Ubuntu Weekly Recipe

第699回 「ファイル(Nautilus)」のさまざまな機能

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

ショートカットキー

ハンバーガーメニューにある「キーボードショートカット」をクリックすると,キーボードショートカットが3ページ分表示されます図12図13図14⁠。

図12 ショートカットキー一覧その1

図12

図13 ショートカットキー一覧その2

図13

図14 ショートカットキー一覧その3

図14

共有機能

共有したいフォルダーを右クリックし,⁠ローカルネットワーク共有」をクリックします図15⁠。⁠このフォルダーを共有する」にチェックを入れると「共有サービスがインストールされていません」と表示されることがありますが,その場合には指示に従ってインストールします。インストールされるのはおなじみのSambaなので,すでにインストール済みで表示されないこともあるでしょう。

図15 共有の設定

図15

あとは共有フォルダーのオプションを選択して「共有を作成」をクリックします。2つのオプションのうち両方にチェックを入れると,誰でもファイルの読み書きができる共有フォルダーになります。

共有をやめる場合など,設定の変更はプロパティから行えます。

本来はこの説明でおしまいなのですが,local sharing of any directory under home (~) fails due to permissionsという不具合が報告されており,現在は使用できないようです。

拡張機能

実は前出の共有機能や「端末で開く※2⁠送る※3⁠」は「ファイル」の拡張機能です。リポジトリを検索すると他にも便利な拡張機能があるので,⁠apt search nautilus extension」などのコマンドで探してみてください。

※2
表示しているフォルダーをカレントフォルダーとして端末を開く機能です。
※3
メールにファイルを添付したい場合に使用する機能です。

圧縮・展開

ファイルやフォルダーを右クリックすると「圧縮」があり,これをクリックすると3種類の形式から圧縮ファイルを作成できます図16⁠。また圧縮ファイルを右クリックすると,⁠ここで展開」⁠展開先」がありますので,いちいちアーカイブマネージャーを使用しなくてもいいので便利です。

図16 圧縮形式は3種類から選択

図16

複数ファイルのファイル名変更

ファイル名を変更したい複数のファイルを選択し,右クリックから「名前を変更」をクリックすると,一定のルールで名称を変更できます。⁠テンプレートを使用して変更」図17「文字列を検索して置き換え」図18から選択でき,前者の場合は簡単に連番をつける場合に便利です。後者の場合は今のファイル名を極力活かして別物にしたい場合に便利でしょう。

図17 テンプレートを使用して変更の例

図17

図18 文字列を検索して置き換えの例

図18

プレビュー表示

「gnome-sushi」というパッケージをインストールし,ファイルやフォルダーを選択した状態でスペースキーを押すとプレビューが表示されます図19⁠。⁠sushi」はあの鮨(寿司)で,摘む感じが鮨であるとどこかで読んだ覚えがあります。

図19 PDFのプレビュー

図19

フォルダーの英語表記

「ファイル」とは全く関係ない話ですが,ホームフォルダーの「ダウンロード」「デスクトップ」などのフォルダー名を英語表記にしたい場合は,端末を起動して次のコマンドを実行してください。

$ LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update

起動したアプリケーション図20「Don’t ask me this again」にチェックを入れ,⁠Update Names」をクリックすると英語表記になります。

図20 フォルダー名を英語表記にするアプリケーション

図20

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese Teamのメンバー。VirtualBoxなどの翻訳を手がける。技術同人サークルteam zpn主宰。ほか原稿執筆を少々。