新刊ピックアップ

「好き」からはじめる仕事選び

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

何をしているときに幸せを感じる?

「大人になったらなりたいもの」―毎年恒例の第一生命によるアンケートによると,男の子は相変わらずスポーツ系(1位「野球選手」2位「サッカー選手」)が大人気。一方,女の子は10年連続で「食べ物屋さん」が1位(男の子では4位)です。純粋に「好きなこと(もの)」が将来の夢に繋がっているようですね。

さて,"大人になった"人は,なりたいもの(仕事)をどうやって選ぶようになるのでしょうか。「やりがい」「個性・能力を伸ばすこと」を仕事に求めているという調査結果がありますが,実は「なりたいものがみつからない」と悩んでいる人も多いようです。

画像

以前読んだコラムに,転職はしたいけど「就きたい職業がない」20代の女性たちに取材をしていた就職情報誌の編集者が,『何をしているとき,あなたは一番幸せを感じる?』と問いかけて職探しの助言をしていた,とありました。「幸せ」「楽しい」は,仕事選びのひとつのキーワードのようです。

「好きを仕事に」は間違っている?

画像

しかし一方で,「『好きを仕事に』すると,辛くなったときに,(その対象を)嫌になっちゃうよ」と言う人もいます。仕事選びの基軸に「好き」はNGなのでしょうか。

画像

終身雇用システムが崩壊した現在,中途半端なスキルでは海外の安価な労働力に取って代わられる可能性があります。また,世の中に商品が溢れ,消費者の選択眼は厳しくなり,企画や生産,販売する側には,それ以上の知識や専門性が問われます。

扱う商品やサービスへの興味が薄いと,スキルも知識も磨かれません。増して,新しい価値の提案など,できるはずもないでしょう。

これからの時代,「好き」「こだわり」を職業選びに結びつけるのが,正解なのかも知れません。

そんな時代に相応しい仕事レクチャーブック登場

好評をいただいた「お店やろうよ!」編集部では,「4つの視点で,仕事をみつける・生きかたを探す」ことのできる新シリーズを立ち上げました。

キッチン雑貨から鞄や帽子まで,雑貨屋さんの店頭にあるものが大好きな人には「雑貨・ファッション小物」。ブライダルフラワーや植物の育成,アロマテラピーに興味のある人は「花・ガーデニング」。アンティークや照明,家具リペアを仕事にしたい人は「家具・インテリア」。

あなたの「大好き」をテーマに,仕事のかたちや働きかたを探してみませんか?

4つの視点

  1. [Reportage]仕事場を訪ねる
     工房やアトリエ,ショップで職業人に聞く
  2. [Research]業界を徹底研究
     流通のしくみや業界トレンドを学ぶ
  3. [Recipe]仕事紹介と専門家のなりかた
     テーマに携わる職業,仕事について知る
  4. [Preparation]フリーランス・独立に必要なこと
     個人で職業人をめざすための情報を得る

<現代仕事ライブラリ>シリーズの紹介

好きなもの,こだわりのものを仕事にする手だてが見つかるレクチャーブック。

やりたい仕事は,いったいどんな世界なのか,これからどうなっていくのか。また,どこに魅力とやりがいがあるのか。そして,就職,独立するためにはどのような学びかた,歩みかた,働きかたが考えられるのか。

暮らしが豊かになり,ものがあふれる現在。人々の生活様式の多様化にともない,それぞれの仕事観,働きかたも変容してきています。

いま走り出している,『もの』にかかわる職業人に聞く葛藤,思い。

現代の「仕事」「職業」,「働く様」を案内する,自身の一歩を踏み出すためのシリーズです。

コメント

コメントの記入