Ubuntu Weekly Recipe

第689回 Ubuntu 21.10でFcitx 5を使用する

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

今回はUbuntu 21.10とそのフレーバーでFcitx 5を使用する方法を紹介します。

Fcitx 5とは

Fcitx 5第274回で紹介したFcitxの後継バージョンです。バージョンアップ版ではなく新規に開発され,パッケージも別々です。すなわちFcitx(4)とFcitx 5の両方がリポジトリに存在し,同時にインストールして切り替えて使うこともできます。

Fcitx 5はFcitxでできることはおおむねそのままでき,比較的スムーズに移行できるでしょう。よって今からFcitxを積極的に利用する理由はあまりありません。

Fcitx 5の特徴はWaylandセッションで使用することを主眼に置いて開発されていることです。少なくともMozcを使用する場合は,IBusよりもFcitx 5のほうがいいのですが,その理由はまたおいおい解説していきます。

今回はUbuntu 21.10を対象としますが,22.04 LTSでもおおむね同様の傾向になるものと思われます。また筆者のPPAで20.04 LTS用のパッケージを用意しているので,適宜ご利用ください。

ibus-mozcとWaylandセッション

ibus-mozcでは仕様上Waylandセッションでは用例を表示できません。

図1はX.Orgセッション(以後Xセッション)で用例を表示した例です。図2はWaylandセッションで用例を表示しようとしたものの,できなかった例です。

図1 Xセッションだと用例が表示されている

図1

図2 Waylandセッションだと同じ「開く」でも何も表示されない

図2

UbuntuのリポジトリにあるMozcは現在開発中のものと比較してバージョンがやや古く,Xセッションで使用している候補ウィンドウ(GTK2 Mozcレンダラー)をWaylandセッションで使用すると正しく表示されないため,このようなことになっています。

Fcitx 5でどうなるかは,のちのち見ていきましょう。

Fcitx 5のインストールと設定

ではFcitx 5をインストールし,IBusから切り替えましょう。端末を起動し,次のコマンドを実行してください。

$ sudo apt install fcitx5-mozc
$ im-config -n fcitx5

実行後再起動してください。

geditを起動して用例を表示してみると,表示自体はできていますが表示位置がおかしいことに気づきます図3⁠。これを修正するためにはGNOME拡張機能のInput Method Panelをインストールする必要がありますが,そこでとあることに気づきます。

図3 用例は表示されるが表示位置がおかしい

図3

Snapパッケージ版FirefoxとGNOME拡張機能

それはGNOME拡張機能をインストールするにあたって,第687回で既報のとおり21.10ではFirefoxがSnapパッケージ化されたため,GNOME拡張機能のWebサイト経由でGNOME拡張機能を管理できなくなったことです。

Chromiumは前からSnapパッケージ化されており,Firefoxと同じ状況です。GNOME Webはそもそも非対応で,状況としては芳しくありません。

現在考えられる対処方法としては,次の2点が考えられます。

  1. Debianパッケージ版Firefoxを使用する
  2. Google Chromeをインストールして使用する

しかし,どちらもあまりいい方法とはいえないので22.04 LTSではどうにかなっていることを願うばかりです。

幸い「Input Method Panel」に関してはリポジトリにパッケージがあるため,これをインストールして有効にします。端末を起動して次のコマンドを実行してください。

$ sudo apt install gnome-shell-extension-kimpanel gnome-shell-extension-prefs

続けてGNOME Shellを再起動するのですが,WaylandセッションではAlt+F2キーを押して「r」を入力し,GNOME Shellのみを再起動するのは非対応です図4⁠。一度ログアウトして再ログインするしかありません。

図4 ⁠Wayland上では再起動できません」の無常の表示

図4

再ログイン後「拡張機能」を起動して「Input Method Panel」を有効にすると候補ウィンドウが正しい位置に表示されるようになります図5⁠。右上にアイコンが2つ表示されるのは気になりますが,再起動すると1つになります図6⁠。

図5 ⁠Input Method Panel」を有効にする

図5

図6 ようやく候補ウィンドウが正しい位置に表示されるようになった

図6

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese Teamのメンバー。VirtualBoxなどの翻訳を手がける。技術同人サークルteam zpn主宰。ほか原稿執筆を少々。