Ubuntu Weekly Recipe

第634回 クロスプラットフォームで動作するEPUBリーダー「Thorium Reader」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

Thorium Readerとは

ここで,先に挙げたReadiumの話をすこししましょう。Readiumは,EPUBファイルの閲覧リファレンス用のアプリケーションとして,EPUBの仕様を策定していた団体であるIDPF(International Digital Publishing Forum)※1などが関わったReadium Projectによってリリースされていました。しかし2年ほど前に,GoogleがChromeアプリを今後廃止する旨発表したこともあり※2⁠,ChromeアプリとしてのReadiumの開発は基本的に終了しました※3⁠。

※1
現在,EPUBの仕様策定はW3Cに移管されています。
※2
Chromeアプリの廃止スケジュールは当初の予定から多少延びています現在のスケジュール⁠。
※3
Readium Project自体は現在も存続しています。

そして昨年,Readium Projectに初期の頃から関わっているEDRLab(European Digital Reading Lab)はその成果を取り込み,新しいEPUBリーダーThorium Readerをリリースしたのです。

Thorium ReaderはOSSとして開発されていて,Windows/macOS/Linuxに対応したクロスプラットフォームで動作するEPUBリーダーです。現在のバージョンは1.4です。メニューは多言語対応で,バージョン1.4で筆者が訳した日本語メニューが追加されました。

特徴的な機能は,OPDS(Open Publication Distribution System)という仕様をもとに作られた電子版の出版目録を利用できることと,試したことがありませんがReadium LCPという相互運用可能なDRM機能に対応していることです。

読書面での特徴では,MathJaxを内蔵しているのでEPUB内のMathMLにも対応していたり(ただしスクロールモードの場合のみ⁠⁠,またNVDAやJAWS,Narratorを利用した音声合成による読み上げ機能が標準で付いていていることだったりします。

ただ,画像を拡大する機能がなかったり,縦書きのサポートは不完全だったりと,まだ成熟していない面もあります。なお,全文検索は現在できませんが,次期バージョンの1.5で導入される予定のようです。

Thorium Readerを使う

それでは実際に,Thorium Readerを使ってみましょう。リリースごとにamd64版のdebファイルが配布されているので,今回はこれを使います。公式サイトからダウンロードしてdebファイルを実行するか,以下のコマンドでインストールします。

wget https://github.com/edrlab/thorium-reader/releases/download/v1.4.0/EDRLab.ThoriumReader_1.4.0_amd64.deb
sudo apt install ./EDRLab.ThoriumReader_1.4.0_amd64.deb

「Thorium」という名前でインストールされます。Superキーを押して,Thoriumを検索して起動してください。メニューが英語になっていますので,気になるのであれば,上部グローバルメニューの右側にあるSettingsボタンをクリックして,⁠Language choice」から「日本語」を選択してください。以降,本稿では日本語メニューに変更したものとして説明します。

EPUBファイルの登録と本棚画面

EPUBファイルをThoriumに登録するには,上部グローバルメニューの「わたしの本」を選択して「+」ボタンを押し選択するか,または画面のメイン領域にドラッグしてください。

図9 Thoriumの本棚画面。いくつかのEPUBファイルを登録したところ

画像

本棚画面(⁠⁠わたしの本⁠⁠)ではカバー画像が並んで表示されますが,上部のリストアイコンをクリックすることで一覧表での表示も可能です。

本のタイトルを検索して絞り込むことも可能ですし,本ごとにタグ付けすることも可能です。タグ付けはそれぞれの本の詳細メニューから「この本の情報」を選択することで,タグを追加できます。タグを付けることで,もちろんそのタグが付いた本を一覧で見ることができます。

図10 タグ付けすると,本棚画面でタグが表示されるようになる。そのタグを選択することで,タグ付けされた本の一覧を表示できる

画像

読書画面で本を読む

登録した本のタイトルまたはカバー画像をクリックすることで,その本を読むための読書画面に切り替わります。読書画面では,読書のためのメニューが表示されます。そのメニューは左から,本棚画面に戻る,本の情報を見る,読書画面を画面から切り離す,合成音声による読み上げ機能を使う,しおりを挟む,読書画面の設定,目次や構成を見る,Zenモード(全画面で表示して余計なメニューは表示しない)です。

読書画面での設定では,3つのテーマ(配色)を無彩,セピア,夜間から選択できます(標準は無彩⁠⁠。そのほか,文字の大きさや書体,ページ型かスクロール型を選択したり位置揃えできたりする画面表示,余白,MathMLの有効化,本文読み上げ機能を設定できます。

図11 Thoriumの読書画面。Software Design 2020年8月号の目次ページを見開きで表示したところ

画像

ただ,先にも述べたとおり縦書きへの対応は不完全で,ページ表示モード(ページ型)で開いたときには本文最下部の一文字分がきちんと表示されなかったり,ページ遷移の動作がおかしかったりします。その際には,設定の画面表示でスクロールモード(スクロール型)を使用してみてください。またEPUBファイルを音声合成で読み上げる機能が付いていますが,EPUBの作られ方によっては(?)Windowsでは読み上げられたものが読み上げられないようでした。

図12 縦書きはまだきちんとサポートしていないが一応読める。「古着転売」だけで毎月10万円の目次を開いたところ

画像

出版目録を利用する

先に簡単に触れたとおり,電子の出版目録であるOPDSフィードを利用することで,新しい本を把握したり,OPDSフィード配信元のウェブサイトのその本のページに移動できます。ThoriumのOPDSフィード機能は完璧ではないようですが,いま述べたことをする程度ならば十分実用的です。

たとえば,技術評論社が試験的に配信している,OPDSフィードを追加してみましょう。上部グローバルメニューの「出版目録」を選択して,⁠OPDSフィードを追加」というボタンを押してください。⁠OPDSフィードを追加」ダイアログが表示されますので,名前を適当に付けて,以下のどちらかのOPDSフィードを登録してみてください。

登録したOPDSフィードを見てみましょう。本のカバー画像が並んで表示されるはずです。本をクリックすることで,本の情報を見ることができます。そこでは本の概要や価格を確認できます。また,カバー画像下にある「この本を購入」をクリックすることで,OPDSフィードの配信元のその本のページをブラウザで表示できます。より詳細な情報を確認したり,そこから購入できるようになるわけです。またRadium LCPを適用した書店や図書館のOPDSフィードの場合には,それについても表示されるものと思います。

図13 Thoriumの「出版目録」に登録した,技術評論社の新刊OPDSフィード

画像

図14 OPDSフィードから,ある本をを開いたところ。概要部分にタグが見えるのはご愛敬。配信元の本ページにも移動できる

画像

おわりに

最近は,MicrosoftがEdgeにEPUBリーダーを内蔵するのを止めてしまっていたり,Readiumのサポート終了宣言が出ていたりと,デスクトップで使えるEPUBリーダーとしておすすめのものを挙げにくい状況になっていました。そのようななかで,Thorium Readerが今後も継続的に開発されることに期待したいです。

著者プロフィール

高橋和道

gihyo.jp編集部 所属。最近では電子書籍の制作にも関わる。

URL:https://twitter.com/k_taka