Ubuntu Weekly Recipe

第700回 セルフホスト可能なチャット・タスク管理サービスMattermost

この記事を読むのに必要な時間:およそ 8 分

Mattermostと言えば,Slackと双璧をなすFLOSSでセルフホスト可能なチャットサービスです。もともとはチャット機能がメインではあったのですが,昨年リリースされた6.0からは定型ワークフローを管理する「Playbook」と,かんばんライクなタスク管理ツールである「Boards」が統合され,⁠オンラインコラボレーションツール」とも言えるほど機能が充実しています。今回は改めて,Mattermostのインストールから紹介しましょう。

祝「第700回」!

2008年1月から開始した本連載も,今回で第700回を迎えることになりました。これもひとえに常日頃から本連載をご贔屓にしていただいている読者の皆様のおかげです。ありがとうございます※1⁠。

※1
あと長期連載にも関わらずそこまで気力が尽きることなく続いているのは,大抵のネタは許容してくれる本連載の担当編集の許容力も見逃せません。

思えば連載開始から14年。いろいろなことがありました。100年に一度の大噴火が発生したり,国内では戦後最大級の大噴火が発生したり,100年に一度のパンデミックが発生したり,国内で観測史上最大の巨大地震が発生したり……なんか,最後を除いて比較的最近の話ですね※2⁠。

※2
年ごとの本連載ならびに姉妹連載であるUbuntu Weekly Topicsも含めたよもやま話をQiita上で定期的にまとめています。過去を振り返りたい人はそちらもご参照ください。

最近は年によって連載回数が50回を切ることもあったため年明けでの700回となりましたが,今後も世の中がどういう状況になろうとも,本連載はできるだけ週刊を維持しながら継続していきたいと思っています。これからもご愛読だけでなく,反応・感想のご提供,場合によっては執筆もよろしくお願いいたします。

さて,今回はそんな第700回を記念することなく,通常運用でお届けします。

ただのチャットではなくったMattermost

Mattermostは言わずとしれた,Slackと双璧をなすFLOSSでFLOSSでセルフホスト可能なチャットサービスです※3⁠。SlackはSaaSとして提供されるサービスですが,MattermostはSaaSも運営しているものの,オープンソースあることを標榜しセルフホスト可能になっています。

※3
分野によってはDiscordも有力な選択肢に入ってくるでしょう。Teamsについてはコメントを差し控えさせていただきます。

セルフホストした場合は,当然チャンネル数やユーザー数,メッセージ数,チーム数に限界はなく※4⁠,チャットサービスとして最低限必要なことはほぼできる状態です。また,プラグイン機能も有しており,必要に応じて機能拡充も可能です。さらにより高機能な有償プランも用意されています。こちらはSSOやAD/LDAPなど認証系の機能拡充やサポートの追加などがメインとなります。

※4
Matermostの「チーム」はSlackで言うところの「ワークスペース」に相当します。

Software Designでも3年近く前に,⁠短期連載]Mattermost[導入+構築]入門」と題して次のような連載が掲載されていました。

COVID-19による生活様式が変わる前の話ではあるものの,今でも通じる話が数多く残されています。特に第1回や第4回はチャットをチームで運用する上での考え方や課題をおさえているため,新たに導入したい人には参考になるでしょう。

もちろんセルフホストするならその分運用コストはかかりますし,トラブル時のリスクは当然存在します。Slackはフリープランであっても,その制約さえ受け入れられる環境なら十分に価値のある選択肢です。Slackで環境をがっつり構築しているのであれば,あえてMattermostに移行する必要はないでしょう。しかしながらSlackが合わない,なんらかの理由,たとえばクラウドサービスの利用に制約がかかっているなどの場合は,Mattermostも十分選択肢に入ってくるのではないでしょうか。

またSlackの場合16歳未満は利用禁止ですし,Discordも13歳未満利用禁止等の規約が存在します。それに対してMattermostをセルフホストする場合は,そのような制約は(少なくともクローズドなサービスとして運用する限りにおいては)ありません。仕事で使う場合はともかく,より若い人も参加するローカルコミュニティでチャットを利用したいなら,Mattermostが活きてくるのです※5⁠。

※5
「そういうのはLINEでいいじゃん」という意見もあります。

さらに最近は,定型ワークフローを管理する「Playbook」と,かんばんライクなタスク管理ツールである「Boards」がMattermostに正式に統合され。ただのチャットシステムというよりは「コラボレーションツール」とも言うべきサービスへと成長しました。

他にもSlackからの差異をいくつかあげておきましょう。

  • メッセージにMarkdownフォーマットを使える。勝手にビジュアルエディタになったりしない※6
  • スレッドへの返信はすべてチャンネルのタイムラインに投稿される。スレッドへの返信が突然チャンネルに登場したり,しなかったりというよくわからない状態を回避できる※7
  • バックアップが簡単。たとえばmysqldump/rsyncで必要なものはすべてバックアップできる
  • テーマを自由に作れる。発言内応だけじゃなくて,見た目も痛チャットにできる!
  • オーディオ・ビデオコール,画面共有は未実装。基本的に他サービスをチャットから呼び出す形になる
※6
フォーマットされた投稿前メッセージのプレビュー機能は,個人設定の詳細にある「プレリリース機能をプレビューする」から有効化可能です。
※7
実験的機能としてユーザー側が「スレッドを折りたたむ」機能は実装されています。

ちなみにMattermostのドキュメントには,Slackからの移行方法もありますので,とりあえずMattermostインスタンスを立ち上げて既存のSlackデータをインポートして使い勝手を試してみるといった使い方も可能です。

著者プロフィール

柴田充也(しばたみつや)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社 創夢所属。数年前にLaunchpad上でStellariumの翻訳をしたことがきっかけで,Ubuntuの翻訳にも関わるようになりました。