新春特別企画

LibreOffice/Apache OpenOfficeの2013年の推移と2014年の展望

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

新年あけましておめでとうございます。毎年恒例になりつつあるLibreOffice(以下LibO)とApache OpenOffice(以下AOO)の2013年のまとめと,2014年の展望を寄稿させてていただきます編注)⁠

LibOのニュースはともかくAOOのニュースはあまり目にする機会がないため,年に一度の貴重な情報源になっていると信じています。事前に昨年の新春特別企画をお読みいただけると,より理解が深まるかと思います。

ご注意

本稿で記述している日付はJSTであったりUTCであったり,はたまたほかのタイムゾーンであったりするため,最大で1日程度の差があることをご了承ください。また多数リンクがありますが,中にはご覧になっている時点でリンク切れのものもあるかもしれません。しかし,こちらもあらかじめご了承ください。そのほか,行き交うメールの量が膨大すぎて全部に目を通せないため,見落としているものもあるかもしれません。何かお気づきの点があればコメントいただけますと幸いです。

編注

あわしろいくやさんには,Ubuntu Weekly Recipeの新春特別企画としてLinuxデスクトップの2014年という記事も寄稿いただいております。ぜひこちらもご覧ください。

2013年のLibreOffice

まずは,LibOの2013年を振り返ってみます。

2013年のリリース

昨年のLibreOfficeのリリースを次の表にまとめました。あくまでリリース版だけであり,ベータ版やRelease Candidate(リリース候補版)は除いています。

リリース日 バージョン
1月30日 3.6.5
2月7日 4.0.0
3月6日 4.0.1
4月4日 4.0.2
4月11日 3.6.6
5月9日 4.0.3
6月19日 4.0.4
7月18日 3.6.7
7月25日 4.1.0
8月22日 4.0.5
8月29日 4.1.1
10月4日 4.1.2
10月24日 4.0.6
11月1日 4.1.3
12月19日 4.1.4

15回リリースされたのは昨年と同じです。当初予定していなかった3.6.7がリリースされるなど,3.6系列の人気が伺えますが,3.6系列も4.0系列もすでにサポートは終了しています。

SUSEのLibreOffice開発チームがCollaboraに移籍

SUSEはThe Document Foundation(以下TDF)の発足当時からLibOのフルタイム開発者を雇用し,サポートサービスを展開していましたが,これを英Collaboraに移管すると発表しました。これが昨年一番驚いたニュースです。LibreOffice Certified Developersのページを見ても,吉田浩平さんを始め主たる開発者がCollaboraに移籍しています。SUSEに残っている人もいますが,業務としての開発はできなくなったそうです。

CollaboraはWebサイトを見ると,オープンソースのデスクトップアプリケーションやフレームワークなどのサポートを主とする企業のようです。SUSEがLinuxディストリビューターであることを考えると,LibOのサポートにはCollaboraのほうがよりふさわしい企業のように思いますが,SUSEのLibO事業(その前身はOpenOffice.org(以下OOo)事業)はXimianが始めたものであり,NovellがXimianを買収し,さらにAttachmateがNovellを買収し……などの経緯注1を考えると一抹の寂しさもありますし,そうなるのもむべなるかなという感じもします。

注1
現在のLibOの開発者用メーリングリストはlibreoffice@lists.freedesktop.orgですが,openoffice@lists.ximian.com→dev@lists.go-oo.org→ooo-build@lists.freedesktop.org→libreoffice@lists.freedesktop.orgと変遷しています。ついでに筆者はこれらのメールを「ximian」というフォルダーに分類しています。

Advisory Boardの増加

Advisory Boardは,端的にいえばTDFのスポンサーです。必ずしも企業ばかりではないので団体という単位を使いますが,2011年には6団体,2012年は8団体だったのが2013年には14団体と,これまでにない増加を見せています。新たに加入したのは次の団体です。

リンク先はプレスリリースの和訳ですが,CollaboraはTDFからプレスリリース配信がなかったようです。Collaboraはもちろんのこと,CloudOnもかなり積極的に開発を行っています注2)⁠

注2
しかもなかなか興味深い開発を行っているように見えますが,筆者はiOSの開発のことはよくわからないのでなんともいえません.。

移行のホワイトペーパー

TDFが移行のホワイトペーパーをリリースしましたリリースの和訳)⁠ホワイトペーパー自体も和訳されています。大規模導入を考える際にはぜひともご一読いただきたいですが,今のところ日本にはレベル3サポート注3を提供する企業がないのがネックです。

注3
ホワイトペーパーで言及されていますが,要するにソースコードレベルでサポートすることです。

日本人開発者の活躍

今年は例年にも増して日本人開発者の活躍を目にしました。Collaboraの吉田さんはもちろんのこと,IME関連の不具合を修正した湯川さん日付に関する不具合を修正した茂木さんWindowsでの鬱陶しいビルドエラーを修正した八木さんなど数名です。LibreOfficeの開発がやりやすいことの証左でありますし,あとに続く人が出てきてくれればと願います。

LibreOffice Japan mini Conference開催

昨年告知した,⁠LibreOffice Japan mini Conference⁠が2月23日に無事開催されました。今となってはずいぶん前のことですが,Wikiで発表資料や動画を見ることができます。

このイベントの模様はITproの主役はユーザーの皆さん,誰でも企画でき参加できます - LibreOffice日本語チームで見られます。こちらの記事にも目を通してみてください注4)⁠

注4
この写真を撮影し,記事を編集した日経BPの高橋信頼さんが昨年12月26日に亡くなられました。謹んで哀悼の意を表します。

翻訳の権限の変更

LibOの翻訳はPootleで行っています。Pootleはユーザー管理が可能であり,その機能を利用して翻訳者に権限を付与するという仕組みになっています。これまでは権限がある人しか翻訳できませんでしたが,権限がなくてもユーザーアカウントさえ作成すれば誰でも提案できるようになり,権限がある人がそれをチェックして反映するように変更しました注5)⁠これでカジュアルな翻訳者が増加することを狙いましたが,今のところは功を奏したいえるレベルにはなっていません。

注5
ちなみに筆者の手によって行われました。

2013年のApache OpenOffice

次に,AOOの2013年について振り返ってみます。

2013年のダウンロード数

AOOは以前からダウンロード数を公表していましたが,今年からはより積極的に公表するようになりました。2013年のダウンロード数は次のとおりです。

日付 ダウンロード数
2月1日 3,500万
3月4日 4,000万
5月14日 5,000万
6月23日 5,500万
8月7日 6,000万
10月5日 7,000万
10月30日 7,500万
11月27日 8,000万

あくまでダウンロード数は「のべ」であり,ユニークユーザー数ではありません。また,Download Statsでより詳細なダウンロード数を見ることができます。

2013年のリリース

AOOのリリースは穏やかなもので,1月30日に3.4.1の言語を追加してリリースした注6のと,7月23日に4.0.0,10月1日に4.0.1をリリースしたのみです。AOO 4.0についてはUbuntu Weekly Recipeの第283回でも紹介しています。サイドバーのことなどはこちらをご覧ください。

注6
ソースコードの変更はありません。

OSBAのミーティングで話し合われたApache OpenOfficeとLibreOfficeのエピソード

昨年の記事「公的機関の資金提供によるOOXMLのサポート強化」の項で,⁠仕様書を読むとライセンスはAL2(Apache License 2.0)にすることが明言されているため,AOOでも取り込めるはずですが,確認した限りでは今のところ取り込まれた形跡はありませんでした」と述べていましたが,これについて進展がみられました。

10月末に,AOO関係者とLibO関係者とOSBA(Open Source Business Allience)関係者が集まって話し合いが持たれました。その話し合いの内容は大きく次の2つに分類できます。

  1. プロジェクトは成功して幕を閉じ,今後も継続すること
  2. AOOとLibOでのコラボレーションを模索すること

1.はいいとして,2.ではかなり踏み込んだ発言もありました。まず,パッチを取り込むにはライセンスが適合しているだけではダメで,実際に作業する人が仕事としてやるべきだという主張です。確かにLibO側での作業は仕事として行っているため,AOOのほうで何もないのは不公平ではないかといわれるとそのとおりです。

とはいいつつも現在AOOでも別ブランチを作成して開発されたパッチを統合中で,全部とはいかないでしょうが多くのパッチが取り込まれるべく作業中です。そればかりか,LibOのソースをMPLとしてAOOに持っていったらどうだろうという案まで出ていました。さすがにこれは無理という結論のようですが。

よって,この話し合いでおおむねこれまでどおりAOOのコードをLibOに持っていくことはできるものの,その逆は無理という合意ができたように思います。結局のところはライセンスの問題なのでどうしようもなさそうです。

移行事例

AOOへの移行事例というのはあまり耳にしないのですが,イタリアのエミリア=ロマーニャ州がAOOに移行したそうです。3,200台分のプロプライエタリなオフィススイートの購入代金200万ユーロを節約できたとのことです。

サポート期間

AOOのサポート期間は明示されていません。OOoでもおおむねそのようになっており注7)⁠Information about releases that have reached "End-Of-Life" statusのページ昨年の7月30日まで更新されておらずOOo 3.3.0がサポート扱いでした。

結果的にLibOよりもAOOのほうがサポート期間が長いことになっていますが,このように事前の予告もなく終了するのは少々困りそうではないでしょうか注8)⁠

注7
すみません,詳しいことは忘れてしまいました。
注8
もちろんOracleが取り組まなくなった時点で自明ではありましたが,その後もパッチのリリースはありました。

IBMがApache OpenOfficeをサポート開始

公約どおりIBMがAOOのサポートを開始しました。⁠Apache OpenOffice 4.0 the IBM Edition⁠のリリースはやめたようで,AOOのオフィシャルバイナリがサポート対象です。日本語のページも用意されており,日本でもサポートが受けられるのかもしれません。

日本のWebサイト

日本のAOOのWebサイトが更新されておらず,手助け募集のメールが流れていました。8月のことですが,いまだに更新された形跡がなので,どなたか手助けしてみてはいかがでしょうか注9)⁠このメールでも言及されているとおり,日本からのAOOのダウンロード数は5位という重要なポジションにありますが,手を動かす人がほとんどいないというのが現状です。

注9
詳細を筆者に質問されても困りますが。

新たな開発者の誕生

12月28日に,日本人として唯一と言ってもいい現時点で活発なAOOの開発者/翻訳者であるTsutomu Uchino(hanya)さんが,The Project Management Committee(PMC)のメンバーになりました。これによって(ほかにもいろいろありますが)Subversionのリポジトリに直接コミットする権限が与えられたことになります。

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese Teamメンバーで,主として日本語入力関連を担当する。特定非営利活動法人OpenOffice.org日本ユーザー会。LibreOffice日本語チーム。ほか,原稿執筆も少々。

コメント

コメントの記入