新春特別企画

IoT活用で知っておきたい「2022年のIoT,3つのトレンド」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

Wi-FiやLTEといった通信を使って現場をデジタル化したり,遠隔からモノを操作するのが「IoT」です。2015年頃から話題となり,最近はカッコ書きで「モノのインターネット」と併記されることも少なくなっており,市民権を得たと感じています。

実際,筆者が所属しているソラコムが提供しているIoTプラットフォーム「SORACOM」では,2021年6月にIoT契約回線数が300万回線を突破したのですが,これは言い換えれば「300万以上のIoTデバイスが働いている社会」であることを意味しており,IoTの活用は私たちの気づかないうちに広がっています。

図1 IoTプラットフォームの利用はあらゆる業種,産業分野に広がっている

図1 IoTプラットフォームの利用はあらゆる業種,産業分野に広がっている

Raspberry Pi(ラズベリーパイ:通称ラズパイ)やArduino(アルデュイーノ)といった入手が容易なハードウェアや,手軽に使えるクラウドの存在に加え,通信もWi-FiだけでなくLTE/5Gといった「セルラー通信」や,SigfoxといったLPWA(Low Power Wide Area-network; 省電力の長距離無線通信)の利用で,屋内・屋外問わずさまざまな現場からIoTデバイスとクラウドがつながる事が普及の背景です。

このように一般化し始めているIoTのトレンドは,IoTのみならずITエンジニアの方でも興味があるのではないでしょうか。そこで,IoTプラットフォームの提供をしている立場から見えてきた,これからのIoT活用で知っておきたい3つのトレンドを紹介します。

  • 遠隔操作
  • IoTデバイスセキュリティ
  • エッジコンピューティングとクラウドの「ハイブリッドアーキテクチャー」

遠隔操作

1つ目は「遠隔操作」です。これまでIoTの主なユースケースは,現場をデジタル化する遠隔監視でしたが,昨今の社会情勢から「現場に行かずとも,制御用パソコンやPLCといった機器の操作をしたい」という遠隔操作のニーズが高まっています。

図2 遠隔監視と遠隔操作

図2 遠隔監視と遠隔操作

用語を整理しておくと,遠隔地を見張るのが「遠隔監視⁠⁠,遠隔地の機器を動かすのが「遠隔操作」です。室内の二酸化炭素濃度を計測してクラウドで共有するのが遠隔監視,遠隔操作は換気扇を動かすという違いになります。もし皆さんが遠隔ソリューションを必要とした時には,この違いを意識すると良いでしょう。

遠隔制御の活用には2つの技術的な課題があります。1つ目は操作を待ち受ける仕組みです。具体的にはIoTデバイス上で,遠隔操作を受け付けるサーバー機能の構築と運用が必要となります。2つ目は遠隔制御用のネットワークです。これは,待ち受けるためのIPアドレスを準備することになります。このように,遠隔制御はクラウドにデータを送信する遠隔監視と比較して難易度は高くなります。

それぞれを見ていくと,サーバー機能は,たとえばラズパイであればLinux OS上で「SSH」「リモートデスクトップ」といったサーバーソフトウェアが利用できますが,Arduinoのようなマイコン上ではサーバー機能の開発が必要です。利用するハードウェアと,その上で使えるOS等のソフトウェアで手間に差が出ることを覚えておきましょう。

次にネットワークですが,操作を待ち受けるためのIPアドレスが必要となります。インターネット越しの場合,思いつくのが固定のグローバルIPアドレスをIoTデバイスに割り当てる方法です。いつも決まったIPアドレスにアクセスすれば遠隔操作を開始できるので便利ではありますが,これは攻撃者に対しても「常にIoTデバイスを操作する入り口をさらしている」状態となります。

IoTは重要なインフラとして脅威が増しているという調査結果もあります。そこで「IoTデバイスセキュリティ」が2つ目のトレンドとして挙げているのですが,詳細は後ほど解説するとして,ここではネットワークに着目すると,固定のグローバルIPアドレスによる遠隔操作の待ち受けは,常に高いリスクが存在する事を知っておきましょう。

対策としては,グローバルIPアドレスを固定にせず,必要時に都度異なるアドレスを使うことでリスクを減らす方法や,インターネットから切り離した閉じたネットワーク内に操作元と操作対象を接続し,その中でアクセスする方法があります。特に後者は「閉域網」「プライベート接続」としてサービス提供されているものもあります。SORACOMでは,オンデマンドでリモートアクセスできるSORACOM Napter(ナプター⁠⁠」や,閉域網が構築できるVPG(Virtual Private Gateway⁠⁠」が,これらを実現するサービスです。

難易度が高く,また配慮すべき点が多い遠隔操作ですが,今後より一層必要とされることは間違いありません。今からでもそのノウハウを蓄積してみてはいかがでしょうか。

著者プロフィール

松下享平(まつしたこうへい)

株式会社ソラコム
テクノロジー・エバンジェリスト 事業開発マネージャー

株式会社ソラコムの事業開発マネージャーとして主にデバイスの企画を担当しながら,エバンジェリストとしてIoT活用とSORACOMサービスを企業・開発者により理解,活用いただくための講演活動を担当。

90年代半ばの地方ISPの立ち上げをキャリアスタートとし,主にインターネットを取り扱ったシステムインテグレーターを経て,2000年よりぷらっとホーム株式会社にて,ネットワークインフラやEC事業を担当。2015年からはIoTソリューションをリードし,メガクラウドベンダーとの協業や,サブギガ/BLEを用いたIoTシステム構築といった業界の先駆的なIoT導入事例に関わる。

社内での呼び名はmax。講演先やコミュニティでも気軽にmaxと呼ばれている。

『IoTエンジニア養成読本』『IoTエンジニア養成読本 設計編』共著。(いずれも技術評論社)