもまだ100GBほどの空きがあります。ただ,256GBのモデルは高価ですから,128GBのモデルや32GBのモデルを使っている人の方が多いでしょう。また,写真や動画など音楽データ以外のファイルも入っているでしょうから,容量をハイレゾ音源だけに使うわけにはいきません。

そうすると,ハイレゾ音源はより容量の大きいハードディスクを搭載したパソコンに保存しておき,そのとき聴きたい曲やアルバムをその都度iPhoneに入れて楽しむことになります。

また,ハイレゾ音源の入手はハイレゾ音源配信サイトからダウンロードして購入するのが一般的です。ただし,多くの配信サイトはダウンロード回数や期間に制限があります。Wi-FIを利用してiPhoneに直接ダウンロードすることはできますが,データが消失したときのために,パソコンにバックアップがあった方が安心です。

つまり,iPhoneでハイレゾ音源を楽しもうという場合は,パソコンが必須になるというわけです。

コメント

コメントの記入