OSSデータベース取り取り時報

第67回 まもなくOSC 2021 Online/Spring,♪MySQL 8.0リファレンスマニュアル日本語化,座談会「若手エンジニアに訊くPostgreSQLの魅力」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

この連載では,OSSコンソーシアム データベース部会のメンバーが,さまざまなオープンソースデータベースの毎月の出来事をお伝えしています。

今週末はオープンソースカンファレンス2021 Online/Spring

3月5日(金)と6日(土)に,オープンソースカンファレンス(OSC)2021 Online/Springが開催されます。OSCがオンライン開催に移ったのが昨年2020年のSpringからですから,2巡目になります。今回のSpring以降もまだしばらくはオンラインでの開催になることが決まっています。

OSSコンソーシアムでは,今回もオープンソースビジネス推進協議会(OBCI)との共同企画トラックを組んで,他のOSS関連団体にもご協力いただいてセミナーと座談会を実施します。私たちデータベース部会では,この連載「OSSデータベース取り取り時報」の記事からピックアップした2020年のトピックスを紹介します(内容と登壇者は記事執筆時点で調整中のもので,変更になる可能性があります⁠⁠。

企画トラック「OSS応援団体の役割とこれから(仮)」開催概要

日時
2021年3月5日(金)14:00~17:45
《第1部~第2部》クセがすごいOSSコンソーシアムの部会活動トピックス
AI IoT Robotics Automotive部会
オープンCOBOLソリューション部会
開発基盤部会
データベース部会(OSSデータベース取り取り時報2020年総集編)
東海支部
ビジネス&教育ソリューション部会
分散コンピューティング部会
《第3部》OBCI最終セミナー
吉田行男(OBCI事務局長)
石井達夫(SRA OSS, Inc. 日本支社)
《第4部》座談会: OSS応援団体の役割とこれから(仮)
橋本明彦 (オープンソースソフトウェア協会 会長)
山崎実 (OSSコンソーシアム 会長)
黒坂肇 (日本OSS推進フォーラム 理事長)
石井達夫 (OBCI理事長)
吉田行男 (OBCI事務局長/OSS御意見番)
溝口則行 (OBCI副理事長/OSSコンソーシアム 副会長)

[MySQL]2021年2月の主な出来事

2021年2月のMySQLの製品リリースはありませんでした。本連載の第65回でご紹介したMySQLベースのクラウドデータベースMySQL Database Serviceの分析処理を高速化するHeatWaveのアップデートが2月9日に行われています。テキストデータ型への対応,日時関連の関数の追加対応のほか,パフォーマンススキーマへのメタデータの追加が行われています。

このHeatWaveに関しては業務システムのデータのもとに分析処理性能向上や運用性の先行検証を行ったSCSKが2月2日に検証結果の報告ウェビナーを開催しました。このなかでは他のクラウドの分析基盤と比較してもHeatWaveが高いコストパフォーマンスを示していることや,BIソリューションのLookerとの連携などを紹介していました。

♪MySQL 8.0リファレンスマニュアル日本語化プロジェクト始動

MySQLのリファレンスマニュアルは5.6では日本語版が用意されていましたが,その後のバージョンでは英語のみでした。第66回でご紹介したとおりMySQL 5.6が2021年1月にリリースされたマイナーバージョン5.6.51で最終リリースとなることもあり,要望の多かったMySQL 8.0および利用者の増加が見込まれるクライアントプログラムMySQL Shellのリファレンスマニュアルが日本語化されることになりました。

旧MySQL社時代からの著作権の関連もあり,リファレンスマニュアルはコミュニティで自由に翻訳を行えるようなライセンスには残念ながらなっていません。そのため翻訳については日本オラクルが行い,ドラフト版に対してコミュニティからのフィードバックを募ることとなりました。ドラフト版は以下の暫定URLで公開されています。

MySQL 8.0
MySQL 8.0 リファレンスマニュアル
MySQL 8.0 Reference Manual(翻訳元となるバージョン)
MySQL Shell
♪MySQL Shell 8.0 (MySQL 8.0 の一部)
MySQL Shell 8.0 (part of MySQL 8.0)(翻訳元となるバージョン)

MySQL 5.6の日本語版をベースとしており,新たに翻訳された箇所には「♪」マークがついています。ページによっては元の英語版が完全に新規に作成されているので,全ての文章に「♪」マークがついて賑やかなことになっていたりします。最終版として公開される際にはこの「♪」マークは削除される予定となっています。

2月17日には日本オラクルのDeveloper Marketingチームが主催するイベントMySQL Technology Cafeがこの日本語化をテーマに開催されました。過去の日本語化の裏話や,日本MySQLユーザ会の坂井さんからもMySQLのマニュアルに関する熱い思いを語っていただいています。当日の模様はYouTubeにも掲載されています

翻訳されたマニュアルへのフィードバックか3月中旬までMySQLのバグデータベースのJapanese Documentのカテゴリで受け付けています。

著者プロフィール

梶山隆輔

MySQL Sales Consulting Senior Manager。

日本オラクル(株)において,MySQLのお客様環境への導入支援や製品の技術解説を担当するセールスコンサルタントチームのアジア太平洋地域リーダー。多国籍なMySQL部門にて,オーストラリア,インド,台湾などに在籍するチームメンバーを束ね,アジア太平洋地域の25以上の国や地域でのMySQL普及やビジネスの拡大をミッションとする。


溝口則行(みぞぐちのりゆき)

TIS株式会社

OSSコンソーシアム副会長,オープンソースビジネス推進協議会(OBCI)副理事長。その他,PostgreSQLエンタープライズ・コンソーシアム(PGECons),日本OSS推進フォーラムなどにも少しずつ関与。勤務先メンバに,PostgreSQL,Zabbix,Ansibleやコンテナ技術などに強みのある癖のある芸人を抱え,タレントマネージャ業が中心になりつつある。