Ubuntu Weekly Recipe

第698回 デスクトップ環境の2021-2022年

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

新しい年の始めに,Ubuntuで使用できるさまざまなデスクトップ環境について2021年に起こったことと2022年に起こりそうなことを紹介します。

新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。本連載も14周年を迎えました。

もうすぐ700回ということで,筆者がパッと思いつく長寿TV番組である『8時だョ!全員集合』を調べてみると,放送回数は803回ということでした。まだまだ背中は遠いです。

安定して回を重ねていくには執筆者の多様化が必要であるという昨年以前からの課題は現在も引き続いていますが,今年も誠心誠意継続していきますのでよろしくお願いいたします。

デスクトップ環境

では早速各デスクトップ環境を見ていきましょう。昨年第648回でお届けした内容の今年版になりますが,昨年の内容と今年の内容はリンクしません。

GNOME

昨年GNOMEは40と41をリリースしました。Ubuntuでは21.04で3.38を継続して採用し,21.10で40を採用したので,現在開発中の22.04 LTSでは41が採用されることになるはずですが,いきなり42にジャンプアップする可能性もあります。

第687回でも紹介したように,GNOME 40では大幅なルック&フィールの変更があったものの,Ubuntuでは可能な限り旧来のルック&フィールを維持しています。実際ワークスペースを縦にすればUbuntu 21.04とほとんど区別がつかなくなるでしょう。そのための拡張機能もリリースされていますが,同じく第687回で述べたように適用が困難,というオチがつきます。

今年はGNOME 42と43がリリース予定で,各コンポーネントのGTK4へのポーティングが進んでいくことでしょう。すでにいくつかのアプリケーションは完了しており,42で使用できるようになる見込みです。

GNOMEに関して特筆すべきこととしては,その名もGNOME Text Editorの開発が始まったことですブログ記事⁠。

GTK4ネイティブのテキストエディターで,現在も絶賛開発中ではあるものの,Flatpakパッケージとして提供されており,テストできる状態になっています図1⁠。Vimキーバインドも(試験的)サポートとのことなので,Vimユーザーにも嬉しいです※1⁠。

※1
そもそもVimユーザーはほかのエディターを使用する理由に乏しいのですけどね……。

図1 GNOME Text EditorでMarkdownファイルを表示し,設定(Preferences)を開いているところ。geditと違って同じウィンドウ内に表示される

図1

果たしてgeditに代わってデフォルトのエディターになるのか注目したいところです※2⁠。

※2
geditのヘビーユーザーである筆者には悩ましい問題ですが。

なお昨年から本連載ではGNOME関連の基本的な使い方を紹介してきました。

今年も継続する予定ですのでご期待ください。

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese Teamのメンバー。VirtualBoxなどの翻訳を手がける。技術同人サークルteam zpn主宰。ほか原稿執筆を少々。