『Pythonエンジニア養成読本』読書会便り ~基礎やTipsから質疑応答の内容まで~

第2回 便利なライブラリ,パッケージとチーム開発

この記事を読むのに必要な時間:およそ 6 分

はじめに

鈴木たかのりです。

前回に引き続きPythonエンジニア養成読本という書籍の読書会イベントについてレポートします。

第2回の読書会は6月18日(木)にアライドアーキテクツ株式会社の会議室で開催されました。

当日はだいたい以下のタイムテーブルで進めました。

  • 19:00-19:15 参加者の自己紹介
  • 19:15-19:45 ⁠Appendix1 便利な標準ライブラリ,サードパーティ製パッケージ」
  • 19:45-21:00 ⁠第3章 開発環境とチーム開発」
  • 21:00-22:00 ビアバッシュ(ビールとピザでの参加者懇親会)

今回も前回と同様に本書の読み合わせは行わず,ざっと内容について解説をしたあとに質疑応答を中心に進めました。

写真1 読書会の様子

写真1 読書会の様子

自己紹介

最初に全体で自己紹介を行いました。全部で23名の方が参加してくださいました。また,今回は著者6名のうち5名が参加していました。全体としては1/3が初参加,2/3が2回目の参加という感じでした。

自己紹介の中では2回目参加の方から「会社でちょっとしたスクリプトをPythonで書き始めた」⁠PyCharmを使い始めた」といったように,前回の内容を踏まえて進展があった内容が印象的でした。今後も,3回,4回と継続していく中で,参加者の方の新しい成果が自己紹介で聞けるといいなと思いました。

Appendix1 便利な標準ライブラリ,サードパーティ製パッケージ

Appendix1は筆者の担当です。今回は前回の反省を踏まえて,最初に自己紹介を行いました。@takanoryのTwitterの画面を見せつつ,先週は台湾で開催されたPyCon APAC 2015に参加していたことや,ちょうどこの日はPyCon Singapore 2015が開催中で,知り合いのshimizukawaさんが参加している,といった話をしました。

写真2 発表中の鈴木たかのり氏

写真2 発表中の鈴木たかのり氏

以下はPyCon APAC 2015の集合写真のツイートです。どこかに筆者がいます。

PyCon APAC,PyCon Singaporeについてはgihyo.jpの以下の連載記事でレポートされています。こちらもぜひ読んでみてください。

著者プロフィール

鈴木たかのり(すずきたかのり)

部内のサイトを作るためにZope/Ploneと出会い,その後必要にかられてPythonを使い始める。

現在の主な活動はPyCon JP 2015座長,一般社団法人PyCon JP理事,Python ボルダリング部(#kabepy)部長,Python mini Hack-a-thon(#pyhack)主催,Plone User's Group Japanなど。

共著書に『Plone完全活用ガイド(2008 技術評論社刊)』『Plone 4 Book(2011 Talpa-Tech刊)』『Pythonプロフェッショナルプログラミング 第2版(2015 秀和システム刊)』『Pythonエンジニア養成読本(2015 技術評論社刊)』がある。

趣味は吹奏楽とレゴとペンシルパズル。

Twitter:@takanory

Facebook:鈴木 たかのり

サイト:takanory.net

コメント

コメントの記入