AMPでEC-CUBEがさらに便利に快適に!

第5回 海外からも注目。あなたもEC-CUBE×AMPプロジェクトに参加できる?!

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

第1~4回まで,AMPの紹介から,技術的な部分はソースコードも提示しながらかなり具体的な紹介をしてきました。これからEC-CUBEはもちろん,ECにおいてAMP対応されるすべての方の参考になれば幸いです。

ちなみに,株式会社サンデイシステムズさんではすでに PWA(Progressive Web Apps)の機能を含めていくつか案件を進めているそうですので,実際にAMPを案件で利用されたい場合は,ご相談されても良いと思います。

「EC-CUBE×AMP」プロジェクトは海外でも紹介されています

さて,EC-CUBEのAMP対応に関しては,本記事だけではなく,AMPのブログ(英語)やGoogle社がサンフランシスコで開催した「Chrome Dev Summit 2018」でも取り上げられました。

Chrome Dev Summitの様子は動画(Youtube)で確認することができます。紹介されるのは最後数分といったところです。

EC-CUBEは数あるCMSの中でど真ん中で紹介されています

EC-CUBEは数あるCMSの中でど真ん中で紹介されています

このように,国産のオープンソースCMSが海外のブログやカンファレンスで取り上げられたことはとても喜ばしいことですね。

「EC-CUBE×AMP」プロジェクトへの参加

「EC-CUBE×AMP」のプロジェクトですが,本ブログをご覧の皆さまにも参加できる可能性はあります。

まず,本プラグインですが,リリースされたのは完成版ではなく,β版ぐらいの位置付けであるとのことです。そして,ソースコードはGitHub上でも公開されていますから,ご興味ある方はぜひプラグインを触ってみていただき,可能ならソースコードも確認してみてください。その後,フィードバックをしていただければ,このプロジェクトに貢献できるわけです。

そもそも,EC-CUBEとAMPはともにオープンソースプロジェクトですから,ご興味あるかたは積極的に参加していただければ,正式にプロジェクトメンバーの一員に選ばれるなんてこともあるかもしれません。そこまででなくても,大なり小なり貢献できることは沢山あるでしょう。ECにおけるモバイルユーザ体験の向上,AMP対応は世界でも注目されている事項ですから,プロジェクトに参加することは大変意義のあることだと思います。

AMPとEC-CUBEはともにオープンソースプロジェクトです

AMPとEC-CUBEはともにオープンソースプロジェクトです

まとめ

いかがでしたでしょうか。

全5回をお読みいただいた方には,ぜひ,小さなところからでも本プロジェクトに参加していだき,世界に先駆けた本取り組みを手がける一員になっていただけることを期待し,本連載の締めとさせていただきます。

EC-CUBE/amp-plugin(GitHub)
https://github.com/EC-CUBE/amp-plugin

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

コメント

コメントの記入