Linux Daily Topics

2020年8月5日 Linux 5.8がリリース,コーディングスタイルに"inclusive terminology"適用

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

Linus Torvaldsは8月2日(米国時間⁠⁠,⁠Linux 5.8」を公開した。前バージョンのLinux 5.7のリリースから約2ヵ月,7本のリリース候補(RC)版を経ての公開となる。

Linux 5.8 -Linus Torvalds

Linux 5.8のリリースについてLinusは「ぎりぎりまでLinux 5.8-rc8(8本目のリリース候補)を出そうかどうか迷ったけど,それほど大きな問題がない以上,リリースまでもう1週間待つことに意味はないと判断した」とコメントしている。マージウィンドウの時点で過去最大のカーネルサイズだったLinux 4.9に迫るほど「Really Big」といわれたLinux 5.8だが,どうやらカーネルサイズがリリースの支障になることは避けられたようだ。

Linux 5.8におけるおもなアップデートは以下の通り。

  • メモリスラッシング(memory thrashing)発生時におけるスワッピングの改善,またswapinessの最大値を200に
  • カーネル空間のデータ競合(data race)を動的に検知する「Kernel Concurrency Sanitizer(KCSAN⁠⁠」
  • 汎用的なパイプを活用したカーネル→ユーザ空間イベント通知メカニズム
  • procfsにおける複数のプライベートインスタンスのサポート(1つの名前空間に存在する複数のprocfsがそれぞれのマウントオプションをもてるようになる)
  • pidffdがsetns()の第1引数として指定可能になり,プロセスの名前空間への関連付けが容易に
  • ARM64におけるセキュリティ強化(ClangのインストゥルメンテーションパスであるShadow Call Stackのジェネリックサポート,ARMv8.5-BTIのカーネル/ユーザ空間でのサポート)
  • インライン暗号化ハードウェアのサポート
  • 新たなセキュリティケイパビリティとして,CAP_SYS_ADMINの特権がなくてもBPFの操作を実行できる「CAP_BPF⁠⁠,パフォーマンスモニタリングを実行できる「CAP_PERFMON」が追加
  • IPv6におけるマルチプロトコルラベルスイッチング(MPLS)をサポート
  • IEC(International Electrotechnical Commission:国際電気標準会議)によって「IEC 62439-2」として標準化されたプロトコル「Media Redundancy Protocol(MRP⁠⁠」のサポート

なおLinux 5.8ではメインライン開発では初となる"inclusive terminology"ガイドラインをコーディングスタイルに適用しており,Linux 5.8以降は「master/slave」⁠blacklist/whitelist」など差別的とされる専門用語をドキュメントやシンボルネームに使用することを避ける方針を明らかにしている。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。