Ubuntu Weekly Recipe

第522回 Ubuntu 18.04 LTSの32ビットサポート事情とネットブック

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3.5 分

今回はUbuntu 18.04 LTSの32ビット(i386)サポート状況を振り返りつつ,ネットブックの名機,ASUS Eee PC 901-16GにUbuntu MATEをインストールします。

Ubuntuの32ビットCPU包囲網

Ubuntuは17.10から32ビット(i386)版インストーラーの配布を取りやめました。もちろん18.04 LTSでも同様です。今どき64ビット(AMD64)に対応しないCPUでUbuntuが満足に動くのかと言われれば難しいことは明白なので,リリースエンジニアリングの負荷軽減としては正しい方策のように思います。

ただしこれはフレーバーには及んでおらず,リリースされたすべてのフレーバーで32ビット版のインストーラーが用意されています。サポート期間は3年間なので,2021年までは使えるということです。

そもそもAMD64に対応したCPUが初めてリリースされたのが2003年,インテルのCPUのAMD64対応版(Pentium4)が初めてリリースされたのが2004年と※1)⁠15年ほど前のことです。現在世の中で可動しているのはAMD64をサポートしたCPUがほとんどであるというのは動かしようのない事実でしょう。

※1
AMDはIntel互換CPUを販売しているメーカーだといまだに思ってる人もいるかもしれませんが,命令セット的にはIntelがAMD互換CPUメーカーとなっています。とはいえArmを見ていると,どこが命令セットを作ったかというのは今となっては些細なことのように思います。

一方,AMD64に対応しないCPUも販売され続けました。ネットブックは大ブームとなりましたが,ほとんどがAMD64サポートをしないIntel Atomが採用されていましたし,その後もノート用のCPUで最後までAMD64に対応しなかったものが販売されました。いずれにせよ10年ほどは経過していることになります。

10年前のPCを現役で使い続けるのはなかなか厳しく,PCのトレンドやパーツ価格の上昇もあり一時期よりはPCの値段も上がってしまいましたが,それでも買い換えると格段の快適さを得られることでしょう。

Ubuntuの話に戻ると,現在開発中の18.10では各フレーバーでも32ビット版インストーラーの配布が中止されることになりました。具体的にはKubuntu,Ubuntu Budgie,Ubuntu MATE,Ubuntu Kylin,Ubuntu Studioが対象です。XubuntuやLubuntuは今のところリリースされる予定です。ただし先のことはわかりません。

インストールするネットブックの紹介

そんなAMD64にも対応しないCPUを搭載した,発売当時から非力であったネットブックに最新のUbuntu MATE 18.04 LTSをインストールして快適に動作するか検証するのが今回の記事の主旨です。

使用するのは第59回第324回で使用したASUS Eee PC 901-16Gです。今年で発売から10周年です。筆者は発売後ただちに入手したわけではないので購入から10年経ったわけではありませんが,保存状態がよく,故障はありません。バッテリーも健在です。

なぜLubuntuやXubuntuではないのかというと,Lubuntuが必要なほど低いスペックではないのと,Xubuntuは第324回で紹介済みで,あまり代わり映えしないからと,ほかにも理由がありますが後述します。

10年前のネットブックはどんなスペックだったのか,あらためて確認していきましょう。次はlshwコマンドの結果です。

H/W path         デバイス  クラス   詳細
=================================================
                               system      901 (90OAM0BB5D211334130BQ)
/0                             bus         901
/0/0                           memory      64KiB BIOS
/0/4                           processor   Intel(R) Atom(TM) CPU N270   @ 1.60GH
/0/4/5                         memory      24KiB L1 キャッシュ
/0/4/6                         memory      512KiB L2 キャッシュ
/0/4/0.1                       processor   論理CPU
/0/4/0.2                       processor   論理CPU
/0/18                          memory      2GiB システムメモリー
/0/18/0                        memory      2GiB DIMM SDRAM 同期
/0/100                         bridge      Mobile 945GSE Express Memory Controll
/0/100/2                       display     Mobile 945GSE Express Integrated Grap
/0/100/2.1                     display     Mobile 945GM/GMS/GME, 943/940GML Expr
/0/100/1b                      multimedia  NM10/ICH7 Family High Definition Audi
/0/100/1c                      bridge      NM10/ICH7 Family PCI Express Port 1
/0/100/1c.1                    bridge      NM10/ICH7 Family PCI Express Port 2
/0/100/1c.1/0    enp4s0        network     AR8121/AR8113/AR8114 Gigabit or Fast 
/0/100/1c.2                    bridge      NM10/ICH7 Family PCI Express Port 3
/0/100/1c.3                    bridge      NM10/ICH7 Family PCI Express Port 4
/0/100/1c.3/0    wlp1s0        network     RT2790 Wireless 802.11n 1T/2R PCIe
/0/100/1d                      bus         NM10/ICH7 Family USB UHCI Controller 
/0/100/1d/1      usb2          bus         UHCI Host Controller
/0/100/1d.1                    bus         NM10/ICH7 Family USB UHCI Controller 
/0/100/1d.1/1    usb3          bus         UHCI Host Controller
/0/100/1d.2                    bus         NM10/ICH7 Family USB UHCI Controller 
/0/100/1d.2/1    usb4          bus         UHCI Host Controller
/0/100/1d.3                    bus         NM10/ICH7 Family USB UHCI Controller 
/0/100/1d.3/1    usb5          bus         UHCI Host Controller
/0/100/1d.7                    bus         NM10/ICH7 Family USB2 EHCI Controller
/0/100/1d.7/1    usb1          bus         EHCI Host Controller
/0/100/1d.7/1/8                multimedia  CNF7129
/0/100/1e                      bridge      82801 Mobile PCI Bridge
/0/100/1f                      bridge      82801GBM (ICH7-M) LPC Interface Bridg
/0/100/1f.2                    storage     82801GBM/GHM (ICH7-M Family) SATA Con
/0/100/1f.3                    bus         NM10/ICH7 Family SMBus Controller
/0/1             scsi0         storage     
/0/1/0.0.0       /dev/sda      disk        32GB BUFFALO SHD-ES9M
/0/1/0.0.0/1     /dev/sda1     volume      30GiB EXT4ボリューム

CPUはIntel Atom N270の1.6GHzで論理2コア,この頃はまだチップセットが2つに分かれており※2)⁠グラフィックはノースブリッジ(Mobile 945GSE Express)に内蔵されています。詳しくはIntelによる解説をご覧ください。

※2
現在はチップセットはなし(すべての機能をCPU=SoCが持つ)か,一つが主流です。

N270はPAEに対応しており,普通にインストールできるのはポイントが高いです。

メモリは1GB増設して2GBになっています。これが今回概ね快適に利用できている理由の一つと思われます。購入時点の1GBでははっきりいって少ないです。

型番の「16G」はSSDの容量ですが,今回使用したのはバッファローが販売していた32GB SSDに交換しています。多いのに越したことはないですが,16GBでも問題なく使用できるでしょう。インストールするアプリケーションを削りたい場合は「最小インストール」も選択できます。

ディスプレイサイズは8.9インチで,解像度は1024*600ドットです。今から考えると信じがたいくらい解像度が低いですので,これをどうするのかというのも一つのポイントです。

この頃はまだ有線LANに重きがあったからなのかどうかはわかりませんが,Atheros(現Qualcomm Atheros)社製ギガビットイーサに対応したチップを積んでいるのが興味深いです。無線LANはRalink(現MediaTek)RT2790で,どちらも社名が変わっているのが諸行無常を感じます。

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese Teamメンバーで,主として日本語入力関連を担当する。特定非営利活動法人OpenOffice.org日本ユーザー会。LibreOffice日本語チーム。ほか,原稿執筆も少々。

コメント

コメントの記入