書籍概要

ずかんプラス

細胞タウン大冒険

著者
発売日
更新日

概要

『細胞タウン大冒険』は,一つの細胞を「街(タウン)」に見立て,細胞内部で何が行われているのか,解説しました。
マンガとイラストを交えながら,小学生にもわかってもらえるよう懇切丁寧に解説しているので,親子で楽しんでいただけます。

私たちの体は,細胞の集まり。
36~37兆個もの細胞が集まってできている。
でも,細胞はレンガのように,ただ集まって体を作っているわけじゃない。
一つひとつの細胞の中には不思議な社会が存在し,いろんなコトを行っているんだ。
細胞一つひとつの内部には,どんな社会が広がっているのだろう?

『細胞タウン大冒険』は,一つの細胞を「街(タウン)」に見立て,細胞内部で何が行われているのか,解説していくよ。
細胞内で働くタンパク質たちが住人として登場し,細胞小器官でさまざまな生活を繰り広げます。
ぼーっとしたり,超多忙になったり,失敗したり。
そんな「細胞タウン」の日常を,コミカルなマンガとイラストでぐぐっと迫ります。

難解になりがちな細胞小器官の働きをとってもわかりやすく,しかもディープに解説。
なので,子どもたちはもちろん,生物系・医療系を勉強しようと思っている方々にもご納得いただける1冊です。

こんな方におすすめ

  • 小学校中学年以上で,細胞について知りたい方
  • 細胞内の働きについてわかりやすく理解したい方
  • 学校&公共図書館
  • ※細胞の働きがものすごくよくわかるので,生物系・医療系の勉強をする方にもオススメです。

サンプル

samplesamplesamplesamplesample

目次

1.「核」 体の設計図がぎっしり!

2.「リボソーム」 タンパク質を作る工場

3.「小胞体」 タンパク質の第二の工場

4.「ゴルジ体」 タンパク質の配送センター

5.「細胞骨格」 細胞タウンの骨組み

6.「細胞膜」 細胞タウンを守るやわらかな壁

7.「ミトコンドリア」 細胞タウンのエネルギー工場

8.「リソソームなど」 細胞タウンの分解工場

9.「細胞分れつ」 2つに分かれる細胞タウン

サポート

正誤表

『細胞タウン大冒険』初版第1刷(2021年6月23日発行)に,以下の誤りがありました。
読者の皆様ならびに関係者の皆様にご迷惑をおかけしましたことを,深くお詫び申し上げます。

(2021年8月16日最終更新)

P.23 「RNAの暗号解読表」 再下列の一番左の暗号

AUG
GUG

P.23 「RNAの暗号解読表」 再下列の右から2番めの暗号

AAG
GAG

P.23 「RNAの暗号解読表」 再下列の一番右の暗号

AGG
GGG

正しい解説を記したPDFファイルを用意しました。

(以下2020年1月16日更新)

P66 マンガ下にある明日先生の吹き出し内,後ろから2行目

「アデノシンン三リン酸」という
「アデノシン三リン酸」という

商品一覧