新刊ピックアップ

iPhoneはポケットに入る楽器+音楽スタジオ―Create Music with your iPhone/iPad!―

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

App Storeに音楽アプリと呼べるものは,ざっと数えただけでも300本以上。ギターやピアノなど楽器のエミュレーション・アプリから,ハイエンドのDAWアプリまで,プロ向けの機器と同じような機能をiPhoneに入れて持ち歩けるんですから,使わない手はありません。あなたがミュージシャンならきっとハマって手放せなくなるはずです。

たとえば総合音楽系(DAW)「nanostudio」は,シーケンサーは合わせて6トラックを扱え,サンプリング・エディター,ミキサー,10種のエフェクトなど,DAWアプリとしてPCアプリに匹敵する高機能。サンプリング・シーケンサーなら「BeatMaker」がオススメ。AKAIのMPCのような16のパッドで曲をすばやく作成していくことができます。DJアプリ「Flare Scratch」⁠\600)はiPodライブラリーから曲を読み込み,好きな曲でどこでもスクラッチできます。CDJならぬiPhone DJはいかがでしょう?

楽器系では,エフェクターを多数搭載したエレキギター・アプリ「iShred: Guitar + Effects」でiPhoneをギターにしたり,⁠Pocket Organ C3B3」でハモンドオルガンにしたり,⁠Drum Meister Grand」⁠\230)で指ドラムしたりと,1台が何十種類もの楽器に早変わり。独自の演奏方法の新しい⁠楽器⁠も登場しています。楽器練習に必須のメトロノームやチューナーなどもアプリでOK。ここで紹介したアプリを全部買っても5千円程度ですし,本当に無料でいいの?っていうお宝アプリも他にごろごろしています。

(左)nanostudio(\1,700)⁠⁠右)BeatMaker(\1,200)

nanostudio(\1,700) BeatMaker(\1,200)

(左)Pocket Organ C3B3(\300)⁠⁠右)Drum Meister Grand(\230)

Pocket Organ C3B3(\300) Drum Meister Grand(\230)

(左)Flare Scratch(\600)⁠⁠右)iShred: Guitar + Effects(\600)

Flare Scratch(\600) iShred: Guitar + Effects(\600)

作った楽曲はiTunesの共有機能やWi-FiでPCにコピーできるアプリも多く,iPhone用のMIDIアダプターも登場しています。これからの音楽制作はPC+DAWという従来のスタイルから,どこでも発想を広げられるiPhone/iPad+アプリが有力な選択肢になるかもしれません。iPadはとくに操作性もよく,ライブで⁠見せる⁠プレイもできて,楽器として使えば注目間違いなし。実際にステージに利用しているプロもすでにいます。ミュージシャンのためのiPhone/iPad活用法はいま要チェックです!

Enjoy iPhone, iPad and Music!

コメント

コメントの記入