Ubuntu Weekly Recipe

第616回 Ubuntu 20.04 LTSの変更点

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

今回は,明日4月23日にリリースされる予定のUbuntu 20.04 LTSの変更点を紹介します。

Ubuntu 20.04 LTS

明日4月23日にUbuntu 20.04 LTS(Focal Fossa)とそのフレーバー(公式派生版)がリリースされます。今回はUbuntu 20.04 LTSの新機能についていくつかピックアップしてお知らせします。もっと網羅的かつサーバーを含めた変更点を知りたい場合は,Software Design 2020年5月号「第3特集 Ubuntu 20.04 LTS要点解説 デスクトップとサーバで何が変わった?」もご一読いただけると幸いです。

またリリースノートもあります。

編集追記:
本記事公開後に掲載された,Ubuntu Weekly Topicsの2020年4月24日号 Ubuntu 20.04 LTS ⁠Focal Fossa⁠のリリースも参照ください。

Ubuntu 20.04 LTS ≒ GNOME 3.36

Ubuntu 20.04 LTSはおおむねGNOME 3.36図1になっていますが,多少の差異もあります。そこでGNOME関連コンポーネントのバージョン表を掲載します。

図1 GNOME 3.36の「このシステムについて」は表示項目が追加されている

画像

表1 Ubuntu 20.04 LTSのコンポーネント(GNOME関連のみ)

バージョン コンポーネント(パッケージ名)
3.28.x gnome-todo
3.32.x gnome-power-manager, zenity
3.34.x baobab, cheese, gdm3, gnome-bluetooth, gnome-characters, gnome-font-viewer, gnome-logs, totem
3.36.x adwaita-icon-theme, eog, evince, evolution-data-server, file-roller, gcr, gedit, gnome-calculator, gnome-calendar, gnome-control-center, gnome-desktop3-data, gnome-disk-utility, gnome-getting-started-docs, gnome-initial-setup, gnome-keyring, gnome-mahjongg, gnome-menus, gnome-mines, gnome-online-accounts, gnome-screenshot, gnome-session-bin, gnome-settings-daemon, gnome-shell, gnome-startup-applications, gnome-sudoku, gnome-system-monitor, gnome-terminal, gnome-user-docs, mutter, nautilus, orca, seahorse, simple-scan, yelp

gnome-todoは最新版です。3.34.xが多めに見えますが,すべて最新版です。そもそも3.36向けに新規リリースがなかったコンポーネントが多かったということです。

19.10の新機能を取り上げた第591回と見比べていただけるとわかりやすいのですが,電卓(gnome-calculator⁠⁠,文字(gnome-characters⁠⁠,ログ(gnome-logs)がSnapパッケージからDebianパッケージに戻りました。

「電卓」「文字」がDebianパッケージになったので,GNOME Shellのアクティビティで検索すると出てくるようになりました。すなわち検索欄に数式を入力すると計算するようになり図2⁠,絵文字の検索もここからできるようになったということです図3⁠。

図2 ⁠電卓」を起動しなくても計算できる

画像

図3 ⁠Tofu on Fire⁠で有名なあの絵文字も検索できる

画像

UbuntuソフトウェアはSnapパッケージになりましたが,状況が複雑なのでまとめましょう。

もともとGNOMEのコアアプリケーションに「ソフトウェア」⁠gnome-software)があり,UbuntuではSnapパッケージ対応パッチを適用し,⁠Ubuntuソフトウェア」とリブランドした上で使用していました。

一方,従前より「Ubuntuソフトウェア」Snap Storeとしてフォークし,Snapパッケージとしてリリースしていました。

そしてこの20.04 LTSより,⁠Snap Store」「Ubuntuソフトウェア」としてリリースすることになりました。換言すると20.04 LTSの「Ubuntuソフトウェア」はSnapパッケージになった,ということになります。

もちろん「ソフトウェア」はDebianパッケージとして引き続き提供され,⁠Ubuntuソフトウェア」と同居することもできます。図4「Ubuntuソフトウェア」⁠旧Snap Store⁠⁠。図5「ソフトウェア」⁠旧Ubuntu Software)で,外見もそっくりです。

図4 20.04 LTSの「Ubuntuソフトウェア」

画像

図5 20.04 LTSの「ソフトウェア」

画像

通常は同じ役割のものが複数あってもあまり意味はないので別途インストールすることはないでしょうが※1⁠,第513回で紹介したFlatpakを使用する場合に影響してきます。

※1
ただし新生「Ubuntuソフトウェア」にはいろいろと不具合が見つかっているため,当面「ソフトウェア」をインストールして使うのはありだと思います。Snap store not showing ubuntu repository apt apps inthe storeという頭をかしげる不具合があったりもしました。

第513回の2ページ目で,FlatPakのフロントエンドとして使うために,

$ sudo apt install gnome-software-plugin-flatpak

というコマンドを実行しました。しかし新生「Ubuntuソフトウェア」にはFlatpakプラグインが含まれません。よってFlatpakパッケージをGUIで操作したい場合には「ソフトウェア」をインストールする必要があることになります。なお上記のコマンドを実行すると「ソフトウェア」もインストールされます。

また「Ubuntuソフトウェア」がSnapパッケージになったということは,GNOME Shellの検索結果にも出てこなくなったということでもあります。もしGNOME Shellの検索欄でアプリケーションを検索してインストールするような使い方をしたい場合にも別途「ソフトウェア」をインストールするといいでしょう。

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese TeamとLibreOffice日本語チームのメンバー。LibreOffice,VirtualBox,Joplin,Budgieデスクトップなどの翻訳を手がける。技術同人サークルteam zpn主宰。ほか原稿執筆を少々。