書籍概要

はじめてのPower Automate Desktop
―無料&ノーコードRPAではじめる業務自動化

著者
発売日
更新日

概要

最初に読みたい,Power Automate Desktopの入門書です。基本と実用例がしっかり載った,業務自動化の第一歩になる本です。

Power Automate Desktop は,RPA ツールとして国内では今までにない注目を集め,急速に利用が広まっています。本書ではよく使うExcelやWeb操作の自動化などを中心に,幅広い機能を解説します。

こんな方におすすめ

  • RPAツール導入に興味のある方
  • Power Automate Desktopの基礎知識を身につけたい方
  • Power Automate Desktopを実際に動かしてみたい方

サンプル

samplesamplesamplesample

目次

第1章 RPAとは

  • 1-1 RPAの概要
  • 1-2 RPAの種類
  • 1-3 RPAの導入

第2章 Power Automate Desktopの基本

  • 2-1 Power Automate Desktopとは
  • 2-2 Power Automate Desktopのライセンス
  • 2-3 Microsoftアカウントの準備
  • 2-4 Power Automate Desktopの導入
  • 2-5 Power Automate Desktopの画面構成

第3章 基本機能と概要

  • 3-1 フローの作成
  • 3-2 アクション
  • 3-3 変数
  • 3-4 データ型とプロパティ
  • 3-5 条件分岐
  • 3-6 ループアクション
  • 3-7 レコーダー機能

第4章 Webの操作

  • 4-1 Web操作の基本アクション
  • 4-2 Webブラウザーの起動
  • 4-3 Webブラウザーのスクリーンショットの撮影
  • 4-4 UI要素
  • 4-5 Webページの操作
  • 4-6 Web ページのデータ抽出
  • 4-7 Webページを移動したデータ抽出
  • 4-8 条件分岐でのデータの絞り込み
  • 4-9 データの取得結果のメッセージ表示

第5章 Excelの操作

  • 5-1 Power Automate DesktopによるExcel操作の概要
  • 5-2 Excelの起動とワークシートの選択
  • 5-3 対象データの抽出
  • 5-4 Excel間の転記
  • 5-5 Excelを保存して閉じる

第6章 UIアプリケーションの操作

  • 6-1 UI操作の概要
  • 6-2 アプリケーションの起動とログイン
  • 6-3 明細情報入力
  • 6-4 PDFの出力
  • 6-5 アプリケーション操作におけるテクニック
  • 6-6 画像認識でのUI操作
  • 6-7 デスクトップレコーダーを使ったUIの自動化
  • 6-8 実践フロー演習問題

第7章 よく使われる便利な操作

  • 7-1 日付の操作
  • 7-2 ファイルやフォルダーの操作
  • 7-3 都道府県や部署による分岐

第8章 応用機能と概要

  • 8-1 UI要素の編集
  • 8-2 UI要素の修正が発生する場合
  • 8-3 外部サービス連携
  • 8-4 例外処理
  • 8-5 フローの部品化
  • 8-6 有償ライセンスを使った自動化の実践例

サポート

ダウンロード

サンプルファイルのダウンロード

(2021年9月17日更新)

サンプルファイルを提供しています。下記のリンクからダウンロードし,展開してご利用ください。

ダウンロード
サンプルファイル
サンプルファイル内のテキストファイルについて

Power Automate Desktopではフローをテキストの形式でも共有できます。 サンプルファイル内に保存しているテキストファイル(第4章_実践フロー_Webの操作.txtなど)は,フローを保存したファイルです。

以下に利用方法を示します。

  1. テキストファイルをテキストエディター(メモ帳など)で開いて内容をコピーする
  2. Power Automate Desktopのフローデザイナーに,Ctrl+Vキーを押してコピーした内容を貼り付ける
  3. 貼り付けられたフローを確認し,ユーザー名・ファイル名などを適宜編集する

補足情報

「メール」アクションの設定(Outlook.com)

(2021年9月17日更新)

「メール」アクションの利用に際しては,利用するメールアドレスのIMAP/SMTPに関する情報が必要です。
ここでは,Outlook.comの設定例を紹介します。詳細については[公式のドキュメント]を参照してください。

メール受信時は下記の表のIMAPの情報が必要です。

Outlook_受信設定
IMAPサーバーoutlook.office365.com
IMAPポート993
SSLを有効にするオン
ユーザー名Outlook.comのメールアドレス
パスワードOutlook.comのパスワード

メール送信時は下記の表のSMTPの情報が必要です。

Outlook_送信設定
SMTPサーバー名smtp-mail.outlook.com
SMTPポート587
SSLを有効にするオン
SMTPサーバーには認証が必要オン
ユーザー名Outlook.comのメールアドレス
パスワードOutlook.comのパスワード

「メール」アクションの設定(Gmail.com)

「メール」アクションの利用に際しては,利用するメールアドレスのIMAP/SMTPに関する情報が必要です。
ここでは,Gmailの設定例を紹介します。詳細については[公式のドキュメント]を参照してください。

メール受信時は下記の表のIMAPの情報が必要です。IMAP機能をGmailで有効にします。

Gmail_受信設定
IMAPサーバーimap.gmail.com
IMAPポート993
SSLを有効にするオン
ユーザー名Googleのメールアドレス
パスワードGoogleのパスワード(2段階認証の場合はアプリパスワード)

メール送信時は下記の表のSMTPの情報が必要です。

Gmail_送信設定
SMTPサーバー名smtp.gmail.com
SMTPポート465
SSLを有効にするオン
SMTPサーバーには認証が必要オン
ユーザー名Googleのメールアドレス
パスワードGoogleのパスワード(2段階認証の場合はアプリパスワード)

なお,二段階認証を利用している場合は,アプリパスワードの設定が必要になります。
[アプリパスワードの作成のドキュメント]を読んでご確認ください。

商品一覧