新春特別企画

クローズドとアーカイブに注目――2013年のソーシャルネットコミュニケーション

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

ソーシャルネット上のコミュニケーションはどうなる?

2012年,日本で,世界でソーシャルネットワーク(以降ソーシャルネット)の利用がますます盛んになりました。また,年末年始もたくさんの方たちがFacebookで,Twitterで,mixiで,その他たくさんのソーシャルネット上にポストをし,コミュニケーションを取っていましたね。ここでは,2013年のソーシャルネット上のコミュニケーションについて展望してみます。

なお,技術的観点・利用シーンから観たソーシャルネット,ソーシャルWebの展望については,田中洋一郎(よういちろう)さんが2013年のソーシャルWebで取り上げていますので,そちらもぜひご覧ください。

2012年はLINE旋風が吹き荒れる

さて,2012年,ネット上のコミュニケーションにおいて最も注目を集めたのは,NHN Japan株式会社が提供するコミュニケーションサービスLINEでしょう。LINEは,無料通話・無料メールという機能を有するメッセージングツールで,2012年12月頭の段階で全世界で8,000万人,ここ日本でも3,600万人の登録ユーザ数を数える,一大サービスとなりました。

LINEの特徴は,通話でも文字メールでもなく,なんといってもユニークなスタンプによるコミュニケーションです。コニー・ブラウン・ブラウン・ジェームスという独自のキャラクターを生み出し,それぞれのキャラクターの持つ特徴が,意思表示手段として多くのユーザに受け入れられました。その後,既存の漫画キャラクターやアニメキャラクター,企業マスコットのスタンプが登場し,勢いが止まることはありません。

少し余談ですが,LINEがFacebookやTwitter,mixiと比較される記事を見かけることがあるのですが,LINEそのものはメールと同じ1対1あるいは1対N(特定・不特定多数)によるメッセージングツールであり,私はLINEをソーシャルネットとは考えていません(どちらかというと,LINEから派生したLINE GAMEやLINEタイムラインがソーシャルネットと考えます)⁠それでも,LINE上で行われるコミュニケーションは,ネットコミュニケーションに新しい世界観を生み出したことに間違いはありません。

ここで,LINEのコミュニケーションを見てみると,昨年の2012年のソーシャルネットコミュニケーションで書いた2011年の3つの特徴のうち,ノンバーバルライトの2つをさらに強くしたものだと感じています。とくに,スタンプだけでやり取りする感覚は,まさに非言語コミュニケーション(ノンバーバル)で,また,スマートフォン上の利用であればワンタップでやり取り可能な手軽さ(ライト)が,直感的な部分を強調していると捉えています。

加えて,閉じた空間(クローズド)でのコミュニケーションになっているという点がLINEの特徴と言えます。

クローズド,制限のあるコミュニケーションスタイルへ

さて,前置きとしてLINEの紹介が長くなりましたが,LINEに慣れたユーザにとっては,⁠ノンバーバル」⁠ライト」⁠そこに加えて「クローズド」な感覚が浸透していくように思います。これは,メッセージングツールだけの話ではなく,ソーシャルネット上でもさらに一般化していくと予想します。

Facebookでは投稿内容や参加グループ,参加イベントなどの公開範囲を制限することができますし,Twitterでは鍵付きツイートをすることができます。mixiであればコミュニティ内でのコミュニケーションにより,クローズドな世界を作り出せます。これらの機能はいずれのサービスでも早い段階から有していた機能であり,多くのユーザが利用していましたが,LINEでのコミュニケーションに慣れたユーザが増えることで,2013年は公開範囲を自分なりにカスタマイズしていく,パーソナルクローズドで楽しむソーシャルネットユーザはますます増えていくのではないでしょうか。

一方で,LINEの感覚に慣れたユーザが,限定公開あるいは完全非公開のつもりでソーシャルネット上でやりとりしてしまった結果,予想外のコミュニケーショントラブルが増えるかもしれません。

ちなみに,同じく昨年の記事で紹介したPathは,つながり人数の制限(2012年12月時点で150人まで)という,クローズドを意識したソーシャルネットで,私の周りでは他のツールと併用するユーザが増えてきています。引き続き,今後の動向に注目したいです。

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

コメント

コメントの記入