ニュースリリース

ITエンジニア本大賞2019,『エンジニアリング組織論への招待 ~不確実性に向き合う思考と組織のリファクタリング』が技術書部門大賞を受賞

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

2019年2月14日,今回で6回目を迎える株式会社翔泳社主催の専門書アワード「ITエンジニアに読んでほしい!技術書・ビジネス書大賞2019(以下ITエンジニア本大賞⁠⁠」の大賞が発表された。

ITエンジニア本大賞2019結果
https://www.shoeisha.co.jp/campaign/award/2019/result/

ITエンジニア本大賞は,ITエンジニアのみなさんとおすすめの本を選ぶイベントで,第一弾の投票の後,第二弾として同社が主催するカンファレンス「Developers Summit 2019」内で,各賞最終候補に残った3冊ずつを大賞とした最終プレゼン大会が行われ,審査員による審査および会場投票によって,大賞が決定した。

今回,技術書部門大賞に,株式会社技術評論社刊行『エンジニアリング組織論への招待 ~不確実性に向き合う思考と組織のリファクタリング』⁠広木大地著)が選ばれた。

同書は,発売直後に,Amazonで紙版・電子版ともにカテゴリ別ランキング1位を獲得し,今もなお多くの反響を得ている,組織設計・運営の指南書。マネージャ目線,エンジニア目線,どちらの立場でも読み進められるのが特徴。

ビジネス書部門は,イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」⁠安宅和人著,英知出版)が大賞を受賞した。

なお,2018年のビジネス書部門では職場の問題地図 ⁠で,どこから変える?」残業だらけ・休めない働き方⁠沢渡あまね著)が大賞を受賞しており,技術評論社として2年連続大賞受賞作が選ばれることとなった。