日本と台湾のPythonコミュニティの架け橋に ―「PyCon Taiwan 2019」レポート

第1回 1日目:“Do you know PyCon JP?"がキーワード?! オープニング~LTまで

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5.5 分

鈴木たかのりです。2019年の個人的な挑戦として「海外のPythonカンファレンスにトークやポスターを応募しまくって,採択されたら行く」ということを行っています。今回レポートするPyCon Taiwanは7ヵ国目です(6ヵ国目は日本なのでレポートは他に譲ります⁠。過去のレポートもgihyo.jpに掲載していますので,ぜひ興味のある国のレポートを読んでみてください。

PyCon Taiwanとは

PyConはプログラミング言語Pythonに関する国際カンファレンスです。アメリカや日本をはじめ世界中で開催されています。

PyCon Taiwan 2019 Webサイト

PyCon Taiwan 2019 Webサイト

PyCon Taiwanは2012年に第1回が開催されました。2014年と2015年にはPyCon APAC in Taiwanとして,アジア太平洋地域のPyConが開催されています。過去の台湾で開催されたPyConの模様は以下のレポートで確認できます。

以下はPyCon Taiwan 2019の開催概要です。

URLhttps://tw.pycon.org/
日程2019年9月20日(金⁠⁠~22日(日)
場所台湾,台北
会場Academia Sinica
参加費3,500台湾ドル(約12,000円)

筆者自身は2012年,2013年,2015年に続いて4年ぶりにPyCon Taiwanに参加しました。PyCon Taiwanは2012年に初めて参加した海外PyConであり,2013年に初めて海外で英語でライトニングトークを行った場所でもあるため,個人的に思い出深い地です(2012年から同じ会場で開催されています⁠⁠。

また,PyCon Taiwanは例年6月に開催されていましたが,今年は9月20日からとなり,9月17日にPyCon JPが終了してすぐに移動というハードスケジュールでした。9月16日週はさながらPyConウィークといった感じで非常にハードでした。

オープニング

PyCon Taiwan 2019のChairであるTaihsiang Ho氏@tai271828によるオープニングでPyCon Taiwan 2019が始まりました。説明は中国語でしたがスライドが英語だったので,なんとなく何について話しているかはわかりました。

オープニング

オープニング

ちなみに筆者はTaihsiang氏とはフィリピンで開催されたPyCon APAC 2019で初めて会い,その後EuroPython,PyCon JPにも参加していたので,PyCon Taiwanで会うのは4回目です。お互い世界中のPyConに参加していて物好きだなと思います。

「Honey, There is a Python in my Android Phone!」 ―Ing Wei Tang

スピーカーのIng Wei Tang氏はPyCon Malaysia 2019のChairであり,私は今年のマレーシアで初めて会いました。彼がPyCon Taiwanに参加していることを私は全然知らず,この日の朝にエレベーターでばったり会い,今日発表があることを知って聞きに来ました。

発表の内容は古くなったAndroidをどう再利用するかというところで,Java/KotlinではなくPythonでプログラミングをしようという話です。

Ing Wei Tang氏

Ing Wei Tang氏

話は2016年のクリスマスに遡ります。当時Tang氏は自身の蔵書のカタログを作りたいと思っていました。ISBNから書籍に関するメタデータ(価格,著者,出版日等)を取得するPythonスクリプトを書いたが,バーコードスキャナーは持っていませんでした。

Androidにはバーコードをスキャンする機能があるので,これをPythonから呼べないかと調べてみたそうです。すると以下の2種類の方法が見つかったそうです。

これらを使用すると,self._rpc("scanBarcode")のようなコードでAndroid APIとやりとりができるそうです(プライベートメソッド使うんだ...と個人的には思いました⁠⁠。このようにしてAndroidでバーコードをスキャンして,蔵書のカタログができたそうです。

次に,QPython3が紹介されました。QPython3はAndroid上で動作するアプリーションで,そのアプリの中で任意のPythonコードを実行できます。QPython3は以下のリンクでGoogle Playストアからインストールできます。

その後はQPython3で作成したアプリケーションの例として,GPSを使用した移動経路のロガーや,ジャイロスコープを利用してAndroidの向きに連動してWeb画面上の立方体が回転するデモを紹介していました。QPython3に付属するandroidhelperを使用すると,Androidのさまざまなセンサーなどの値がとれるようです。

現実のデバイスでプログラミングするとっかかりとしては,手ごろで面白そうだなと思いました。参考までに,iOSにもPythonista 3という似たようなアプリケーションがあります。

興味のある方はこちらもチェックしてみてください。

初めてのPyCon登壇

Tetsuya Hirata@JesseTetsuya

How to Transform Research Oriented Code into Machine Learning APIs with Python

去年,初めてPyCon JPの存在を知り,一般参加者として参加しました。それ以来,私も登壇してみたいなと思っていました。ある日,台湾人の友達と食事をしていた際に台湾にいきたいなと思っていたところ,ちょうどPyCon TaiwanのCFP(発表の募集)が始まっていたので,応募し採択されて登壇することになりました。

トークセッションは3部屋に分かれて行われ,一番大きな部屋(キーノートやオープニングセッションが行われる部屋)で話すことになりました。以下の画像になります。

メインホール

メインホール

これまで国内でもLTやトークをしたことがありませんでした。30分のトークは初めてだったため,入念に準備をしていきました。この部屋で行われた過去のPyCon Tawainの動画を何度も見ましたが,動画内にはスピーカーの顔とスライドしか写っていなかったので,こんな会場になっているとは思ってもみませんでした。発表中に話すスピードが早くなってしまい,30分枠のトークであるにもかかわらず,およそ8分ほど余って話終えてしまいました。

トークセッションには,発表時間+質問時間が設けられています。幸いにも質問が沢山きました。以下の画像が質疑に答えている様子です。

質問に答えているところ

質問に答えているところ

質問は発表の間,sli.do上でうけつけ,司会役の方が読み上げてくれます(sli.doは勉強会やカンファレンスにて,会場からの質問を匿名で集められるサービス⁠⁠。しかし,一部聞き取れず,⁠I'm sorry that I can not answer this question(ごめんなさい,その質問には答えることができません⁠⁠」と答えて誤魔化していました。

そんなこんなで誤魔化していましたが,実は,そのsli.do上の質問内容が後ろのスクリーンに写っていました。

いずれにせよ,時間が余ってしまったことは反省点として残りましたが,ある意味伸びしろがあると捉えるようにしました。sli.doで上がってきた質問への回答内容を,スライドに盛り込めば,ちょうどいい時間で発表が終わるなと思いました。

PyCon Taiwanのスタッフの方々に,とても親切にしていただきました。スタッフの飲み会に参加させていただいたり,夜市に連れて行ってもらったり,発表30分前にPC接続確認と軽い練習ができたりしました。ここでいただいた恩は,どこかで台湾のPythonコミュニティに返せるといいなと思っています。

PyCon Taiwanスタッフとボランティア

PyCon Taiwanスタッフとボランティア

著者プロフィール

鈴木たかのり(すずきたかのり)

一般社団法人PyCon JP,副代表理事,株式会社ビープラウド所属。

部内のサイトを作るためにZope/Ploneと出会い,その後必要にかられてPythonを使い始める。PyCon JPでは2011年1月のPyCon mini JPからスタッフとして活動し,2014年-2016年のPyCon JP座長。他の主な活動は,Pythonボルダリング部(#kabepy)部長,Python mini Hack-a-thon(#pyhack)主催など。

共著書に『Pythonによるあたらしいデータ分析の教科書(2018 翔泳社刊)』『Pythonプロフェッショナルプログラミング 第3版(2018 秀和システム刊)』『Pythonエンジニア ファーストブック(2017 技術評論社刊)』『いちばんやさしいPythonの教本(2017 インプレス刊)』などがある。

最近の楽しみはPython Boot Campの講師で訪れた土地で,現地のクラフトビールを飲むこと。2019年は世界各国のPyConでの発表に挑戦している。趣味は吹奏楽とボルダリングとレゴとペンシルパズル。

Facebook:takanory.net

Twitter:@takanory

Github:takanory