Linux Daily Topics

2021年10月15日 Debian 11 "Bullseye"ベースの「Devuan Chimaera 4.0」がリリース

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Devuanプロジェクトは10月14日,⁠Devuan Chimaera 4.0」安定版のリリースを発表した。2020年6月にリリースされた前バージョンの「Devuan Beowulf 3.0」以来,1年4ヵ月ぶりの安定版リリースとなる。

Devuan Chimaera 4.0 stable release -devuan.org

ベースとなっているDebianは2021年8月リリースの「Debian "Bullseye" 11」で,カーネルにはLinux 5.10が使われている。initシステムはSysVInit,Runit,OpenRCから選択することが可能。また,デスクトップ周りも大幅に改善されており,Debianで利用可能なデスクトップ環境はほぼすべてサポートされているほか,新しいデスクトップテーマの追加やアクセシビリティの拡張も行われている。

2014年に"systemdフリーなDebian"を掲げてDebianプロジェクトからフォークして以来,5回目となる安定版リリースを果たしたDevuan。次のリリースとなる「Devuan 5.0」の開発コードは「Daedalus(ダイダロス,金星横断小惑星のひとつ⁠⁠」で,Debianの次期リリース「Debian 12 "Bookworm"」をベースにする予定となっている。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。