ポンコツなわたしで、生きていく。
〜ゆるふわ思考で、ほどよく働きほどよく暮らす〜

[表紙]ポンコツなわたしで、生きていく。 〜ゆるふわ思考で、ほどよく働きほどよく暮らす〜

紙版発売

四六判/232ページ

定価1,650円(本体1,500円+税10%)

ISBN 978-4-297-12932-3

電子版
  • 電子化の予定があります

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

書籍の概要

この本の概要

「あれっ,わたしってポンコツ?」

そんな風に感じることが一瞬でもあれば,この本を手にとって読んでみてください。

本書は,朝も起きられない,約束の時間は守れない,学生時代のアルバイトでは失敗ばかり,就職はしてみたものの「やりたくない」ことが多すぎて続かない,そんなポンコツな著者によるポンコツのための生存戦略です。

『書く習慣~自分と人生が変わるいちばん大切な文章力~』(クロスメディア・パブリッシング)で人気の著者が,就職,転職,そしてフリーランスとして独立する過程において,この生きづらい世界を,「いい感じ」に泳げるようになるまでに行ってきたこと,考えてきたことを余すことなくお伝えします。

いま働いている会社を辞めてフリーランスに……でもほんとに大丈夫? と悩んでいる方も,自分はなぜ人と同じようにできないのだろう,このまま働いていてもいいのかしらん? と悩んでいる方も,きっと「いい感じ」の生き方がみつかる,イラスト満載ゆるふわ人生エッセイです。

こんな方におすすめ

  • ポンコツな自分をどうにかしたいと考えている人
  • 毎日の仕事や人生に疲れている人
  • フリーランスとして生きていくのに不安を感じている人

本書のサンプル

本書の一部ページを,PDFで確認することができます。

目次

  • はじめに 「モンブラン100個ひっくり返してダメにした」ポンコツから愛を込めて

第1章 ポンコツでも,会社を辞めていいですか?

  • そもそも「会社を辞める」という選択肢がなかった1年目
  • 「好きなことなら頑張れる」と思っていたけど……?
  • 「自分,会社員に向いてないかも?」と思った瞬間6選
  • 「フリーランス」は「フリーター」みたいなものだとガチで思っていた
  • 会社を辞めたら困ることと,辞めたらいいことを天秤にかけてみた

第2章 ポンコツメンタルで生きていこう

  • “ポンコツ”は治すのではなく「受け入れる」が正解
  • ポンコツがポンコツのまま生きる5つのコツ

第3章ポンコツのお仕事ハック

  • 「知らない」ものは「選べない」
  • 「置かれた場所」で咲かなくていい
  • 自分の“得意”と相手の“得意”は違うから,「得意なこと」を磨いていこう
  • 「幸せになるための仕事で不幸になる」のはバカらしくない?
  • わたしたちは代替可能。「その人にしかできない仕事」はない
  • 「お金」にも「仕事」にもならないことをやってもいい
  • メルカリでモノを売るのも立派なお仕事のひとつ
  • 「やめなければいつかなんとかなる」の法則
  • レールから外れても何も怖くない
  • 休むことはご褒美ではなく仕事である
  • っていうか健康じゃないと仕事ができない
  • 自由な国だからわたしが選ぶよ

第4章 めんどくさくない人間関係を築く魔法

  • 人間同士,何があってもわかりあうことはできないと知る
  • 「嫌われてもいい」と思いはじめたら人間関係はラクになる
  • 「偽りの自分」で出会うと,望まない人がやってくる
  • 友だちは,ひとりいれば幸せ
  • 自分だけの王国を築いて「勘違いブス」になれ
  • コミュ障は改善しないけど,テキストコミュ強にはなれる
  • 絶対に許せないことは許せないままでいい
  • 好きな人には好きと言っていい
  • 笑顔でいること,働くこと,恋愛することは「普通」じゃない

第5章 「そもそもなんなん?」な呪縛は解いてしまおう

  • 世界が「思い込み」でできていると知る
  • すっぴんでもヒールを履かなくても死なない
  • テキトーな選択がテキトーな人生をつくる
  • はやく幸せになりたいなら,はやく自分の辞書を分厚くしよう
  • 年齢が気になるのなら「永遠の17歳」で生きればいい
  • 生きていくのに多くのモノはいらない
  • 決まったルーティンで生きなくていい
  • 理想はう~んと低く。自分と“守れる約束”をしよう
  • 泣いてしまっても「弱い子」じゃない
  • 人生笑って死んだ人が勝ち組
  • 世の中の「美しい」に自分を当て込まなくていい
  • 「やりたいこと」がなくても生きていける
  • 闇堕ちしかけたとき,自分のなかに理由を探さない
  • 「死にてぇ」と思う日があっていい
  • 生きてるだけでえらい。何もしない自分を許してあげよう
  • おわりに 弱みは晒すと強みに変わる

著者プロフィール

いしかわゆき

ライター。早稲田大学文化構想学部 文芸ジャーナリズム論系卒。Webメディア・新R25編集部を経て2019年に独立。取材やコラムを中心に執筆するかたわら,声優やグラフィックレコーダーとしても活動している。著書に『書く習慣~自分と人生が変わるいちばん大切な文章力~』(クロスメディア・パブリッシング)。

note:https://note.com/milkprincess17