海外PyCon発表修行レポート2015

第5回 PyCon Malaysia 2015参加レポートとSphinx発表

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

清水川です。

各国のPyConを巡って,スピーカーとして発表する修行,今回は4ヵ国目となるマレーシアです。

2015年8月21日(金)~23日(日)にかけて,マレーシアのクアラルンプールでPyCon.MY 2015が行われました。

PyCon.MYは今年初めて開催されるマレーシアのPyConです。昨年はMini PyConとして,マレーシアでどのくらいの人がPyConに参加してくれるのか,運営できるのか,といったことを知るためのお試しバージョンを開催していました。昨年の参加者が70名,今回の参加者が約110名ということで参加者数も増え,カンファレンスとしても大成功だったと感じられました。

筆者はこのカンファレンスでSphinxの翻訳支援(i18n)機能についてと,Sphinxのautodoc機能について紹介する2つの発表を行ってきました。

参考リンク:

クアラルンプールってどんなところ?

東京からマレーシアのクアラルンプール国際空港までは直行便で7.5時間,時差は1時間です。筆者は羽田発23:45の飛行機に乗り,朝6時過ぎにクアラルンプール到着しました。マレーシアの通貨はマレーシアリンギット(MYR)で,1MYR=約30円です。空港で両替すると1MYR=約33円と少し割高なレートでした。

空港から市街地のKL Central駅まで,ERL(Express Rail Link)という特急で40分ほどで,料金は35MYR(約1,050円)です。高架を走るLRT(Light Rail Transit)は,クアラルンプール市内の主要スポットを結ぶ電車です。LRTは4分から8分間隔で運行されていて,料金は0.7MYR(約20円)からと,気軽に利用できる金額です。他に,市内と市外を結ぶKTM Komuterがあり,料金は同じく0.7MYR(約20円)からです。こちらは20分~30分間隔で運行されていて,LRTと比べると待ち時間が長く,タイミングによっては30分待つことになってしまうため利用する際は注意したほうが良いでしょう。

LRTのチケット。台湾と同じコイン型です

LRTのチケット。台湾と同じコイン型です

クアラルンプールは車社会のため,ちょっとした移動にも自動車が必須です。タクシーは初乗り3MYR(約90円)で,30分乗った場合でも20MYR(約600円)と,日本よりもずっと安いため気軽に利用できました。

筆者は空港でインターネット接続用のSIMカードを購入しました。今回は事前調査せずに行ったため,安そうな案内をしていたCelcomで購入しました。筆者が持っているSIMフリー端末は海外のLTE通信周波数に対応していないため,3G通信が800MB/1週間で20MYR(600円)のプランを選択しました。SIMカードを利用するにはアクセスポイント名の設定が必要です。後で読んだ説明書にはSMSの送受信によるアクティベーション方法が書かれていましたが,今回は購入時に店員さんがPC端末でアクティベーションしてくれたようです。国によって,SMS送受信が必要か,自分で行うのかなどが異なっているため,日本からPoketWiFiなどの通信デバイスを持参する場合は,SMSを送受信できる機器かどうか確認しておいたほうが良いでしょう。

CelcomのMagicSIM

CelcomのMagicSIM

マレーシアでの会話はほとんど英語でした。ただし,シンガポールの「シングリッシュ」と同様に,マレーシアの英語も発音が独特で訛りが強いため,聞き取るのはとても大変でした。

クアラルンプールの気候は,1年を通して平均30℃くらいですが,滞在中は日中36℃の日もありました。逆に,カンファレンス会場などの建物の中はエアコンが強めに効いていました。今回,筆者は出発直前に風邪をひいてしまったため,会場ではパーカーを着ていても寒くて大変でした。冷房を強く効かせるのは東南アジアの国々では共通のようです。防寒対策をしっかりして,建物外との寒暖の差で体調を崩さないように注意しましょう。

コンセントの形状は,シンガポールと同じBFタイプです。日本のAタイプのコンセントを使うには変換プラグが必要です。電圧は230Vですが,ノートPCの電源アダプタやUSB充電器などは100V~240Vに対応しているので,変換プラグがあれば大丈夫でしょう。

著者プロフィール

清水川貴之(しみずかわたかゆき)

ドキュメンテーションツールSphinxのメンテナ。2003年にZope2と出会い,それがオープンソース等のコミュニティー活動を始めるきっかけとなった。

Sphinx-users.jp運営。一般社団法人PyConJP理事。株式会社ビープラウド所属。

著書/訳書:「Pythonプロフェッショナルプログラミング第2版」「Sphinxをはじめよう」「Pythonプロフェッショナルプログラミング」「エキスパートPythonプログラミング」。

運営・参加イベント:Python mini Hack-a-thon主催,Sphinx+翻訳Hack-a-thon主催,PyCon JP 2011-2014運営

サイト:http://清水川.jp/
Twitter:@shimizukawa

コメント

コメントの記入