News Hot Line

Adobe,FlashとPDFテクノロジを利用した新プラットフォーム「Apollo」をプレビュー

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

アドビ システムズ株式会社は,同社の2007年事業戦略説明会において,現在開発している新プラットフォーム「Apollo」のプレビューを行った。

Apolloは,現在同社が新しいプラットフォームとして提案し開発している技術で,Windows/Mac OS X/Linuxの複数OS上で稼働するデスクトップアプリケーション実行環境。

HTMLやAjaxなどの技術の他,同社のFlash/PDFなど,各種Webインターフェース技術を,1つの環境で実行できるもので,Flex BuilderやDreamweaverなどで開発ができる。現在は,Adobe Labs内で開発が進められている。

開発に至った経緯として,同社プロダクト&セールスエンジニアリング部プロダクトスペシャリストの太田禎一氏は「昨今のデスクトップ上でのリッチアプリケーション(Vista Sidebar Gadget,Yahoo! Widget,Mac OS X Dashboard)の先にある解としてAdobeが提案するもの。脱ブラウザを意識した,デスクトップ上でのインターネットアプリケーションを実現し,豊かなユーザエクスペリエンスを実現したい」とコメントした。

これによりWebブラウザによる制約をなくし,デザイナーの創造性を100%引き出し,さらに,Webアプリケーション開発者との統合的な開発を実現することを目指している。

詳細については,Adobe Labs内のApolloの紹介ページを参照。

開発中のApolloデモ(Adobe Labsより引用)

開発中のApolloデモ(Adobe Labsより引用)

アドビ システムズ株式会社
URLhttp://www.adobe.com/jp/

コメント

コメントの記入