Lifelog~毎日保存したログから見えてくる個性

第46回 8ページメモで,紙のメモにはまる

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

手軽な手書きメモ

手帖やノートやメモをとる道具には,強い関心があります。まずはこれをご覧ください。

図1 ドキュメントスキャナでスキャンした状態の8ページメモ。

図1 ドキュメントスキャナでスキャンした状態の8ページメモ。

300dpiでスキャンしています。

かつて未踏ソフトウェアで手書きメモの機能をもつソフトウェアを開発して,現在もフリーで配布しています。

自分自身ではこのソフトと,その後継の『NetSticky』という,メモを書いて自分宛にメールしてくれるソフトを使っているので,もうほとんど紙のメモはとっていません(メモをとっているものもありますが,その理由は別の機会にご紹介しようと思います⁠⁠。

今回は,それでも最近はやっている紙のメモ方式にちょっと参加してみようと考えたのです。

たつをのChangeLogを拝見していたら,A4用紙を1/8に折り畳んで使うSUPERCLASSICの保存するメモ帳abrAsus(アブラサス)というメモ帳が紹介されていました。

図2 SUPERCLASSICの『保存するメモ帳abrAsus(アブラサス)⁠⁠。

図2 SUPERCLASSICの『保存するメモ帳abrAsus(アブラサス)』。

デジタルとアナログを融合して使うじつに興味深い発想の商品です。iPhone/電子書籍時代の現代に受けるんでしょうか。

『eightPageMemo.exe』

『abrAsus』は,任意のA4用紙をカバーにはさんでメモを書き,あとでスキャンしてデジタルメモとするシステム(らしい)です。

これはなかなか目からうろこの発想で,A4用紙を折り畳んで使うメモ帳というと,⁠超」整理手帳』もそうですが,市販の任意の紙を使えるところが,自由度の高さとなっていて,手軽でよいな~と思うのです。

問題はスキャンしたあとです。じっさいに,⁠abrAsus』を使ったわけではないのですが,スキャンならば得意なので事情はなんとなく想像できます。そのスキャンした画像って,どうやって8分割するんだろう,と思った瞬間,ソフトを作ってました。⁠eightPageMemo.exe』です。フリーで配布しています

『eightPageMemo.exe』は,Windows用で.NET Framework2.0が必要です。A4用紙1枚を8つ折にしてメモを書き,そのメモをスキャンしたjpegファイルを『eightPageMemo.exe』のアイコンにドラッグすると,8つのメモを回転して正位置にしたjpegファイルを,おなじフォルダに作ります。

図3 ⁠eightPageMemo.exe』で作成したページごとの画像。

図3 『eightPageMemo.exe』で作成したページごとの画像。

アイコンにドラッグすると,8つのメモを回転して正位置にしたjpegファイルを,おなじフォルダに作ります。

図4 ⁠eightPageMemo.exe』で分割して回転したメモ。1ページ目。

図4 『eightPageMemo.exe』で分割して回転したメモ。1ページ目。

右下は読み取り用のタグで,タグに応じて処理を行います。

図5 分割して回転したメモ。2~8ページ目。

図5 分割して回転したメモ。2~8ページ目。 図5 分割して回転したメモ。2~8ページ目。 図5 分割して回転したメモ。2~8ページ目。 図5 分割して回転したメモ。2~8ページ目。 図5 分割して回転したメモ。2~8ページ目。 図5 分割して回転したメモ。2~8ページ目。 図5 分割して回転したメモ。2~8ページ目。

引数でも受け付けるので,バッチファイルなどに組み込むこともできると思います。

著者プロフィール

美崎薫(みさきかおる)

夢想家,未来生活デザイナー,『記憶する住宅』プロデューサー,記憶アーティスト。住宅,書斎,机をはじめ,ハードウェア,ソフトウェアの開発をプロデュース。著書『デジタルカメラ2.0』(技術評論社)など多数。