OSSデータベース取り取り時報

第65回 2021年のコロナ禍終息を願い,MySQL & PostgreSQLの2020年の主なニュース

この記事を読むのに必要な時間:およそ 6.5 分

本年も,OSSコンソーシアム データベース部会のメンバーによる本連載をよろしくお願いいたします。今回は年始恒例のMySQLとPostgreSQLの2020年の主なニュースを紹介します。

オープンソースカンファレンスonlineでOSSデータベース特別企画

入門者向け「OSSデータベースはじめの一歩(仮称)」開催

オープンソースカンファレンスは,感染防止に配慮してオンライン開催が続いています。例年1月は大阪・堺筋本町の大阪産業創造館で開催していますが昨年の開催報告⁠,今回はオンラインです。OSSコンソーシアムが担当するセミナーは入門者向けの内容構成としました。

「OSSデータベースはじめの一歩(仮称)」
MySQL入門(梶山 隆輔,Oracle Corporation MySQL GBU)
PostgreSQL入門(滝澤 正大,デジタル・ヒュージ・テクノロジー)
Apache Cassandra入門(冨田 和孝,INTHEFOREST)
OSSデータベース取り取り時報2020年総集編(溝口 則行,TIS)
座談会

プログラムの確認や参加申込はOpen Source Conference 2021 Online/Osakaのページからお願いします。

発表者(左から梶山,滝澤,冨田,溝口)

発表者(左から梶山,滝澤,冨田,溝口)

2020年のオープンソースカンファレンス(OSC)の振り返り

OSC 2020/Osaka(1月),「OSSデータベース入門セット ~二大OSS-DB & アプリ開発“超”入門」
2020年に会場での通常開催ができたのはこの大阪の1回でした。
Online/Spring(4月),「多様性時代のDB選択」
急遽見送りとなった会場開催のTokyo/Springの代替として,2020年4月にOSC初のオンライン版であるOnline/Springが開催されました。各社にご協力いただき,MySQL,Apache Cassandra,MongoDB,Neo4jのセミナーと,PostgreSQLスペシャリストも合流してパネルディスカッションを実施しました。
Online/Nagoya(5月)Online/Hokkaido(6月)
OSSデータベースとアプリケーション開発の入門セットを実施しました。
Online/Kyoto(8月)「多様性時代のDB選択」
MySQLとPostgreSQLのセミナーに加え,国内での新DBの取り組みとしてGridDBとProject Tsurugiを紹介しました(Project Tsurugiの部分のビデオは掲載されていません⁠⁠。
Online/Fall(10月)「企業ITのクラウドマイグレーションとOSSの役割」
データベースだけでなく,アプリケーションや障害対応などテーマの幅を拡大して開催しました。

2020年に参加したOSCでのセミナーの様子は,すべて動画でご覧いただけます。OSSコンソーシアムのYouTubeチャンネルにまとめてありますのでぜひご覧ください。

OSSコンソーシアムのYouTubeチャンネル

OSSコンソーシアムのYouTubeチャンネル

[MySQL]2020年12月の主な出来事

2020年12月のMySQLの製品リリースは,Oracle Cloud Infrastructure上で提供されるMySQLベースのクラウドデータベースMySQL Database Serviceの分析処理を高速化するHeatWaveが正式リリースされました。HeatWaveの分析処理性能はAmazon Auroraよりも1,000倍以上,Amazon RedShiftよりも2.5倍以上高速で,かつコストも大幅に抑えることができます。ベンチマークテストについて再現手順やスクリプトも公開されており,またテスト結果の公表についても一切の制限は無く,オラクルの自信を伺わせます。

画像

本連載の第64回ではMySQL Analytics Engineの名前で紹介されており,またオラクルのプレスリリースでもこの名称が使われていましたが,12/10に行われたOracle Corporationの2021年度第2四半期の決算報告の中で,急遽新名称のHeatWaveで紹介が行われ,正式なサービス名称が変更となりました。

db tech showcaseでのMySQL関連セッション

株式会社インサイトテクノロジーが主催するデータベースエンジニアの祭典でもあるdb tech showcase ONLINE 2020のMySQL関連セッションのいくつかを報告します。

下記の事例講演の資料はMySQLのサイトに掲載されています。

URL:https://www.mysql.com/jp/news-and-events/seminar/downloads.html
お待たせしました。OracleからMySQLデータベースサービスが登場,日本オラクル
MySQLベースのクラウドデータベースMySQL Database Serviceについて,⁠本物」のMySQLを使えるクラウドデータベースのメリットをご紹介していました。
mysqldumpをまだお使いですか? 新しいdumpInstance&loadDumpユーティリティ,日本オラクル
MySQLの新しいクライアントプログラムであるMySQL Shellには運用効率を高めるユーティリティが複数用意されています。MySQLのデータをダンプして新しいインスタンスに高速にロードするためのユーティリティについての解説を行い,さらに他のクラウドデータベースからMySQL Database Serviceにデータを移行する方法にも触れていました。
MySQL on IaaSの運用あれやこれや,日本MySQLユーザ会 yoku0825さん
MySQLコミュニティでおなじみのyoku0825さんによるMySQL運用のTipsの紹介でした。
地球上の位置をデータで表現!位置情報を活用したアプリ開発ユーザー事例(MySQL)
MySQL 5.7で刷新されMySQL 8.0で大幅に機能強化されたMySQLのGIS機能の活用事例が紹介されたセッションです。登山のコミュニティサイト&地図アプリ「ヤマレコ」でおなじみの株式会社ヤマレコなどでの事例を各社から発表されていました。

2020年MySQL重大ニュース

MySQLにとってリリースから25年目の節目となる2020年のMySQLに関する出来事を振り返ります。

1

MySQLコミュニティのオンラインイベント開催
MySQLの25周年と日本MySQLユーザ会の20周年の節目となる年で,前年から数多くのイベントを開催することが期待されていましたが,昨今の情勢を鑑みてイベントがオンライン開催となりました。

5/25 日本MySQLユーザ会(MyNA)20周年 & MySQL 25周年イベント
ユーザ会の各時代やMySQLの歴史を,スピーカーの皆様の思い出しをネタにしながら振り返りました。
6/10 MySQL Release Note でわいわい言う勉強会 8.0.20(Myリノベ 8.0.20)
「リリースノートを肴にわいわい盛り上りたい」そんなイベントの初開催でした。
7/16 日本MySQLユーザ会会(MyNA会⁠⁠ 2020年7月
雑誌やWeb上での連載や継続的な更新をされている著者が集まって連載にまつわる苦労話などを紹介していました。本連載の著者としても参加させていただいています。
7/29 「MySQL徹底入門 執筆陣が語ります」⁠@ニフクラエンジニアミートアップ)
書籍「MySQL徹底入門 第4版 MySQL 8.0対応」の出版を記念したイベントが,ニフクラ エンジニア ミートアップの1回として開催されました。
8/12 MySQL Release noteでわいわい言う勉強会 8.0.21 略して「Myリノベ 8.0.21」
10/29 MySQL Release noteでわいわい言う勉強会 8.0.22 略して「Myリノベ 8.0.22」
11/25 日本MySQLユーザ会会(MyNA会⁠⁠ 2020年11月
yoku0825さんによる「MySQL on IaaSのインスタンスサイズチューニングについて考えてみた」という"貴重"講演が行われ,YouTube Liveでの中継も行われました。
12/11 MyNA(日本MySQLユーザ会)望年LT大会2020@オンライン
ワインバーを借り切って開催されていた忘年会的なイベントも,今年はオンラインでの呑み会でデータベース談義という形となりました。

イベントがオンライン化されたことによって会場確保の手間が省け,気軽に開催できることになったためイベントの回数が多くなりました。またスケジュールや地理的な観点でイベント会場に足を運ぶことが難しい方も参加しやすくなっていることは大きなメリットです。オフライン開催には懇親会など多くの利点がありますが,日本MySQLユーザ会の皆様のさまざまな工夫により,オンラインでも盛り上がるイベント作りが行われていました。

2

日本MySQLユーザ会 YouTubeチャンネル開設
上記の「日本MySQLユーザ会(MyNA)20周年 & MySQL 25周年イベント」がオンラインで開催されたことをきっかけにYouTubeに日本MySQLユーザ会のチャンネルが開設されました。6月25日には無事カスタムURLが設定できるようになり,下記がURLとなっています。
https://www.youtube.com/c/mysqlmyna
オンライン開催のイベントの模様が掲載されています。

3

MySQLとPHPとJavaが25周年
2020年はMySQL,PHPそしてJavaがそれぞれ最初のリリースから25周年を迎えました。MySQL公式のソーシャルメディアのアカウントでは,MySQLのマスコットのイルカが25周年を祝う画像が投稿されていました。

画像 画像

4

クラウド版のMySQL「MySQL Database Service」登場
2020年9月に,MySQLの開発チームがクラウドデータベースの開発,運用,サポートにも携わっている「MySQL Database Service」がリリースされました。公式のMySQLならではの,内部まできっちりサポートサービスを受けられる特徴に加え,オンプレミス版のMySQLと同一バージョンとなり互換性が保たれているため,ロックインの心配が不要というのも大きなメリットです。
さらにこれらの特徴を備えつつ,他のMySQL風のクラウドデータベースよりもコストが1/3以下で利用できます。すでに東京を含む10以上のリージョンで利用可能ですが,2021年の早い段階でOracle Cloud Infrastructureが展開する世界のすべてのリージョンで利用可能となる予定です。

5

MySQL Database Service用の分析高速化エンジン「HeatWave」リリース
冒頭でも紹介しましたが,MySQL Analytics Engineとしてプレスリリースが出てから名称が変更されるという珍しい経緯がありました。分析処理の大幅な性能改善を実現して,更新処理と分析処理を一つのデータベースで実現する画期的なサービスです。

2021年はMySQL Database ServiceとHeatWaveを軸に,MySQLのさらなる飛躍が期待されます。

著者プロフィール

梶山隆輔

MySQL Sales Consulting Senior Manager。

日本オラクル(株)において,MySQLのお客様環境への導入支援や製品の技術解説を担当するセールスコンサルタントチームのアジア太平洋地域リーダー。多国籍なMySQL部門にて,オーストラリア,インド,台湾などに在籍するチームメンバーを束ね,アジア太平洋地域の25以上の国や地域でのMySQL普及やビジネスの拡大をミッションとする。


溝口則行(みぞぐちのりゆき)

TIS株式会社

OSSコンソーシアム副会長,オープンソースビジネス推進協議会(OBCI)副理事長。その他,PostgreSQLエンタープライズ・コンソーシアム(PGECons),日本OSS推進フォーラムなどにも少しずつ関与。勤務先メンバに,PostgreSQL,Zabbix,Ansibleやコンテナ技術などに強みのある癖のある芸人を抱え,タレントマネージャ業が中心になりつつある。